Posts Tagged ‘隅田川’

やっと

2018 年 5 月 20 日

隅田川

やっとカレンダーと季節がぴったりと合いました。

カレンダーは順を違えずに進んでいたのに、季節が先走ったり後戻りしたりで中々しっくり来ませんでした。

そのせいか、親しくしていた人が亡くなるし、大切にしていたものが壊れるし。

やっぱり、季節とカレンダーはぴったりと合って、有るべきものは有るべき場所に、居るべき人は居るべき場所にいてこそ周りがしっくりと来るものなんですよね。

ものでも人でも、嫌だな、別れは。

元気なのかそうでないのか

2018 年 5 月 13 日

両国橋

両国方面へ散歩。

今日から相撲が始まるので両国は賑やかです。

三年前から目の緑内障発作を避ける為のレーザー手術やジョギングし過ぎて膝をやったり、今年はまた白内障。

循環器と消化器は無事なので健康と言えば健康なんでしょうが眼科や整形外科的には病気状態。

始終どこか悪いところがある状態を年寄りと言うんでしょうか?

深刻な病気と向きあっている人に比べればほとんど息災と言えます。

元気でいれば金も才能も無くてもいいかとも思いますが、ここは中々悩ましいところですね。

元気でただ生きてるだけを選ぶか、才能あふれる病人を選ぶかと言われれば、答えは難しいですよね。

元気で才能あふるる人生が送れればそれに越したことはないんでしょうが。

それでも、アスリート並みに健康なやつが作ったものって、なんか面白くないんですよね。

散歩しながらそんなくだらない事を考えていました。

写真は両国橋を下から。

白内障手術術後感想

2018 年 5 月 4 日

隅田川

両目の白内障手術が終わりました。

前にも書きましたが目の濁りが取れて、世界が明るくなりました。

絞りで言うと約1/2絞りほど明るくなりました。

同時にCCフィルターで0.5Y程のイエロー被りが取れました。

この明るさと色被りの度合いは人によって様々らしいです。

ともかく嘘のようによく見えるようになりました。

まあ、手術成功と言っていいでしょう。

ありがたいことです。

困った事は今までよりホコリがよく見えることで、中々シャッターがきれません。

若い頃に戻ったようです。

写真は隅田川で和船に乗って、艪漕ぎの練習をして居る人達。

少し前の撮影です。

 

大雪の翌朝

2018 年 1 月 24 日

昨日の大雪が嘘のように、道にはほとんど雪が残っていません。

膝を痛めてから走ったりしなくなって、川へ降りることもめったに無かったのですが、久しぶりに川へ下りてみました。

雲ひとつない青空。岡は風が吹いていたんですが川原は無風、珍しいこともあるもんです。

雪の翌朝によく見るのは雪だるまですが、読売のまえにあったのはこれ。

まるでゴールズワージー(Andy Goldsworthy)みたい。

世田谷美術館で彼が展覧会をやった時も東京に雪が降って、彼が即興でこさえた雪の作品が心無い人によって壊されてしまったのはそう昔の話では無いですよね。

雪があっても無くても、外へ出れば何かありますね。

梅雨晴れ

2016 年 7 月 24 日

両国橋から

久々に見る青空です。

花火の支度ができた両国橋から下流を望んでいます。

船は東京湾での釣りを終えて、戻ってきた乗り合いの釣り船ですね。

このくらいの人数だと、ゆうゆう釣りができてよかったでしょう。

一方船宿はこの人数では採算が取れてないのかも。

週末はこの釣船も花火見物の客を乗せるんでしょうね。

お天気だといいけど。

川鵜

2016 年 4 月 21 日

川鵜

 

川鵜

隅田川には都鳥やカモメ、川鵜がよく来ますがとりわけこの時期は多いようです。

都鳥やカモメは頭を上流に向けて何十羽も一所にとどまるように泳いでいます。

ヘリで言えばホバリングみたいな感じ。

何をしているかというと、今の時期、イナッコが大量に発生しているのです。

それがみんな海を目指して下っていきます。

それを狙っているのですね。

イナッコと言うのはボラの稚魚で、湧くように大量に孵化しています。

食べても食べても、食べられる方が絶滅してしまうということはないようです。

イナッコは出世魚で色々と名前が変わってボラになります。

そのボラが育ちすぎると最期に「トド」と呼ばれるんです。

最後の最後に「トド」になる。

「とどのつまり」って言う言葉はそこから来ているとかなんとか。