Appleは社会保険庁か?

http://www.apple.com/jp/macosx/uptodate/
ここに、Snowleopardに乗り換えのキャンペーンがあります。
早速保証書やらなにやら書類をそろえて送ったのが、今月初め。
今日になって、Appleから電話が、、、
遅くなったお詫びの電話かと思ったんですが、なんと、
書類が一枚足りないから、再度その書類のコピーを送れと言うじゃありませんか。
「なぜですか?」とまあ聞いてみたんですが、
「ご案内にもそう書いてありますし、そう言う決まりになっているものですから」
足りないと言っている書類は領収書でした。
「買ったことが証明できればいいのなら、保証書に領収印がありませんでした?」
「はい、それはございますが、いくらで買ったか金額のわかるものがないと」駄目だという。
まあそのほかにも、いろいろやりとりはあったんですが、
だんだんその慇懃無礼な応対に腹が十度、二十度、三十度、四十五度と立ってきて、
ついにぶち切れてしまいました。
領収印があっても、金額までわかる書類がないと駄目、そういう決まりだから、と。
これ、散々報道されていた社会保険庁の決まり文句に似ていませんか。
サービスとして、はじめから差し上げたい、支給したいという気持ちがあれば、
こういう応対にはなりませんよね。
やりたくないけど、書類そろえて請求されれば、仕方ないくれてやる、みたいな応対です。

とうぶん、雪豹には代えないぞ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です