Robert Mapplethorpe

2017 年 4 月 5 日

シャネル美術館

銀座のシャネルでRobert Mapplethorpeの写真展を見てきました。

私とはほとんど同年代なので、若い頃にこの人の写真を見て衝撃を受けた記憶があります。

今回の写真展は有名どころの写真を集めた展覧会で、それなりに充実していました。

が、こちらが年を取って感受性が鈍くなったのか、あまりに見慣れてしまったためか、当時ほどの感情の高まりはありませんでした。

それと、キューレターや写真評論家が崇め奉る「プラチナプリント」というものに懐疑的なわたしには例の黒人と白人を一枚に収めたポートレートもさほどとは思えませんでした。

撮影時から20 x 24インチのカメラで撮影してそのネガをプラチナプリントに密着させているならまだしも、ハッセルで撮影したネガを20 x 24インチに拡大デュープしてその密着を取る手法は、デュープ時点で調子が飛んでいるだろうと思われます。

Ansel Adamsのヨセミテのネガを救済してプリントしたJohn Sextonのプリントを見れば、6 x 6 cmのネガから直接プリントを取ったほうが、調子がいいんじゃないかなあ、とも想像します。

実際にあの黒人と白人のポートレートを見ると、決してゼラチンシルバーで出ない調子ではないなあという感想を持ちます。

またデジタルならあの調子は当たり前になってしまっているのも、わたしの感想に一役買っているかもしれません。

まあ、それが私の感想ですが、Mapplethorpe好きな方はともかく、彼を知らない方達には見ていただきたい展覧会ではあります。

西欧人は左右対称が好きだなあ、という感想も持ちました。

ヴァッハウ渓谷

2017 年 4 月 4 日

オーストリアのSchifteさんがヴァッハウ(Wachau)へ旅行したときの写真を送って来てくれました。

世界遺産の地だそうです。

杏と桜とぶどう畑。

東京は桜がまだ見頃になっていないのに、緯度の高いオーストリアで咲いているようです。

写真はすべてSchifteさんです。

テラジャー

2017 年 3 月 29 日
テラジャー

copyright AWZ

沖縄に移住した友達から送られてきた写真です。

奥方が採ってきた海の幸、数多く見える巻き貝がテラジャー。

ググってみたら恩納村のサンゴ礁で採れるとか。

でもその漁場(?)へ行くまでが中々大変だったそうです。

それにしてもけっこうな量ですが、入会権のある方と一緒だったのでできた技らしいです。

 

さて、日本代表ですがタイ戦勝ちましたね。

このまま「久保のチーム」になるんでしょうか?

ウイーンの梅

2017 年 3 月 28 日

ウイーンから梅の写真が送られてきました。

梅? 梅みたいな花らしいです。

ぶどう畑に咲く梅の花、いいですね。

撮影は新しいIXYでYumiko.Kさん。

カメラ良くなってるみたいですね。

半畳記 一部改変

2017 年 3 月 27 日

浅草のアミューズミュージアムで「BORO美しいぼろ布展」を見てきました。

サブタイトルに「人間はどれだけ貧しくてもおしゃれをする」とあります。

実際の200年ほど前に着られていた半纏や着物、腰巻きその他の衣服と、その頃のものを参考に現在作られた衣装などが展示されています。

写真はこぎん刺しのサンプルですが、ミシンのない時代に手仕事でされた刺し子の美しいこと。

ぼろ布から使えるところを切り取ってツギハギにしてから、全体を刺し子で補強するそのデザインは今のジーンズに見られるわざと荒らす美意識に受け継がれて居るみたいです。

ファッションでそうしているのではなく、必要から生まれてファッションに昇華されているので、軽薄なところがありません。

美しかったです。

 

さて、お気づきかもしれませんが、半畳記の表紙が一部変わりました。

GalleryとDocumentaryに代わって、facebookとFlickrが入りました。

Flickrの方へはまだ作品を上げてないので、取り敢えず空き部屋につながるだけです。

懸念していた改変ですが、やり始めたらどんどん思い出して、あっと言う間に出来上がりました。

案ずるより易かったです。