Posts Tagged ‘どうでもいいこと’

プリンターの廃インクパッドが満杯になってしまった

2018 年 10 月 29 日

私の使っているプリンターはEPSONのPX-5500という奴で、相当古い機種です。

すでにメーカーのサポートも終わっています。

従って修理も受け付けてもらえません。

日本のメーカーはいつからこんな理不尽を顧客に押しつける様になったんでしょうかねえ。

売っておいて修理を断るなんて、ずいぶんだと思いませんか。

ですから今回のように、インクパッドがインクで満杯になってもそれをメーカーに送って新しいパッドに交換してももらえないんです。

つまり、もうこのプリンターを捨てて、新しいのを買う以外手はないんですが、そこは抜け道的解決法もあるんですね。

第一、私はエプソンの純正インクという物を使ったことがありません。

高いでしょう、高いものは使いたくないんです、出来が一緒なら。

純正インクだって、そのままではモニターで見ている色でプリントが出てくるわけではありませんよね。

皆さん苦労して、色合わせをしてモニターとプリントを合わせているわけですから、インクを純正にこだわる理由は品質と耐光性くらいなものでしょうが、近頃のサードパーティ製の顔料インクは安定性と耐光性は純正と何ら変わるところはありません。

要はインクを買うたびに色が変わるのが困るだけで、色の傾きはあっても、その傾きが安定していればなんの問題もないのですから。

おまけに私は主要なプリントがモノクロなので、この古いPX-5500の美しいモノクロ出力は大変貴重なのです。

でも廃インクパッドがいっぱいになってしまって、今度こそオシャカに、、、とは行かないんですねえ。

私はこの廃インクパッドの満杯対策のためだけに、ウインドウズのノートパソコンを持っています。

これにロシア人が開発した「SSC」というソフトを入れています。

このソフト、残念なことにアップルでは動かないんです。

要はこのソフトでEPSONのプリンターをハックして、廃インクのカウンターをリセットするわけです。

でもそんなことをすれば、やがて満杯になったインクが、インクパッドから溢れ出してきて、プリンター内どころか外までインクが溢れ出すのではという懸念があるのですが、ここにも抜け道的工夫が施してあります。

プリンター内に廃インクをインクパッドまで導く二本のパイプがあるんですが、それをプリンターの外に引き出して、瓶の中へ溜まるようにしてあります。

ですから半年に一度くらいこの瓶の中のインクを捨ててやれば、いいのです。

まあケチくさい話で、仕事で使うんだからじゃんじゃん新しくすればいいじゃん、という考えもあるんでしょうが、そこは古い人間なんですかねえ、もったいないことができないのですよ。

それにメーカーの理不尽なやり方にちょっと抵抗できているという気分が小気味が良いのです。

まあ、誰にもおすすめはしないんですけど。。。

そんなわけで、本日、約一年ぶりにウインドウズXPを開いて我がプリンターをハックしました。

無事にカウンターはリセットされまして、快調に動いております。

ここまで書いたからには、あまり大きな声では言えませんが、毎日起動していて未だに故障なく働いているこのエプソンのプリンター、実に優秀だと思いませんか。

「技術立国日本」の面目躍如といったところです。

長々、失礼いたしました。

新潮社と中華パネル

2018 年 9 月 26 日

トカゲ

iPhone7の代替パネルの件ですが、二度目に送ってくれたパネルは問題ありませんでした。

その間のメーカーの対応はすこぶる丁寧でした。

やり取りのメールの日本語は少し怪しげでしたが、対応は充分以上のものでした。

ただ、なれないiPhoneの分解を二度やらされる羽目になりましたが、なんとか元通りになりました。

と、言っても、色の問題はそのままですけど。。。

 

「新潮45」限りなく廃刊に近い休刊だそうですね。

わかりにくい決定で、なぜ廃刊ではいけないのかよくわかりません。

叱られた子供が「ごめんなさい」と言うのが業腹で渋々頭を下げているような、往生際の悪い社長声明ですね。

ですから私も、今後の態度は不明です。

 

パネル不具合

2018 年 9 月 24 日

トカゲ

実に数十年ぶりに目黒の自然教育園へ行ってきました。

昔は手つかずの森のような状況だったのが、遊歩道が整備されて、それでいて森の部分はそのまま手付かずに維持されていました。

出会った地を這う生き物はこれだけでした。

さて、先日おはなししたiPhoneのパネル交換ですが、それ自体はうまくいったのですが、肝心のパネルに不具合がありました。

一部タッチに反応しないのです。

メーカーは再度パネルを送ってくれるそうですが、それまではラインなど使えない機能がいくつかあります。

だいぶ良くなってきましたが、イマイチ信頼の置けない中華製品、値段は魅力なんですがねえ、悩ましい。

リール竿のない頃の昔の話

2017 年 9 月 22 日

一月ほども放置してしまいました。
自分がFacebookを使う前は他人のブログがfacebookを始めると更新が滞るなあ、と思っていたのですがいざ自分も始めてみると、やっぱり滞るものだなあと、改めて思わされた次第です。

永代橋の鉄骨の足の部分を只今補強工事中です。
地震に備えて川の周辺では色々補強策がとられています。

今朝の散歩中にはハゼ釣りをしてるひとは一人だけでした。

内田百閒の随筆に昔の東京湾の釣りの話が出てくるんですが、その中に当時の鱚(きす)釣りの話が出てきます。
もともと東京湾は遠浅の海でしたが、今は埋め立てと京浜工業地帯の工場が海浜部の大多数を占拠しているために砂浜が消えてしまいましたが、これはまだ東京湾に砂浜が残っていた頃の話です。
百間の父親がよく鱚を釣りに出かけたらしいのですが、当時の東京湾のキス釣りは遠浅の海に脚立を立てて、その上に乗ってしたそうなんです。
船で沖の脚立まで渡して貰って、終日その上から釣り糸を垂れていたそうです。
昼時になると船が弁当を運んでくれる。
鱚は人影を嫌うのでこんな釣が流行ったんでしょうね。
一日中脚立の上に居るのですから大小便をもよおせば、その場で済ませるわけです。
巨大な水洗便所ですね。
そんな脚立が遠浅の沖にぽつぽつと何本も立って、その上に人が乗って糸を垂れている風情はなんとものんびりしているじゃありませんか。
驚くのは稀に女子の釣り人が居たと言うから、豪胆じゃありませんか。

ナガミヒナゲシ

2017 年 5 月 15 日

ナガミヒナゲシ

隅田川テラスの植栽に群生しているナガミヒナゲシ。

見たら抜くようにという記事がfacebookにありましたが、けっこう可憐な花なので、引きちぎって捨て去ることには抵抗があります。

「雑草という植物はない」と言ったのは昭和天皇ですが、果たしてこの花が在来植物を次々と絶滅に追い込む程の悪いやつなんでしょうか。

昔、山崎ハコという歌手がいました。

絶望的な歌を歌うその人のヒット曲に五木寛之の「青春の門」を題材に五木寛之が作詞して山崎ハコが作曲した「織江の唄」というのがあります。

その歌詞に「月見草 いいえそげんな花じゃなか あれはセイタカアワダチ草」という下りがあります。

この歌のはやる少し前、江戸川や荒川の河川敷にはこのセイタカアワダチ草が群生していたんです。

今で言う特定外来植物のたぐいです。

この頃、このセイタカアワダチ草を早く何とか駆除しないと、日本中の在来の雑草が侵食を受けて、絶滅してしまうと識者が盛んに喧伝していたものです。

たしかに物凄い勢いで増えていましたからね。

でも、今江戸川や荒川にはすすきも葦も生えています。

セイタカアワダチ草に埋め尽くされていた景色は消えています。

素人のささやかな経験に基づく意見ですが、そうヒステリックにナガミヒナゲシを引きちぎらなくても「いいんじゃね?」と思うんですが、いけませんか。

 

さて、

2017 年 3 月 9 日
永代橋たもとの紅梅

永代橋たもとの紅梅

なんですか、20に百条委員会が開かれるそうで。

17,8日頃に都内某所から救急車の要請がありまして、急患をのせたその車は慶応病院か虎の門病院へ行くそうですね。

よくできた話です。