2015 年 8 月

先行きは

2015 年 8 月 24 日

御茶ノ水

昨日午後、聖橋から上流へ向けて。

川の中で大々的な工事。

怪しい雲行きでしたが結局雨にはならない一日でした。

夕方は風も涼しくなり秋が近づいてきている感じですね。

システム変更の方は相変わらず、レンズはとりあえずの三本は揃いましたが、ボディが払底しているようです。

カメラマンがカメラのない状態が続いています。

昔駆け出しの頃、よく言われた冗談に「コピーライターは私はコピーライターだと宣言すればコピーライターになれるけれども、カメラマンは機材を揃えないとカメラマンですと宣言できない」そう言って乏しい資金から中々機材が揃わない自分たちを自虐的に笑ったものですが、カメラマン人生の終盤にきて同じようなことを繰り返すとは。

まあ、食えないことを覚悟して選んだ道ですからこれで順当といえば言えます。

名前も無しによくここまで続けてこられた、とも言えます。

先行きはこの雲行きのごとし。

ヤフオク次点詐欺

2015 年 8 月 20 日

カメラのシステム変更を企んでいることは何度かここに書きましたが、
その過程でヤフオクも利用しておりました。
ここで、あるレンズのオークションで私が次次点となって終わったのですが、
その後下のようなメールが来ました。A

正直、これを見た時「ラッキー!」と思ったんですよ。
でもすぐに「待てよ」と我に返りました。
fromとtoが怪しいですよね。どう見ても同報メールを送っている。
また、この出品者は何故わたしのメアドを知ったんだろうか?
答えは簡単です。
ヤフオクではハンドルネームの後ろに@yahoo.ne.jpをくっつければそのハンドルネームの本人にメールが届いてしまうんですね。
で、気付きながらちょっとこれを引っ張ってみようと思いました。

A1

まあ、こんな返信をしたんですね。
そうすると、また下記のようなメールが来ました。

B

ね、丁寧でしょう。
オークションで競り合って、僅かな差で競り負けたところへこのメールでは引っかかる人もいるでしょうね。
そこで、このメールに対して私は下記のような返信を返しました。

B1

このメールの意味はですね、「自己紹介」というところにあるのです。
これは自分のオークションブースにある自己紹介欄でこれは本人でないと書き込みはできません。
仮に他人がやるとなれば、ヤフオクのサイトをハックして潜り込まないと出来ないわけです。
それほどのスキルのある人は正業でいくらでも稼げるでしょうから、こんな詐欺には手を染めないでしょう。
個人情報を先に開示しろ、というのはおまけみたいなもんです。

案の定この後、メールは途絶えました。
またヤフオクの出品者の自己紹介欄には何も書き込まれませんでした。
まあ、わたしはここで詐欺に引っかからなかったんですが、更に手の込んだ詐欺があるようなのですね。
この詐欺者は他人の出品者になりすまして、詐欺メールを送ってきましたが、これを出品者本人がやる場合があるらしいのです。

つまりヤフオクのアカウントを二つ取って、一つで出品し別の一つで落札する。
自作自演ですね。
そうしておいて次点者にメールを送る。
この場合、私がやった自己紹介欄への記述も出来るわけです。
まあ、それはこんな値段のものではやらないでしょうが高額の取引には注意が必要ですね。
ヤフーメールに来た美味しい話には乗らない方がいい。
ヤフオクのシステム上のやりとり以外は信用できません、というお話でした。

 

遅々として進まず

2015 年 8 月 16 日

箱根の蕎麦屋

SONYのα7R IIへのシステム変更が遅々として進みません。

ま、基本は資金不足なんですけどね。

前にも書きましたがレンズは広角、標準、望遠の各ズームで三本。

単玉が90マクロと新しい作品用に35ミリ、とまあ始めは五本体制で行くつもりなんですが、どうも資金繰りがうまくいかない。

全部揃えても100ちょっとの資金繰りがつかないで喘いでいます。

まあ、いざとなればギンイチLIKEがありますから、レンタルで凌ぐという手はありますけれどね。

始めはボディ1台レンズ3本体制でスタート、てな感じになりそうです。

基本貧乏な上に夏枯れで、にっちもさっちもいかない状態です。

水瓶の中で一生を終えるこの草だって元気に生きているんだから、贅沢は言えません。

ひねり出し、絞り出しても作品は作らなければね。

彫刻家よりお金はかからないんだから。

システム変更

2015 年 8 月 6 日

いよいよ明日発売になるSONYのα7R II、今後、仕事は全てこのカメラのシステムに変更します。

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
FE 70-200mm F4 G OSS
FE 90mm F2.8 Macro G OSS
Carl Zeis Loxia 35mm F2 E-mount

こんな構成を考えています。
ツアイス三本、Gレンズ二本の構成。
何本かはすでに入手済み、仕事はすぐに始められます。
皆様、お待ちしておりますですよ。

C社からは完全に離れました。
こんなにもあったかと思うほど、C社の細かい機材まですべて処分しました。
N社からC社に移行するときはなんとなく心残りと一抹の心苦しさがあったんですが、今回はそういう気分は全くありません。
むしろ、せいせいしているのです。
この感情はなんなんだろう?
分析はできますが、そこは言わぬが花でしょう。

ありがたいのはSONYにはまだまだ揃っていない小物(例えばベローズ等)もN社のものが使えるので、特殊な撮影にも対応できると考えています。

ついでにスタジオのライトもクリップオンストロボの構成からLEDに変更、タングステン時代のように実際のライティングを見ながらの撮影に代えました。

人生最後のシステム変更ですね。

あとは仕事、だ!

ここが手強い(^_^;)