急性緑内障発作

眼

眼鏡の視度が合わなくなっていつも眼鏡を作っている銀座の「和真」というメガネ屋さんに行きました。

「改めて視力検査をしましょう」と言われて、検査をしたのですが「レンズを変えても視力があまり変化しません。。。最近眼科に行かれたことはありますか?」と言われて「ない」と答えると、「一度眼科に行かれることをおすすめします」と。
まあしかし、文庫本も読めるし白内障が少し入り始めたんだろう、ぐらいに考えて、別段日常生活に不自由することもないので、それはそのままに一ト月ほどほっておいたのですが、緑内障を患っている友人から「今度私が検診に行く時一緒に検診に行きましょう」と強く言われて、渋々眼科に行ったところ「急性緑内障発作を起こす可能性が十年以内に100%」と宣告されてしまいました。
発作を起こすと48時間以内に手術をしないと視力を失うそうです。
網膜剥離なみに恐ろしい。
頭痛がして目が眩み、吐き気をもよおすそうです。
急性緑内障発作を起こす可能性がある眼であることを知らないと、脳疾患を疑い内科に運ばれてしまい、手遅れになることもあるそうです。
「発作はいつ起きるかは予測できないんですか」
「10年後かも知れないし、明日かもしれない」
「結構深刻ですね」
「はい」

と、いうことで、レーザーによる手術をすることになりました。
来週改めて検査をして日程が決まります。

眼を使うお仕事の方もそうでない方も、一度眼科へ行かれたら。

緑内障の罹患率は20人に1人だそうです。
結構な確率ですよ。

Tags:

“急性緑内障発作” への2件のフィードバック

  1. あっち より:

    お見舞い申し上げます。
    でも、発作が起きる前に見つかってよかったと考えるのがよろしいかと……
    緑内障の手術ってどんなものなのでしょう。終わってからのレポートを楽しみに待ちます。
    どうぞお大事に。

    • 風間 より:

      竹下さんが網膜剥離起こした時に焦りまくっていましたが、わたしも知らずにいたら焦っただろうと思います。
      仰るとおり、事前にわかって良かったです。
      手術終わったら、報告あげますけど、写真は無理かもしれません(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です