プリンターの廃インクパッドが満杯になってしまった

2018 年 10 月 29 日

私の使っているプリンターはEPSONのPX-5500という奴で、相当古い機種です。

すでにメーカーのサポートも終わっています。

従って修理も受け付けてもらえません。

日本のメーカーはいつからこんな理不尽を顧客に押しつける様になったんでしょうかねえ。

売っておいて修理を断るなんて、ずいぶんだと思いませんか。

ですから今回のように、インクパッドがインクで満杯になってもそれをメーカーに送って新しいパッドに交換してももらえないんです。

つまり、もうこのプリンターを捨てて、新しいのを買う以外手はないんですが、そこは抜け道的解決法もあるんですね。

第一、私はエプソンの純正インクという物を使ったことがありません。

高いでしょう、高いものは使いたくないんです、出来が一緒なら。

純正インクだって、そのままではモニターで見ている色でプリントが出てくるわけではありませんよね。

皆さん苦労して、色合わせをしてモニターとプリントを合わせているわけですから、インクを純正にこだわる理由は品質と耐光性くらいなものでしょうが、近頃のサードパーティ製の顔料インクは安定性と耐光性は純正と何ら変わるところはありません。

要はインクを買うたびに色が変わるのが困るだけで、色の傾きはあっても、その傾きが安定していればなんの問題もないのですから。

おまけに私は主要なプリントがモノクロなので、この古いPX-5500の美しいモノクロ出力は大変貴重なのです。

でも廃インクパッドがいっぱいになってしまって、今度こそオシャカに、、、とは行かないんですねえ。

私はこの廃インクパッドの満杯対策のためだけに、ウインドウズのノートパソコンを持っています。

これにロシア人が開発した「SSC」というソフトを入れています。

このソフト、残念なことにアップルでは動かないんです。

要はこのソフトでEPSONのプリンターをハックして、廃インクのカウンターをリセットするわけです。

でもそんなことをすれば、やがて満杯になったインクが、インクパッドから溢れ出してきて、プリンター内どころか外までインクが溢れ出すのではという懸念があるのですが、ここにも抜け道的工夫が施してあります。

プリンター内に廃インクをインクパッドまで導く二本のパイプがあるんですが、それをプリンターの外に引き出して、瓶の中へ溜まるようにしてあります。

ですから半年に一度くらいこの瓶の中のインクを捨ててやれば、いいのです。

まあケチくさい話で、仕事で使うんだからじゃんじゃん新しくすればいいじゃん、という考えもあるんでしょうが、そこは古い人間なんですかねえ、もったいないことができないのですよ。

それにメーカーの理不尽なやり方にちょっと抵抗できているという気分が小気味が良いのです。

まあ、誰にもおすすめはしないんですけど。。。

そんなわけで、本日、約一年ぶりにウインドウズXPを開いて我がプリンターをハックしました。

無事にカウンターはリセットされまして、快調に動いております。

ここまで書いたからには、あまり大きな声では言えませんが、毎日起動していて未だに故障なく働いているこのエプソンのプリンター、実に優秀だと思いませんか。

「技術立国日本」の面目躍如といったところです。

長々、失礼いたしました。

2019カレンダー

2018 年 10 月 28 日
2019 カレンダー

2019 カレンダー

来年のカレンダーが出来上がりました。

休日がどうなんでしょう?

安田純平氏へ

2018 年 10 月 27 日

https://www.youtube.com/watch?v=FFaAsFEOXIE

炬燵に足を突っ込んで、蜜柑の皮をむきながら、テレビを見て評論しているつもりになっている自分への戒めとして。。。

華山

2018 年 10 月 15 日

横山華山展

先週のことなんですけど、東京駅のステーションギャラリーへ行ってきました。

横山華山展、売りは30メートルもある「祇園祭礼図巻」を一挙に見られる、ということでした。

この絵巻物ですが、背景が一切描かれていないんです。

ひたすら当時の(江戸時代後期)祇園山鉾や神輿を克明に描いているんです。

で、現在は消えてしまった山鉾もこの絵巻を参考に再興しているんだとか。

なのですが、私はこの絵師を知らなかったんです。

知らないのに絵には見覚えがある。

なんでかなあ、と思ったんですが、実はこの人蕭白にいたく傾倒していたらしいのです。

なので、蕭白の模写がたくさんあるんです。

それで、展覧会場で「見たことあるなあ、でも知らないなあ」、状態だったわけです。

かつては有名だったらしいのです。

漱石の「坊っちゃん」の中に登場しているらしいです。

覚えてないなあ。。。

そんなわけですが、この祭礼絵巻は一見の価値あり、です。

11月11日までですから、まだ日があります。

私にしては結構早い告知^^;です。

新潮社と中華パネル

2018 年 9 月 26 日

トカゲ

iPhone7の代替パネルの件ですが、二度目に送ってくれたパネルは問題ありませんでした。

その間のメーカーの対応はすこぶる丁寧でした。

やり取りのメールの日本語は少し怪しげでしたが、対応は充分以上のものでした。

ただ、なれないiPhoneの分解を二度やらされる羽目になりましたが、なんとか元通りになりました。

と、言っても、色の問題はそのままですけど。。。

 

「新潮45」限りなく廃刊に近い休刊だそうですね。

わかりにくい決定で、なぜ廃刊ではいけないのかよくわかりません。

叱られた子供が「ごめんなさい」と言うのが業腹で渋々頭を下げているような、往生際の悪い社長声明ですね。

ですから私も、今後の態度は不明です。

 

パネル不具合

2018 年 9 月 24 日

トカゲ

実に数十年ぶりに目黒の自然教育園へ行ってきました。

昔は手つかずの森のような状況だったのが、遊歩道が整備されて、それでいて森の部分はそのまま手付かずに維持されていました。

出会った地を這う生き物はこれだけでした。

さて、先日おはなししたiPhoneのパネル交換ですが、それ自体はうまくいったのですが、肝心のパネルに不具合がありました。

一部タッチに反応しないのです。

メーカーは再度パネルを送ってくれるそうですが、それまではラインなど使えない機能がいくつかあります。

だいぶ良くなってきましたが、イマイチ信頼の置けない中華製品、値段は魅力なんですがねえ、悩ましい。