2021 年 2 月

Viennaからの便り

2021 年 2 月 21 日

ウイーンのSchifterさんからまた最近のウイーンの写真が送られて来ました。

まだまだ彼方は寒そうです。

ウイーン

Stephans大寺院

正月に東京に来ている間にウイーンの自宅でドライになったりんご

公園の池が凍結

kanzan galleryに行ってきました

2021 年 2 月 3 日

kanzan

こういう展覧会に行くといつも思うのは表現というものは根源的なものだなあ、という感想です。

欲がないだけに、余計に自らの表現動機に密着した作品が出来上がっており、それが見る人の感情を揺さぶります。

なかなか普段の私はこういう風に、「りんごが描きたい」という気持ちだけでりんごに向かうことができず、上手く描こうとか、人がどう見るだろうかとか、売れるだろうかとか、とかくに雑念の混じった感情でりんごに向かいますが、この展覧会に見る作家たちは無心にりんごに向かっているようで、そこが強みですよねえ。

宮城まり子の「ねむの木学園」もそうでしたが、そういう無心がいい作品や人気作家を生みます。

妄執の彼方に欲にまみれた自分を見るのはいつもこういう作品に向き合った時です。

コロナ禍に気持ちのいい展覧会でした。

2月28日まで東神田のkanzan galleryです、月曜はお休み。

不要不急をどう解釈するべきか、悩ましいですね。

新幹線

会場の片隅に、うっかりすると見逃しそうな新幹線