SONY α7R II 考

まだそんなに使い込んだわけではありませんが、不満な点とイイね、な点とがあります。

不満な点はやはりプロ用機材としては未成熟な部分ですね、メモリーカードスロットが一つだとか、テザー撮影するとカメラに撮影画像が残らないとか、またソニーのせいではないんですが、サードパーティ製のレンズやアクセサリー類はニコン,キヤノンが主体でソニー用はオマケ扱い。

テザー撮影は今のところライブビューでするとなるとC1一択です。

レンズ資産が少ない(尤も私はそれほど必要としてはいませんが)、等でしょうか。

ただこれはメタボーンのマウントアダプターを介せば、EFレンズがストレス無く使えるので、いざというときはそれで。

イイねな点は背面液晶のチルトですね。

これはね私はハッセルを使っている感覚になりました。

液晶の短編が4センチなので、4X4のマスクを作って、ベスト版でさつえいしてる気分です。

ですからスクエアフォーマットもヴァージョンアップで是非加えて欲しいと思います。

ファインダーと液晶の切り替えは自動なんですが、これも液晶のみにカスタムボタンへ設定できます。

ベスト版二眼レフのような使い方は予期していなかっただけに、かなり嬉しい。

それと電子シャッターの無音撮影は使えます。

舞台の仕事がある人はこのボディーとメタボーンは即購入でしょ。

結論は、このカメラはおすすめです。

というより、カメラは遠からずミラーレスに移行する予感がしますね。

デジカメなのに、ミラーがペコペコ動いている方がおかしい、私はそう思いました。

また気がついたことがあったらご報告します。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です