白内障

白内障 手術後

今月の3日に右目、24日に左目の白内障の手術をします。

写真は右目の手術直後です。

私はファインダーを覗くのはほとんどの方と同じ右目でしたが、数年前から右目ではピントの確認ができなくなっていました。仕方なく左目で合わせていたんですが、それも徐々に怪しくなって、最近ではピントの確認を自分の目では出来ない状態で写真を撮っていました。

それでなんの問題も起きなかったのはひとえに機材の進歩に依る所大でした。

ところが、問題ないと思っていたのは撮影に関してだけで、納品には大いに問題が有ったようです。

それは、明るさと色の問題。

手術後見え方が落ち着くまでに二タ月ほどはみたほうがいいと眼科医からは言われましたが、取り敢えず術後に感じたことを報告しますと、まずは明るさが1/4絞りくらい明るく見えるようになりました。

今の時点で右目で見るのと左目で見るのとではその位見え方に差があります。

あと色被りもあります。

術前と術後で、CCフィルターで0.25から0.5Y位違います。

術前の左目に比べて術後の右目で見ると世界が青く見えます。

これだけイエローカブリで納品出来ていたのはフィルム時代なら考えられないことです。

デジタルならその程度の色カブリはデザイナー側で簡単に直せるから問題にならなかったのであって、フィルム時代なら再撮かラボにデュープで色直しを頼まなければ納品はできなかったでしょう。

ありがたいのかぬるいのか、そのあたりは考え方次第ですが、ご同輩諸氏に私の体験上から注意喚起です。

あなたが今見ている明るさと色は狂っている可能性があります。

白内障の検査をおすすめします。

あえて写真の色カブリはそのままにしました。

 

 

Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です