ちょっと涼しいので

徒然草

今日は多少涼しかったので、行ってきました。

感想のむつかしい展覧会。

その割に入場者は多かったです。

徒然草の写本が色々展示されていて、同時にその絵本化したものが幾つも展示されていました。

変体仮名が読めて、草書に堪能だと、おもしろいかも。

かつて、こう見えても私も古文書ぐらい読めるようになりたいものだとちょっと囓ったこともあったのですが、何のことはない浮世絵の春画に書かれている「ええ、よいわい、よいわい」などというものがいくらか読めるようになったところで、諦めてしまいました。

動機も不純なら、根気も薄弱、学究心などさらさらないので、未だに古文書の類はちんぷんかんぷん。

従ってこの展覧会も、どこに感心して良いのやら。。。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です