マヘリア・ジャクソンで泣かされた

サマーオブソウル

三密を避けてどこにも出かけないでいたんですが、とうとう日比谷で映画を見てきてしまいました。

「Summer of Soul」

1969年ウッドストック・フェスティバルが開催された年、ニューヨークのハーレムにある公園で、のべ30万人以上の観客を集めて連日繰り広げれた音楽フェスティバルがあった。

それが「ハーレム・カルチャラル・フェスティバル」

そこに参加したミュージシャンはスティーヴィー・ワンダー、B.B.キング、ザ・フィフス・ディメンション、ステイプル・シンガーズ、マヘリア・ジャクソン、ハービー・マン、デヴィッド・ラフィン、グラディス・ナイト・アンド・ザ・ピップス、スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン、モンゴ・サンタマリア、ソニー・シャーロック、アビー・リンカーン、マックス・ローチ、ヒュー・マセケラ、ニーナ・シモンほか綺羅星のごとく。

その記録映像が長年行方不明になっていたものが50年以上立った今日、日の目を見ることになった。

映画の中でも再三言われますが、ジョンFケネディー、ロバート・ケネディー、マーチン・ルーサー・キング、マルコムX等、黒人差別に抵抗した人々が次々に暗殺されていったあとのこの年音楽で革命を目指した人々の記録です。

1969年、日本では全共闘運動真っ盛りでした。 どんな状況であったかはFacebookのわたしのアルバムを御覧ください。

今も状況はさほど変わっていないアメリカで行われた音楽フェスティバルの記録。

素晴らしかったです!

 

Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です