Posts Tagged ‘写真’

なぜか 石元泰博 ふう

2019 年 12 月 13 日

浜町公園

今にも雪の落ちて来そうな曇り空を写して白っぽく見えていますが、黒御影石の椅子です。

浜町公園のこの椅子の上に葉っぱのお札が何枚も風に飛ばされないように小石で重石をかけたまま置き忘れられてありました。

それを写真に撮ったら、なんだか石元泰博の桂離宮っぽくなりました。

石元さんといえば、亡くなった小川隆之さんから昔こんな話を聞いたことがあります。

超超売れっ子だった立木義浩さんが撮影を終えて帰る道すがら、彼は大きなリムジンに乗って後ろの席で足を伸ばしてのうのうとしてくつろいでいたそうです。

車が銀座通りを松屋の前に差し掛かった時、歩道をおおきな大きな「エイトバイテン」のディアドルフというカメラを三脚をつけたまま肩に担いでヨタヨタ歩く爺さんがいたそうです。

窓に寄って良く見るとそれが石元さんだったそうです。

後ろにはアシスタントがフィルムホルダーの入ったおおきなバッグを肩にかけてこれもヨタヨタ後についていたそうです。

これから撮影に行くのか、それとも帰りなのか、どちらにしても車にも乗らずカメラを自らの肩に担いで移動している姿に出会ったそうです。

それを見て立木さんは「俺は車降りて、石元さんに謝りたくなったよ」と、そんな話を小川さんに聞かせたことがあると聞きました。

「それを聞いて、小川さんどう思ったんですか?」とわたしが訊くと「俺でも土下座したかもね」と。

この話を聞いてわたしはなんだかいい話だなあ、と思いました。

それ以来、わたしは石元泰博さんの写真を見ると、いつも忘れていたものを思い出させてくれるような気がして、いい気分になります。

それと、石元さんのバウハウス仕込みの造形が好きなんです。

かっちりしていてスキがないのにどこか優しい写真が好きです。

残念です

2019 年 12 月 6 日

空

昨日の朝です。

観天望気ではこの雲が出るとお天気が悪くなる、そうですが昨日は一日晴れていました。

でも今日は曇って、明日は雨になるそうです。

お天気は確かに悪くなっていますね。

こんな秋らしい爽やかな雲の出た日にアフガニスタンでペシャワール会の中村哲さんが銃撃されて亡くなったニュースが入ってきました。

善意の人が悪意に殺されるのは何とも悔しい。

善意がいつか悪意に勝つ日が来なければ、人類は滅びてしまいますよね。

偉大で勇気ある善意に満ちていた中村哲さんに哀悼を捧げます。

この雲と空とを貴方に捧げます。

2020年のカレンダーが出来上がりました

2019 年 11 月 22 日

カレンダー

今年も色々お世話になりました。

なんとか、怪我も病気もなく一年を過ごすことができました。

「路上の記憶」も内容の重さの割りには好評のうちに終えることができました。

わざわざ足をお運びいただいた皆様には感謝いたします、ありがとうございました。

合わせて、この展覧会を企画、運営、実行を担ってくださった中田輝昭さんには深い感謝をささげます。

 

そしてきたる新しい年のカレンダーも出来上がりました。

全ては例年通りです。

よろしくお願いいたします。

Wienに春が来たそうです

2019 年 3 月 7 日

WienのSchifteさんからスキーに行った写真が送られて来ました。

本場アルプスはきれいですねえ。

花はよくわかりませんが、日本の待雪草みたいな花ですかね。

本場のアルプスはきれいですが、私は自分が育った地で見えた日本のアルプスも好きです。

生まれて10年ほどを長野県の松本市というところで育ちました。

松本は今ではすっかり発展した地方都市、という感じですが当時は里でした。

今の穂高のような感じでした。

朝、二階の突き出し窓を開けると、目の下が畑で近くには浅間遠くにアルプスが見えていました。

白い山の影が春になると薄紫、夏には緑、秋には茶色くなってまた白い冬が来ます。

夏の夜、新月の真っ黒な地平線を眺めていると山の向こうで光る稲妻に一瞬山の端が浮かび上がります。

戦後のなにもない夜の暗い時期だったからこそ、その夜の景色は美しかった。

雷の終わるまでフラッシュに浮かび上がる山の稜線を飽かずに眺めたものでした。

松本からは常念が見えるのですがそれが真っ黒な夜空に線画で浮かび上がるのです。

この年になっても網膜に焼き付いて昨日のことのように浮かんできます。

遠く眺める山は良いですねえ。

ウイーンからギンナン

2018 年 12 月 11 日

ギンナン

ウイーンから秋の便り。

毎年書いていますが、彼の地でこれを拾う人は居ないそうです。

でも何故なんでしょう?

確かに処理するまでは臭いんですが、もっと臭い缶詰とか食べてるでしょ。

ギンナン

これを煎って食べさせれば「おいしい」って、言うんでしょうか。

日本食ブームで茶碗蒸しに入っていれば食べるんでしょうか?

人形町のギンナンは今年も粒が小さすぎて、手間をかけても食べた気がしないので拾いません。

一昨年、ものすごい剪定をしたので、多分その影響で粒が小さくなっちゃった、てことでしょうか?

素人考えですけど。

暮になってゴーンさん起訴とか韓国にフッ化水素の輸出停止とか、いろいろ騒がしいようですが、皆様お風邪など召さぬように平成最後の暮をお過ごしください。

私めは未だに足首が完治せず、足を引きずりながらの年越しになりそうです。

年内にはまだ一二回の更新はできそうですから、年末の挨拶はまだにしておきます。

写真はすべてScifteさんです。

世界一美しい昆虫図鑑

2018 年 11 月 17 日

つい最近買った本なんですが、「世界一美しい昆虫図鑑」ていうんです。

有楽町の無印良品で見つけて、アマゾンで買ったんですが、これが本当に美しい。

昆虫図鑑

こんなページや

昆虫図鑑

こんなページが250ページくらい。

蝶もあるんですが、甲虫が美しい。

それに図鑑と言いながら、ページがとてもグラフィックなんです。

今までこんな昆虫図鑑はなかった。

この図鑑で虫の名前を調べようとするのは、あんまりおすすめしません。

ひたすら眺めるための図鑑です。

甲虫の構造色は生体とは関係なく死後も色褪せることはありませんから、こんな撮影が可能なんですが、わかっていても誰もやらなかった。

近頃見た写真集では出色です。

クリストファー・マーレーさんという写真家の作品です。