Trancesendの不具合

トラセンドの不具合

プレビューするとこんな感じ、白紙です。これがRAWデータ

トラセンドの不具合

で、それのJPGデータ。当然ながら、これも白紙。ところが下を見て下さい

トラセンドの不具合

これもRAWデータ。問題ありません。665番です

トラセンドの不具合

ところが、その665番のJPGデータは黒。ただの黒一色

二日間ほど、コマーシャル撮りに参加して、Vを回している脇でスティル撮影をしてきました。撮影は和気あいあい、スティルにも非常に好意的で無事終了。帰ってきて翌日、先ずは二日間に撮影したものを全てHDDにコピーでバックアップ。バックアップされたものを外部HDDに再コピー。ここまでは機械的に普段通り。
ところが最初のコピー中に、下記のようなものが、出現。 心臓が凍りつく瞬間です。手のひらへいやな汗が出ます。建て込み、モデル、役者15人。とても自腹で再現できるものではありません。いろんなことを考えるというか、悪い結果ばかりが頭の中を駆けめぐり、完全にパニクっている状態。先ずはゆっくり深呼吸。まず、666番がおかしいというのですから、665番までを検証。問題ありません。667、668,異常あり。その後連番で追っかけていきますと、674がエラー。675、676もエラー。その後は問題なし。わたしが使っているのはトラセンド80倍速1Gバイト。EOS20Dで撮影すると、RAWと一番小さいJPGでちょうど100枚取れます。2G、4Gの早いものでもいいんですが、データが飛んでしまったり、不測の事態が起きたときにディスクがあまり大きいと、被害も大きくなりますので、わたしはだいたい1Gb。フルサイズで撮るときは2Gb,ときめています。 現像分けてテスト入れてた、かつての習慣でしょうかね。
もちろん撮影中には、ワンカット撮るたびにモニターで確認しています。ですから一部分のデータが飛んだことはちょっとどういうことか分かりません。エラーのでたところから後全部がだめ、ということを予想しましたから、一部分だけですんだのは、まだ悪運尽きず、でしょうか。ちょっと写真が多くなりますが、ご参考までに。

さて、結果は七枚のエラーで、うち一枚はRAWが無事なので6枚のエラー。さいわい商品まわりの撮影ではなく、演技中のものでしたから、前後何枚も撮っています。実害はありませんでした。やれやれですが、ほんとに一瞬心臓止まりそうでした。このカード、どうします? 皆さんなら危ないカードは捨てちゃいますか。わたしは貧乏性で、これが捨てられない。薄氷踏んで、歩くスリルが結構スキ。困った性格です。ただ何が何だか分からないまま、使うほどの勇気もありません。お散歩専用にするっていう手もありますが、それでもお散歩中に傑作が撮れたときには、しかもそれがエラーにあたったんでは、残念ですし。。。ただ考えられることがひとつ。この二つのシーンは役者と監督、カメラマンの意気がなかなか合わず、NGの連続。なので、わたしはやってはいけないと思いつつ、カメラで何枚か消去したんです。ただ消去したのは二カ所で、一枚ずつ。消えているデータと数は合いません。それにRAWが無事でJPGが消えていたり、は説明が出来ません。
それでもみなさん、今更ですが、撮影中に、カメラでデータ消去はしない方がいいみたいですね。これだけではトラセンドが悪いのか、わたしの操作に問題があるのか、カメラの問題なのか? さっぱり分かりませんが、いちおう注意喚起ということで、お知らせします。う~~~~ん、心臓いたい。

トラセンドの不具合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です