Posts Tagged ‘浅草橋’

幼形成熟

2005 年 1 月 28 日

美倉橋から浅草橋方面をのぞむ、夕方の空に都鳥が群れていました。やっと東京の冬の風物が戻ってきました。うっすら夕焼けもあり、飛行機雲もすぐに消えていきますから、明日はきっと良いお天気、と思っていましたらまさにその通りでした。

都鳥

都鳥

夜、さる場所で若い美人の眼科医と呑むことになりました。裕美先生と言います。昨年、眼下専門医の資格を取ったお嬢さんです。医師国家試験とは別に専門医制度というものがあるんですね。これを取ると眼科医としてのランクが上がるんだそうです、知らなかった。その彼女からこんなものを頂きました。
網代に編んだ篭に入っているものは親指と人差し指で作った丸、くらいの小さなどら焼きでした。「鈴懸」という九州のお菓子屋さんのもの。もちもちしておいしいものでしたが、このサイズではいわゆるカステラのどら焼きは無理だったのか、皮はもちっとしたカステラではないものをカステラ風に焼いたものでした。おひな様の前に雛菓子風の可愛いお菓子を頂きました。

どら焼き

「幼形成塾」って言葉ご存じですか? 「猫の博物館」(東洋書林、小川昭子訳)って言う本で読んだんですけど(ちなみに訳した人はお友達)、愛玩動物はかわいがられようとして発育を抑えてしまうらしいんですね。個体が小さいまま成熟するから幼形成熟。小さいどら焼きを見て思い出しました。