一尾百円のサンマと満開の桜

新聞のチラシに清澄町でサンマが一匹100円と宣伝されていたので、三時頃になって自転車を引っ張りだして「さあっ」と思ったら雪。細かい乾いた雪なのでそのまま出発したのですが、きれいに化粧直しのすんだ清洲橋を渡る頃には吹雪(ちょっと誇張、いえ大分誇張)。橋を渡りきるとほとんどぱらぱら。馬の背を分けるような雪、って表現はないかなあ、でもそんな感じ。そうしたらこのお宅で桜が満開。梅じゃありません、正真正銘桜。それも発泡スチロールのわずかな土で、健気じゃありませんか。と、思ったら「がっしゃーん!」という音。

桜

下の写真、奥が清洲橋方面。向こうからこのタクシーがこの止まっている車線から今青になっている信号を右折しようとしたらしい。そこへセンターラインよりを走ってきたダンプが直進。けたたましいクラクションが鳴ったと思う間もなく、「がっしゃーん」

タクシー事故

私は写真を一枚とってそのままサンマへ。タクシーは携帯で事故係へ電話中だし、ダンプはちょうどこのカメラの後ろが工事現場。証人もいっぱいだし、けが人もないし。

サンマ10本ゲットして帰り道。再び清洲橋でかわった景色。上流は晴れ。下流、佃の高層マンションあたりはまだ雪。何事もなかった日曜日が、表に出たとたん刺激的。

隅田川

隅田川

Tags: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です