結構辛い、ユリカモメ異聞の2

ユリカモメ1

ユリカモメ2

わかりにくい写真ですみません。

以前書いた「ユリカモメ異聞」でユリカモメに頭の白いのと黒いのが居て、それは雌雄だと思っていましたがそうではなかった、ということを書きましたが、今朝の散歩コースのユリカモメ、結構な数が居たんですが、頭の白いやつは一羽も見られませんでした。

ということは渡の日が近いということでしょうか。

そういえば、マガモはもう一羽も姿がありません。

みんな渡ってしまったんでしょうか?

思えば70年以上ユリカモメの頭が白から黒へ変わって居たことに気づかないで居たような散漫な注意力で、人の胸に刺さるような写真が撮れるわけもない。

今になって振り返る無意味な人生をそれでも誠実に生きて行くのは結構辛いことですね。

「アベノマスク」を笑って居た自分はそこにすら届いていなかった。

何ともはや、、、

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です