ダリ展チケット

一度、休日に行ったらものすごい行列に恐れをなして戻ってきてしまったんですが、ウイークデーに再度挑戦してみたら、拍子抜けするほど空いていて、ゆっくり見てこられました。

ダリは好きな画家の一人です。
いわゆるダリの代名詞的なシュールレアリスムの絵ではなく、具象の「パン籠」や恋人「ガラ」の後ろ姿をテンペラで描いた小さな板絵が好きなんですが、行ってみての感想は当たり前なんですが、ダリはシュールレアリスムの画家だなあという思いを強くしました。

「ガラ」はありましたが「パン籠」は見当たりませんでした。
絵葉書に「ガラ」はなく、図録の「ガラ」はテンペラのあのこってりとしたマチエールも色も再現できていませんでした。
油絵や水彩は比較的忠実に印刷で再現できますが、テンペラは印刷はだめですねえ。
久々に実物見られてよかったです。

2008ねんにオマージュでパンの写真を撮ってカレンダーにしたことがあります。

Bread

今年の絵柄は只今製作中です。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です