金子國義の写真展

金子國義写真展

画家の、と言っていいんでしょうか? まあ私は画家と思っていたんですが、その金子國義の写真展が銀座と神保町でやっています。

銀座の方は「AKIO NAGASAWA」ギャラリーで「金子國義 写真展」神保町の方は「小宮山書店」で「金子國義 ポラロイド展」

どちらも同時期に同一モデルで撮られたものと思われます。

銀座の方は21日まで、神保町の方は28日まで。

面白いですよ。

私の感想は「絵描きだからかちょっと作りすぎてるなあ」というものでした。

比べるのも何ですが、荒木経惟のは写真家の写真で、金子國義のは絵描きの写真だなあ、という感じ。

良い悪いではないんですが、やはり違うな、と感じました。

そういう意味でも面白い展覧会です。

金子國義ポラロイド展

でその銀座から神保町へ移動して、展覧会を見終わって帰る時に神保町の地下鉄通路にネズミが一匹うずくまっておりました。

多分殺鼠剤を食べて目をやられ、明るいところへ出てきたんだと思われます。

大きかったですよ。

おじさんが一人、駅員さんに大声でねずみがいることを報告してました。

駅員さんはあたふたしていましたよ。

私はそのまま地下鉄に乗ってしまいましたが、あれからどうなったんだろう。

私はゴキブリを手で掴んだり潰したりすることは平気なんですが、ネズミは苦手なんです。

ま、どうでもいいことですけど。

地下鉄神保町のネズミ

書き忘れましたが、金子国芳國義展どちらも入場無料です。

Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です