セットショップと春

セットショップ我々の業界では誰でも知っているお店「セットショップ」なんの仕事でもその仕事に携わる人にはごくごくあたりまえでいて、その業界外の人にはさっぱり、というものが結構ありますがこのセットショップもそういうもののひとつです。撮影周りの小道具などを売っているんですが普通の人が見れば首をかしげたくなるようなものが、とんでもない値段で売られていたりします。右にあるのは石と砂。石が一個数百円から数千円、砂が見えているマグカップ一杯600円とか900円とか途方もない値段で売られていますが、誰もそれを不思議に思わないばかりか、そんな石や砂を何万円も出して買ったりします。私もそうです。砂なんてどこにでもあるじゃん、とお思いでしょうが、撮影する品物によって色合いや砂の粒子の大きさなどがけっこう問題になったりします。それで、こんなものが大きな顔をして売られているわけでして、ここへ来れば大抵のものは揃うんですが、それでも揃わないときはスタイリストさんが東へ西へ走り回るわけです。私は来週硝子の製品をたくさん撮影しなくてはならなくなったのでアクリルの板を買いに行ったんです。頼めば持ってきてくれるんですが、私は大抵もらいに行きます。ついでになにか新しいものが入っていないかみる為もありますので。今日は別段目新しいものはありませんでした。アクリル板二枚とスチレンボード三枚をもらって帰りました。無精してシートを倒さないで積み込んだために、ルームミラーが全然見えない状態で戻ってきました。事務所にそれらを下ろして、車を駐車場へ持っていき、帰りに見つけたのが下の写真。ナントこの雪もよいの空の下で、梅が咲いているではありませんか。隅田川から左へ小名木川、その水門の手前に万年橋という古い鉄橋がありますが、そのたもとに梅の古木がありましてそれが見事に咲いています。先日の二三日続いた暖かい日にほころんだんでしょうか。いっぺん咲いてしまえば後戻りできないからこんなに寒くなっても咲いているってことでしょうか? もう春はそこまで来ています。昔は秋や冬が好きだったんですが、近頃は春が待ち遠しいんです。雪に埋もれている方々にとっては、今年はことさら春が待ち遠しいでしょうね。「♪春よこい、早く来い…」

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です