展覧会

車内スナップ

知人の展覧会に行きました。
ご本人もいなかったし場所も特定しませんし作家も作品も告知しません。
何故ならちょっとつらい展覧会だったのです。

撮影におけるフィルムというのはけっこうハードルだったんだと今更ながら思います。
それがデジタルになって何も考えずにただシャッターを押せばちゃんと以上に写るようになりました。
そうなると、もう勝負はセンスだけ、素人も玄人もなくなってしまいました。
もちろん仕事においてはなかなかそこは高い垣根がありますが、
いわゆるお散歩写真などはもうアマもプロもありません。
しかもネットがここまで一般化して誰でも自分の作品を経済的な負担なしに広く世間に発表できるようになりましたから毎日が展覧会みたいなもんです。
見る方も電車に乗って出かけなくとも自分の机の上でその展覧会を見られます。
素人で本当にうまい人がいます。
しかも時々うまいんじゃなくて、いつもうまいんです。
こういうのを毎日見せられていて、プロの展覧会へ行くと、時につらい思いをすることがあります。
じつは、今日がそうでした。

手慣れた感じで流して撮ると痛い目を見ます。
気合いを入れて撮らなければ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です