Posts Tagged ‘祭り’

華山

2018 年 10 月 15 日

横山華山展

先週のことなんですけど、東京駅のステーションギャラリーへ行ってきました。

横山華山展、売りは30メートルもある「祇園祭礼図巻」を一挙に見られる、ということでした。

この絵巻物ですが、背景が一切描かれていないんです。

ひたすら当時の(江戸時代後期)祇園山鉾や神輿を克明に描いているんです。

で、現在は消えてしまった山鉾もこの絵巻を参考に再興しているんだとか。

なのですが、私はこの絵師を知らなかったんです。

知らないのに絵には見覚えがある。

なんでかなあ、と思ったんですが、実はこの人蕭白にいたく傾倒していたらしいのです。

なので、蕭白の模写がたくさんあるんです。

それで、展覧会場で「見たことあるなあ、でも知らないなあ」、状態だったわけです。

かつては有名だったらしいのです。

漱石の「坊っちゃん」の中に登場しているらしいです。

覚えてないなあ。。。

そんなわけですが、この祭礼絵巻は一見の価値あり、です。

11月11日までですから、まだ日があります。

私にしては結構早い告知^^;です。

陸の孤島

2017 年 2 月 26 日

清洲橋通り東京マラソン

わたしのスタジオ周辺は、今日は半日、陸の孤島になります。

清洲橋通り、新大橋通り、永代通りはすべて横断できません。

歩道橋も極めて少ないのでほぼほぼ陸の孤島です。

これにももう慣れましたけどね。

慣れないのはfacebookです。

2016 年 9 月 19 日

谷根千祭り

谷根千の23町会合同の祭りが行われています。

こじんまりとささやかなお祭りです。

少し前に終わった深川とは比べるべくもないのですが、これはこれで微笑ましい祭りです。

相対的に道が狭いので、表通りでもバスが足止めを食らって神輿の後ろをノロノロと行ったりしています。

幾本もある路地へ入るとそこでも町会屋台ができていて、なんでも100円とかいう子供向けの屋台があちこちに見られます。

勢いや活気の祭りではなくのどかでしっとりとした祭りですね。

私は祭り好きですが、参加型ではなく遠目から眺める型です。

見る阿呆の口です。

せともの市

2014 年 8 月 6 日

またまた、間に合わない告知で恐縮なんですけど、今、人形町でせともの市やってます。

それだけなんですけどね。

わたしいま、歯医者に通っていて、それも色々問題があって歯医者さんを代えたりして、なかなか大変でほかのことに気が回らないんです。

告知のみで堪忍してください。

あ、今日でおしまいです。

お祭なんです

2013 年 5 月 12 日

昨日は雨の中で御神輿を担いでいたんで、気の毒でしたけど、
今日はうって変わって良いお天気なので、みなさんうれしそう。

うちの露地を出た道にテーブルをしつらえて、お昼の支度をしてますから、
担ぎ手の中食が終わるまでは外に出られません。

お祭の時はいつもそうです。

ささやかなお祭り

2006 年 4 月 7 日

きょう一日、しかも午後五時まで人形町商店街でささやかなお祭りが開かれています。大観音、だいかんのんとも、おおかんのんとも言いますが、実はとても小さい。境内だって石段を上がった一番端から撮っても全部はいりきらないくらいにせまいんです。でも皆さんここを大事にしています。でなきゃ、この小ささに、「大観音」とは命名しないでしょう。浅草の浅草寺の末寺だそうで人形町唯一のお寺。檀家は居ません。商店会や芸妓組合や有志が寄進していつも五色の幕が風になびいております。ただ境内に並んでお参りするだけで、くじ引きができて、階段下の臨時休憩所で甘茶とお菓子がふるまわれます。前は土曜日だったのに何故金曜日? 思うにこの頃土曜の人形町はけっこう人出があります。ですから土曜に行うとお菓子が足りない? あるいは地元の人が有利なようにウィークデイにかえた? まあ理由はわかりませんが、きょう一日。相変わらず役に立たない告知ですいません。この観音様の下、上の写真の左下、緋毛氈を縁台に敷いているおじさんのわきに井戸があります。震災の時に役に立ったと年寄りに聞いたことがありますが、今は飲めません。でも涸れ井戸ではなく、今も皆さん花の水やりや、道に水を打つときに使っています。こんなささやかさが、町内の分に相応でなかなかいい感じです。