電池

まだまだ使える電池

親しくしている秋田美人から「風間さん、電池つかいます?」と訊かれました。われわれの商売、電池はいくらあってもじゃまじゃないですから、「はい」とこたえると23.5センチのパンプスが入っていた靴箱に一杯、アルカリ電池が届きました。雨の中を宅配のお嬢さんがずぶ濡れになって届けてくれました。非力なわたしを見て、重いですよ!は余計でしたが。腰を心配してくれたんでしょう。「残量が少なくて、使い物にならない」かも知れないと言うことでしたので早速テスターをあててみました。結果単3アルカリは1.49V~以上が113本、1.48V~以上が58本、1.40V~以上が38本、それ以下が7本。単4アルカリは1.48V~以上が29本、1.40V~以上が11本、それ以下が15本。何これ、ほとんど使えるじゃん! これを捨てては駄目ですよ。わたしの所へこれを送った秋田美人の判断は正しかったわけです。1.49V以上の単3は2台の550EXに、1.48V以上はマグライトに、それ以下はラヂオに、みんな立派に使えます。今の仕事量だと一生使えるかも知れません。
でも、これ会社だからこんな贅沢な使い方をするんでしょうね。わたしなんか、一本の電池をストロボ~懐中電灯~ラヂオと使い回して、最後のラジオ(最近はこっち?)でザーザー言いだすとしばらく外しておいて、また使う、なんてことをやっています。ほとんど新品をこんな風に扱うなんて、電池に失礼だ、なんて、まあわたしは助かりますけど。どこでどうつかわれようと、無駄にならなければいいわけで、今日はちょっとリッチな気分。本日はこれから開店までをお手伝いした焼き肉屋さんにお昼を食べに行きます。先週の土曜にオープニングパーティーがあってそこで料理は頂いているんですが、まあ開店の賑やかしと、花を贈ったのでどんな花が届いているか確認の為もあって出かけます。じゃまにならないように一時半頃ゆく予定です。もしおいでになればご馳走しますよ、って、場所が分からないか。
話しは戻りますが、この電池、今日頼むと明日来るという通販屋さんのものです。なんだかこんなにあるとつい、にやにやしてしまいますが、我ながら、安い性格だなあと思います。でも、なんだかうれしい。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です