2021 年 4 月

ウィーンからコロナ事情と桜

2021 年 4 月 29 日

八重桜

八重桜

なんだろう?

ウィーンでも八重桜が満開だそうです。

でも、ロックダウンは昨年の11月から続いているそうです。

スーパー、八百屋、薬屋さん以外は開いていないとか。

昨年の11月からオペラハウス、映画館は閉まったままだそうです。

緊急事態宣言下でも人通りの耐えない日本の様子がニュースになっているそうですよ。

熱し易く冷め易い我が国の国民性が、他国からは奇異の目で見られているようです。

インドでも毎日三千人も死者が出ているのにあの混雑ぶりですからね、アジアの不思議としてヨーロッパには映るんでしょう。

みなさまご自重あそばせ。

写真はウィーンからSchifteさんが送ってくれました。

何だかこのところ、人の褌ばかりですが、コロナに加えて膝の靭帯が切れているんですから外で写真もままならないわけで、ご勘弁のほどを。

それではみなさま、ご自愛ください。

ウィーンから春が届きました

2021 年 4 月 2 日

ウィーンのSchifteさんから春が届けられました。

東京ではすでに葉桜の様ですが、彼の地はこれから本格的に春到来のようです。

ドナウ川に春来たる、ですかね。

実は私、右膝の靭帯を痛めて、ひどい時は足もつけない状態で、医者嫌いの私も流石にこれはまずいと、形成外科の門をたたくところでしたが、
あいにくその日が雨で、濡れた道を歩く勇気がなく雨の止むのを待っていましたところ、なんとか地面に足がつける程度には回復しましたので、
結局医者へは行かず、自宅療養。

痛めたのが2月16日ですから、およそ6週間ちょっとで、階段もゆっくりではありますが、のぼり下りできるようになりました。

家の中は不自由なく歩けるようになりましたが、外を歩くにはまだ2週間ほどかかりそうだと素人考えしています。

そんな訳で、今年は桜を見られませんでした。

同時に歳をとると治るのに時間がかかることも、今更ながら知りました。

ウィーンの春と風間の近況報告でした。