Posts Tagged ‘桜’

個人的なこと

2020 年 4 月 2 日

さくら

今朝の浜町公園です。

ちいさな公園に若い桜の木が何本かあります。

オオシマザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラ、シダレザクラと一応揃っています。

今朝からの風でもまだ割としっかり枝についています。

実は親しい友人が昨年の夏に倒れました。

たまたま倒れた時に一緒にいたので、救急搬送に同乗したり、その後の病院の手配やら、その友人が五十年続けていたお店の廃業手続きやら、片付け、親しく足を運んでくださった方々へのお知らせと挨拶等々することが山ほどありました。

倒れた時にすでに人事不省、左半身麻痺、長くはもつまいという聖路加の医師の診断。

連れ合いをすでに亡くされていたので、妹さんと私とでさまざまの事に対応したのですが、二度と意識の戻ることはないと言われ、明日逝くかもしれないし、半年先になるかもしれないとの曖昧で気持ちの決まらない時を過ごす日々を重ねてきました。

ですが幸い、搬送された時の絶望的な状況からいくらか小康を保って自立呼吸で眠っている容体まで、安定しました。

そうはいっても、当時は来年の桜まではもたないと思われていましたが、その桜ももう散り始めています。

今はコロナの影響下で病院には一切見舞えませんが、そして本人の生前の意思通り最低限度の延命処置にも関わらず、日々穏やかに息をしております。

身近にこういうことがあると、景色や花や生き物やを見る目が変わります。

人間はその場に立たされてみないと身につまされてものを考えないので、今になってこの50年の付き合いの中でこの人が示してくれた友情を感じています。

元気な時に何分の一かでも返せていたらとも思います。

今更言っても詮無いことですが、その人を知っていてくださる方々へその後の様子と今も穏やかに眠っていることをお知らせしたくて書きました。

櫻花狂おしこの春ひとしお   藤田くみ子

毎年のことですが

2019 年 4 月 2 日

八重桜

桜花の下処理が終わりました。

八重桜

で、これを梅図にしばし浸してから水が切れるほどに干してから塩漬けします。

その後はオオシマザクラの葉を摘んで、やはり塩漬け。

葉の方は熱湯で煽りますが、その時に鮮やかな緑の色が消えます。

お店にある桜餅の緑の桜の葉はどうやってこさえてるんでしょうかねえ?

 

ウィーンの春2

2018 年 4 月 20 日

ウィーンのSchifterさんからウィーンの春の第二弾が送られてきました。

今年の八重桜、色が濃いそうです。

そう言えば日本でも今年は桜の色づきが濃かったような。

今年は春と新緑が同時に来たようでしたがあとは暑い夏を待つばかりです。

来週左目の手術です。

桜が一番美しくない時期

2018 年 4 月 2 日

立原道造 墓

桜の木は一年でいつが一番美しいのか?

そりゃ、やっぱり満開の桜の上に月が出ている景色、と言えるかもしれませんが、個人的には盛りを過ぎた桜に風の吹く日が美しいと思っています。それは経験から来るんでしょうね。

何年も前の事ですが浅草の土手で風の強い日に満開を過ぎた桜に出会ったことがあるんです。
そりゃあもう初めて見る光景でした。
前が見えないほどの桜吹雪、無数の花びらが風に舞って私に押し寄せてきたんです。
綺麗でした。
一吹きにすべての花が散っていくような錯覚がありました。

で、昨日ですね、そんな期待をいだきながら谷中の墓地を散歩したんですが、おそすぎました。
花はあらかた散って、シベだけが残って、葉はまだ出ていない。
桜が一番みじめに見える。

なので墓地以外どこかのお寺に八重でもいいから花が残っていないかと歩いていると、多宝院というお寺の中に花のきれいな木を見つけました。なんて言う種類かわからないんですが、花が小さく可憐で色があざやかな花でした。

花につられて入ったんですが、そこに立原道造の墓が有ったんです。
「あの日たち羊飼いと娘らのように、、、」
前に書いたことがあるんですが、立原道造には多少縁があります。
彼と東大の建築家で同級だった建築家と親しくお付き合いしていた時期があって、その方に立原の手紙を何通も見せてもらったことが有ったのです。ナマの日本文化に触れた気持ちがしてとても感動したんですが、それ以来の立原道造でした。

偶然の巡り合い、でした。

桜には出会えなかったんですが、文化の香りをかぎました。

ウィーンの春

2018 年 3 月 28 日
くろっかす

Michael Schifter

ウィーンにも春がきたそうです。

花の名前が書いてなかったので想像ですが、クロッカスでしょうか?

アルプスに似合う花ですよね。

ひるがえって今年の日本の桜は咲き始めに全く色がなかった上に雨に当たったので、色づかないかと思ったんですが、例年に増してさくら色がきれいでした。

わからないものです。

やっと春が来たか。

どうでもいいんですが一応決まり事なので、甘酒横丁の桜です。

さくら

沖縄の緋寒桜

2018 年 1 月 27 日

沖縄から桜の写真が送られてきました。

人形町ではまだ道の角ごとに積み上げられた雪が凍ったまま鎮座してますが、沖縄はもう花見だそうです。

いろは坂と芳野山を混ぜて規模を小さくしたような場所ですが、見事に咲いていますね。

道路の混雑も道を歩く人もなんとなくのんびりした感じがあります。

この日は生憎の雨だったそうですが、なんか霞がかかったようで春の感じがします。

この写真だけ見ると沖縄じゃないみたいです。

東京で見る沖縄の絵は米軍ヘリの写真ばかりですが、別の面の今の沖縄をお届けしました。

写真はすべて粟津さんから送られてきました。