リール竿のない頃の昔の話

一月ほども放置してしまいました。
自分がFacebookを使う前は他人のブログがfacebookを始めると更新が滞るなあ、と思っていたのですがいざ自分も始めてみると、やっぱり滞るものだなあと、改めて思わされた次第です。

永代橋の鉄骨の足の部分を只今補強工事中です。
地震に備えて川の周辺では色々補強策がとられています。

今朝の散歩中にはハゼ釣りをしてるひとは一人だけでした。

内田百閒の随筆に昔の東京湾の釣りの話が出てくるんですが、その中に当時の鱚(きす)釣りの話が出てきます。
もともと東京湾は遠浅の海でしたが、今は埋め立てと京浜工業地帯の工場が海浜部の大多数を占拠しているために砂浜が消えてしまいましたが、これはまだ東京湾に砂浜が残っていた頃の話です。
百間の父親がよく鱚を釣りに出かけたらしいのですが、当時の東京湾のキス釣りは遠浅の海に脚立を立てて、その上に乗ってしたそうなんです。
船で沖の脚立まで渡して貰って、終日その上から釣り糸を垂れていたそうです。
昼時になると船が弁当を運んでくれる。
鱚は人影を嫌うのでこんな釣が流行ったんでしょうね。
一日中脚立の上に居るのですから大小便をもよおせば、その場で済ませるわけです。
巨大な水洗便所ですね。
そんな脚立が遠浅の沖にぽつぽつと何本も立って、その上に人が乗って糸を垂れている風情はなんとものんびりしているじゃありませんか。
驚くのは稀に女子の釣り人が居たと言うから、豪胆じゃありませんか。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です