あははは

USB

長いこと使っていれば、コードのプラグとの接触部分が痛むのは仕方のないことですよね。

それを放っておけばそこから接触不良を起こして使えなくなる、というのが通常なんですが、そこで熱圧縮チューブがあればそれで補修とかするんでしょうが、あいにくピッタリのチューブがない上にUSBプラグ側はコードとプラグの直径の差がありすぎてピシッと決まりそうもありません。

そこであるものでなんとかする、とこういう事になりました。

グルーガンでぐるぐる巻き^^;

見た目はすこぶる悪いのですが、効果は極めてテキメン、非常にしっかりと保護してくれています。

それにしても、もうすこし見た目に配慮できなかったのか、というのが残念なところではあります。

あははははは。

Tags:

“あははは” への2件のフィードバック

  1. 井上修 より:

    おはようございます
    井上修です
    先日は久しぶりでたのしかったです
    この手のパーツの修理は結構頻繁にやってますので、
    参考になればさいわいです
    熱収縮チューブはいろいろなケーブルの修理に重宝です
    内径2mmから20mmぐらいのものを10種類ぐらい
    用意しておくとよいです
    秋葉原の中央通りのガード下の駅側にあるケーブル専門の店に多サイズ
    あります
    後、欠かせない冶具がヒーターです
    これは多分専用物はないと思うので、
    お探しください。井上

    postscript
    今、Ipadタブレット端末で苦戦しています
    風間さん!
    もしこれについて詳しくご存じでしたらご教授いただければ
    うれしいです・・・

    • kama_san より:

      熱収縮チューブは持っているんですよ。
      でもあれは太さがある程度一定していないと効果ないでしょ。
      USBプラグ側のように極端に直径が違うとコード側は収縮が足りなくてぶらぶらになってしまって。

      iPadミニは長いこと使っていますが、Wi-Fi仕様なのと、ほとんど自炊した小説読むばかりです。
      postscriptはわからないなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です