2016 年 7 月

Paco de Lucia

2016 年 7 月 27 日

映画パコ・デ・ルシア

映画を見てきました。

号泣しないように十分気をつけて見てきました。

パコとパコの共演者たちへのインタビューで構成された映画です。

パコを初めて知ったのはもう随分昔です。
車のラヂオから聞こえてきたギタートリオの演奏に心臓を撃ち抜かれました。
しかし、その演奏が誰なのか知る由もなくて、凄いギタリストがいるものだなあと感心するばかりでしたが、
ある時音楽に非常に詳しい友達にその話をすると、多分それはパコ・デ・ルシアという人だと教えてくれました。
それですぐ秋葉原の石丸電気へ行って事情を説明して、詳しい友達がパコ・デ・ルシアじゃないかと教えてくれたんですが、、、
と言うと、その店員さんも多分間違いないですね、と言いながら一枚のCDを持ってきて、演奏は多分これだと思います、というじゃありませんか。
その場で封を開けて視聴すると、まさに、あのラヂオから聞こえてきた演奏に間違いありません。
Friday Night In San Francisco

私の友達も凄いけど、石丸電気のお兄さんも凄いなあ、などと感心したのがパコとの出会いです。
その後、私にパコを教えてくれた友達がラヂオのエアチェック音源をカセットテープに入れてプレゼントしてくれたのが、
伝説となっている、大雨の田園コロシアムでのチックコーリアとパコ・デ・ルシアのバトルです。
大雨の中なかなか始まらない演奏を待つ観客の「パコ〜っ! パコ〜っ! パコ〜っ!」と叫ぶ声。
日本での演奏会じゃないみたいです。
あまりの雨の激しさにチックコーリアはピアノにカバーを掛けて楽屋に一時引っ込みます。
その時ずっとチューニングをしていたパコが大雨の音と大歓声の中で突然演奏を始めるのです。
すごい演奏です。
するとその音を聞いてチックも出てきます。
カバーを外して、パコのギターに呼応するようにピアノの鍵盤を叩き始めます。
二人の演奏に合わせるように雨が小降りになり、やがて上がります。
こうして、あの伝説的な名演奏が繰り広げられたのです。

随分時が経ってパコ好きの知人にその音源を分けてあげたのですが、
彼はそれを、それから何年かして日本へ来たパコにプレゼントしたそうです。
するとパコは「この演奏は覚えている」と言ったそうです。

これは私のパコ体験ですが、映画はパコの共演者たちのパコ体験が次々に語られる構成です。

そして最後にチックコーリアが言います。
「彼はフラメンコとかジャズとかいうジャンルを超えている存在なんだ。彼はパコ・デ・ルシアというジャンルなんだ」

素敵な言葉じゃないですか。
共演者にこんな言葉を贈られたら。。

もう号泣しそうです。

 

梅雨晴れ

2016 年 7 月 24 日

両国橋から

久々に見る青空です。

花火の支度ができた両国橋から下流を望んでいます。

船は東京湾での釣りを終えて、戻ってきた乗り合いの釣り船ですね。

このくらいの人数だと、ゆうゆう釣りができてよかったでしょう。

一方船宿はこの人数では採算が取れてないのかも。

週末はこの釣船も花火見物の客を乗せるんでしょうね。

お天気だといいけど。

人の写真ばかりで恐縮ですが

2016 年 7 月 22 日
ウィーンのひまわり

@Schifter

IMG_0659

ウィーンのひまわり畑の写真が送られてきました。

上の写真、ソフィアローレンとマストロヤンニの映画「ひまわり」を思い出しますね。

切ない映画でしたね。

人間を見てしまったソフィア・ローレンとその後ろのひまわりの群生。

1枚の写真としても見事でした。

ハリウッドでは作れない映画でした。

最近のハリウッドの映画はエンタテイメントとしては良く出来ていますが、それだけですよね。

それだけでいい、という意見もあるでしょうが、私は映画にもっと求めたい。

田沢湖

2016 年 7 月 19 日
辰子像

@k.masako

日本一深い湖、田沢湖に立つ辰子像です。

この湖が何故深いのか、それはこのやがて龍になる辰子姫伝説を調べてみてください。

ターナーが喜びそうな雲と日本一深い湖と辰子姫。

作者はあの舟越桂の父、船越保武です。

これをこしらえる時舟越保武が辰子姫伝説を知らないはずはないのになぜ西洋風の衣装なのか、ちょっと不可解。

私感ですが、息子の桂のシックな色合いの木彫像に変えるてのはどうでしょう?

この景色に合うと思うけどなあ。。

都知事と堤防とラーメン

2016 年 7 月 17 日

隅田川

今、隅田川の両岸は耐震補強の真っ最中です。

わたしは5月末から10月いっぱいの間はここをジョギングコースにしていますが、この工事の間は写真のような塩梅で走ることができません。

工事は全区間一斉にやるわけではなくて、橋と橋の間ごとにやっていくようなので、工事をしていない橋と橋の間を走ることにしています。

二代続いて金の問題で辞任に追い込まれていった都知事ですが三代前の石原慎太郎都知事が隅田川のこの美濃部都知事時代に作られたカミソリ堤防をスーパー堤防に変えるとぶちあげたんですが、それが今スーパー堤防ではないんですが、補強を始めているんです。

この堤防が決壊すれば我がスタジオも水没しますから、これはありがたいことです。

石原、猪瀬、舛添の誰の時にこの事業を決めたんでしょうね。

これは随分英断だと思いますが、こういうことはあんまりニュースになリません。

悪事は千里を走っても善行は這うほどのスピードでしか伝わらないんですねえ。

 

ところで、スパつながりということでもう一つ。

スパゲッティーを重曹を溶かした湯で茹でると、ラーメンになるって知ってました?

私もネットで見つけたんで、私の発見ではないんですが、どうもホントらしいですよ。

ここです