FOUJITA

FOUJITA

映画を見てきました。

久しぶりの小栗康平、期待して見に行ったのですが。。

私はやっぱり「泥の河」ですね。

FOUJITAは懲りすぎていて、ダイレクトな感動が喚起されません。

前提として、藤田嗣治のおおよその生涯を知っている必要があります。

ストーリーを削って、描写に拘る制作手法ですね。

それと、デジタルになるとどうしてもCGを使いたくなるのでしょうかね。

霧が欲しければ霧の出るのを待つ、というような実写がおろそかになるみたいです。

清洲橋の背景をCGで当時を再現、などはありだと思いますが風景にCGはなあ、、、と思いました。

最後の狐のアニメーションはいただけません。

小栗康平は「泥の河」ですねえ。

「泥の河」の加賀まりこですねえ。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です