2018 年 11 月

Bohemian Rahpsody

2018 年 11 月 26 日
ぼへみあんらぷそでー

映画の宣材から

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見てきました。

実はこの伝説のバンドをリアルタイムでは知りませんでした。

もちろんクイーンというバンド名や「We will rock you」などは耳にはついていましたが、聞いていたというほどではなかったのです。

1971年に、ずっと毎日のように路上でデモを追いかけて取材していた日常が終わり、これから先の自分の人生をどう組み上げていこうかと模索している頃でした。

音楽は殆ど聞いていませんでした、洋楽もフォークも。

クイーンがデビューした1973年はそんな自分には大きな節目が訪れます。

学生時代の友人で同人誌のメンバーだったUから電話があって「今どうしてる?」と訊かれました。

「デモは撮りに行ってない。ブラブラしてる」

そうすると彼は「ブラブラしてちゃいけない。うちに来ないか?撮影中継部の副部長に話はしてあるから一度来いよ」といいます。

Uはその時フジテレビの報道局で社会部にいました。

ブラブラしている私の心配をしてくれたんだと思います。

デモの写真を100枚ぐらい紙焼きして、それを持って、会ってくれるという撮影中継部の副部長を訪ねました。

彼は写真を見て「いつから来られる?」と。

それで私は今までのフリーで突貫小僧みたいなトップ屋紛いの撮影生活から、報道記者証を持って取材する生活へと変わりました。

その時その副部長から「三年辛抱してくれ、三年経てば悪いようにはしないから」ということと「マスコミには協定というものがある、それに違反すると撮影した写真も使えないことがある。ただ、君にそれを期待しては居ないから、今までどおりできるところは今までどおり撮ってくれ」と言われました。

その日からフジテレビへ通う生活が始まりました。

ムービー取材が主である撮影部でスティル撮影を担当、周りから「パチカメ」と呼ばれていましたが、パチカメの需要はそう多くはないため無駄に遊ばせておくよりはと結局ムービーも回すようになりました。

辛抱してくれと言われた通り、給料は月に五万円。

友達のUがそろそろ年収1千万に届こうかと言う頃です。

その辛抱の二年目に母に胃がんが見つかり、とても五万の給料では治療費が出ないので、やはり同人誌時代の仲間で出版社に居た友だちに頼んで校正の仕事を回してもらいました。

副部長はそれをフジテレビの社内でやることを大目に見てくれました。

そして、約束の三年を辛抱したのですが、その三年目にフジテレビの社長の鹿内さんが急逝。

会社の方針が一気に変わり、わたしはアルバイトや嘱託、契約カメラマンなどはひとまとめに別会社を作ってそこに行くように言われました。

私はそれを断って、再びフリーの生活へ踏み出すのですが、そんな人生の激しく動く時に、クイーンは聞いていませんでした。

映画は彼らの出会いから、成功、成功すると必ず寄ってくる悪いやつ、そして挫折から更にエイズ感染、再結成、で、最後に20分以上に渡る例のライブエイドの場面。

彼らの人生もまた小説にしたらあざといほどの筋書きを実人生で送ったようです。

いくつかの場面で泣かされました。

クイーンを知らない私でも感動を覚えたのですから、リアルタイムで聞いていた人には、これは万感胸に迫るかもしれません。

良かったです。

松本山雅 J2優勝 & J1昇格

2018 年 11 月 19 日

松本城

今シーズン最後のゲームで我が松本山雅が優勝そしてJ1昇格を決めました。

決定力のなさは相変わらずで、上がっても苦労すると思いますが、ともかく昇格おめでとうございます。

世界一美しい昆虫図鑑

2018 年 11 月 17 日

つい最近買った本なんですが、「世界一美しい昆虫図鑑」ていうんです。

有楽町の無印良品で見つけて、アマゾンで買ったんですが、これが本当に美しい。

昆虫図鑑

こんなページや

昆虫図鑑

こんなページが250ページくらい。

蝶もあるんですが、甲虫が美しい。

それに図鑑と言いながら、ページがとてもグラフィックなんです。

今までこんな昆虫図鑑はなかった。

この図鑑で虫の名前を調べようとするのは、あんまりおすすめしません。

ひたすら眺めるための図鑑です。

甲虫の構造色は生体とは関係なく死後も色褪せることはありませんから、こんな撮影が可能なんですが、わかっていても誰もやらなかった。

近頃見た写真集では出色です。

クリストファー・マーレーさんという写真家の作品です。

観天望気

2018 年 11 月 1 日

うろこ雲

今朝七時頃の人形町の空です。

きれいなうろこ雲、秋の雲です。

うろこ雲のウンチクはよそにおまかせするとして、この雲が出るとお天気は下り坂。

「天気予報なんざ、半分当たればおんの字よ」なんて言われていた時期は結構長くありました。

地元の農家や漁師のお父さんが空を見上げて雲を眺め、その流れる方向を見つめながら「こりゃ、午後から雨だわ」なんて言う予想はほんとに良く当たったものです。

狭い範囲の天気予報は気象庁発表の予報より地元の一次産業従事者への信頼が厚かった時代はそれは長く長く続いていました。

いわゆる「観天望気」という奴ですね。

農家、漁師に限らず山に登る人、ヨットに乗る人、グライダーで遊ぶ人たちはみなこの「観天望気」と天気予報を自らの経験でかき混ぜて天気を予想していたものです。

それが今では、はるか洋上に発生して北西に進んでいる台風が千キロ先で北東に向きを変えるなんてことがピタリと当たる時代です。

天気予報も各地方の大まかな予報ばかりか、町単位での予報まで無料で手に入る時代です。

五分おきの雲の動きが全国どの地域のものでもオンタイムで動画で見られます。

天気予報ぐらい発達した科学はなかなかないんじゃないでしょうか。

当たらないのは地震の予知、これは当たる時は来ないでしょうというのが私の予想。

こどもの頃、原っぱに寝転んで飽かず雲を眺めていた頃が自分にもあったなんて、なんてきれいな心だったんでしょう。

今が汚れたというわけでもないんですが、あの頃の心持ちは、今とは別物ですよね。

今日から11月です。