大雪の翌朝

昨日の大雪が嘘のように、道にはほとんど雪が残っていません。

膝を痛めてから走ったりしなくなって、川へ降りることもめったに無かったのですが、久しぶりに川へ下りてみました。

雲ひとつない青空。岡は風が吹いていたんですが川原は無風、珍しいこともあるもんです。

雪の翌朝によく見るのは雪だるまですが、読売のまえにあったのはこれ。

まるでゴールズワージー(Andy Goldsworthy)みたい。

世田谷美術館で彼が展覧会をやった時も東京に雪が降って、彼が即興でこさえた雪の作品が心無い人によって壊されてしまったのはそう昔の話では無いですよね。

雪があっても無くても、外へ出れば何かありますね。

Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です