Posts Tagged ‘空’

観天望気

2018 年 11 月 1 日

うろこ雲

今朝七時頃の人形町の空です。

きれいなうろこ雲、秋の雲です。

うろこ雲のウンチクはよそにおまかせするとして、この雲が出るとお天気は下り坂。

「天気予報なんざ、半分当たればおんの字よ」なんて言われていた時期は結構長くありました。

地元の農家や漁師のお父さんが空を見上げて雲を眺め、その流れる方向を見つめながら「こりゃ、午後から雨だわ」なんて言う予想はほんとに良く当たったものです。

狭い範囲の天気予報は気象庁発表の予報より地元の一次産業従事者への信頼が厚かった時代はそれは長く長く続いていました。

いわゆる「観天望気」という奴ですね。

農家、漁師に限らず山に登る人、ヨットに乗る人、グライダーで遊ぶ人たちはみなこの「観天望気」と天気予報を自らの経験でかき混ぜて天気を予想していたものです。

それが今では、はるか洋上に発生して北西に進んでいる台風が千キロ先で北東に向きを変えるなんてことがピタリと当たる時代です。

天気予報も各地方の大まかな予報ばかりか、町単位での予報まで無料で手に入る時代です。

五分おきの雲の動きが全国どの地域のものでもオンタイムで動画で見られます。

天気予報ぐらい発達した科学はなかなかないんじゃないでしょうか。

当たらないのは地震の予知、これは当たる時は来ないでしょうというのが私の予想。

こどもの頃、原っぱに寝転んで飽かず雲を眺めていた頃が自分にもあったなんて、なんてきれいな心だったんでしょう。

今が汚れたというわけでもないんですが、あの頃の心持ちは、今とは別物ですよね。

今日から11月です。

下町の空

2005 年 2 月 2 日

今日はいい雲が出ていました。空も抜けるように青くて。でも、下町で空を撮るとこんな風に電線やらビルやらがフレームに入ってきて、使えるような空が撮れません。隅田川へ出れば空は開けるのですが歩いている内にどんどん雲は変わってしまうので。仕方なしに不本意ながらレンズを向けました。感じは出ていますね。

下町の空

下町の空

Studiotool*Stmと言うものがあります。要するに35mmのデジカメをジナーにくっつけてあおったりタイリングをしたりするわけですが、私はジナーを持っていません。トヨビューでスタートしたためにずっとトヨで通してしまいました。このごろ4x5なんてほとんど使わなくなってしまいましたから、このさいトヨでStudiotool*Stmみたいなものを作ってみようと思い立ちました。4x5にニコンをくっつけるものは以前銀一で作ってもらったものがあります(結局巨大なベローズになっただけでしたが)。それを再改造して、キヤノンに変更、レンズはこれもあまり使わなくなったハッセルの標準か50mmをくっつけてみようと思っています。うまくいったらアップします。ヤフオクでキヤノン(ちなみにCanonはキャノンじゃなくてキヤノンだったってお気づきでした?)のジャンクレンズを500円で購入。マウントをゲットしました、と言うところが現状です。先は長い。

冬至

2004 年 12 月 21 日

東京、市ヶ谷の昼の月。

市ヶ谷昼の月

午後3時30分、月齢10.4

余談ですが、飛行機雲が長く消えないときはお天気は下り坂で、じきに消えてしまうときは明日もよい天気って知ってました?
上空の湿度が高いと飛行機雲は長持ちし、逆に湿度が低いとすぐに蒸発して消えてしまうんですって。

この写真を見てると、飛行機雲といっしょに月まで消えてしまいそうな、はかなさですね。

今日は一日なにもありませんでした。

空に何だかむにゃむにゃとノイズが出ているのはなんでしょうかねえ?

きょうから少しずつ日が長くなってゆくんですよね、きょうは冬至。