2020 年 3 月

変わったKURAGE

2020 年 3 月 24 日

隅田川

今朝の清洲橋下です。

ちょっと気取った写真が撮れたから載せたわけではありません。

上部の黒っぽい固まりの中にクラゲがいるんですが、とても小さくて変わった形なんです。

三つのお椀を伏せたような形のドローンがありますよね、ちょうどあんな形をしていて、その三つのお椀を上下に羽ばたくようにして移動していました。

で、そのクラゲを撮ったつもりがとんだ芸術写真写真になっちまいました。

芸術といえば今日のネットニュースに「抽象画にコンピューターでつけた難解な名前を題名にすると評価が上がる」て記事がありましたが、それって結構あるあるでしょ。

一枚の絵なり写真なりにつけるタイトルの傾向として、例えば百合の花のアップがあるとして写真関係の人は「百合」とか「雌しべ」とか「貴婦人」とか割と素直というか二科会的素朴なタイトルが多いんですけど、美術系の人たちはもう少し意味ありげなタイトルを好みます。「憂鬱な花芯」とか「見えざる欲望」とか、中にはもっと訳のわからない「雌しべに見る形而上学的美の傾向」なんて、いかにも深い意味がありそうで内容のないタイトルを好んだりします。

写真や絵や彫刻にタイトルは必要ですか?

詩や小説にはタイトルが必要なのはわかるんですが。。。

と、まあ、今朝も散歩しながらくだらないことを考えて、肝心のクラゲの撮影には失敗したカザマでした。

しつこいけれどターナーの空

2020 年 3 月 23 日

雲

今朝の空です。

散歩の途中七時半頃ポツポツと降ってきました。

アメッシュで見ると、中央、港、江東のあたりにだけ薄い雨雲がかかっていました。

金曜日の昼間に上野と谷中の桜を見に行ったんですけどまだ三、四分咲きでしたが、今朝の浜町あたりの桜はもう八分咲き。

日曜日の暖かいのが効いたんですかね。

今年はどこも都内の桜の見どころ場所は宴会禁止だそうで、結構なことです。

ついでにあのぶら下がっているぼんぼりも禁止になればもっと良いのになんて思っているひねくれ者です。

みなさま、コロナにはお気をつけあそばせ。

都鳥異聞

2020 年 3 月 18 日

都鳥

写真は昨日、隅田川右岸清洲橋と永代橋の間に群れるユリカモメです。

今朝は同じ場所はもちろんこの場所の上流にも下流にもユリカモメの姿は一羽も見られませんでした。

寒いさなかにはたくさんいたおしどりはもう姿を消して、この頃はもっぱらこのユリカモメばかり。

昨日と今日で何が違うのか、潮見表を見てみますとどちらも小潮です。

ただ、小潮でも昨日は満潮と干潮の差が明確にありましたが今朝は干満の差がほとんど無く、潮が動かない状態が午前中ずっと続いています。

違いといえばそれくらいで、潮が動かなければ微生物も流れてこないので畢竟イナッコなどの稚魚も餌を追って水面に群れることもなく、したがってそれを捕食している水鳥も現れなかった、というのが釣り好きだった素人の推理ですが、もしそうだとして鳥はなぜそれが判るのでしょう?

今朝は潮が動かないから東京湾から隅田川まで遠征するのは無駄だからやめておこうぜ、って言い合ったか言わなかったか、そこはわかりませんが、不思議なことです。

隅田川、それほどきれいでもなく、そこに住む魚種も数種類でとても豊かな川とは言えない東京の川ですが、私はこの川が好きです。