調布で花火

花火調布で花火を見てきました。写真はインチキです。撮ったことは撮ったんですが、IXY Degital Lではマニアル撮影は出来ませんから、空の出来るだけ暗いところでシャッターを切っておいて、花火のはじけそうな所へカメラを振ります。ズーム使うとうまく入らないだろうと、広角側で撮ったもんですから、花火が小さい。で、ちょっとインチキ。三枚を一枚に。風がなかったので、煙の中で花火がはじけるような案配で、ちょっともったいなかったですね。花火見るの三十年ぶりぐらい。熱海の海に面した料理屋の二階から見て以来。この頃の花火はテンポが速い。一時間に何万発、なんて言うのが人寄せになるせいでしょうか、次から次に上がっていきます。景気はいいんですが余韻がない。消える最後、あのはかない感じを見る前に次の花火が上がって空が明るくなってしまうので、ひたすら派手やか。子供時分に感じた、華やかで、同時に消えゆく寂しさも感じたあの感覚は味わえませんでした。まあ、でもきれいでした。ひたすら景気よく、ひたすらスピーディ、アベック、家族連れ、一人、男同士、女同士、様々な組み合わせで皆さん見物。
すっきりしました。日頃の行いがいいので花火の間は雨無し。花火が終わったら、雨が来ました。どうだ!

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です