2013 年 7 月

本気

2013 年 7 月 26 日
Honda

Hondaのサイトから

一時は世界を席巻した日本の二大メーカー、ホンダとソニー。

それが元気がなくなって久しいのですが、このところ再びその竜虎が本気を見せはじめたようです。

SONYはカメラでDSC-RX1、HondaはF1参戦。

なんだか嬉しい。

そしてホンダのサイトに、アイルトンセナが世界最速を出したときのエンジン音が聞かれるようになっています。

ステンマルクとアイルトンセナ、ジャンルは違ってもこの二人が王者だと思うのはわたしだけでしょうか。

泣けます、この音!

ここでどうぞ。

映画二本

2013 年 7 月 21 日
銀座

iPhone4S

きのうは空が高くて、まるで秋の空のようでしたね。

このところ映画を立て続けに見ました。

一本目は、二十代の頃に読んだヘイエルダールの「コンティキ号の冒険」を映画化したもの。

二本目はきのう初日のジブリの「風立ちぬ」

映画を見ない時期が三十年ぐらいありましたが、この頃また映画を見るようになりました。

意識してそうしているわけではないんですが、何故か映画を見ない時代があったんですねえ。

映画の感想は言いません。

Bavaria

2013 年 7 月 16 日

ウイーンの友達から写真がおくられてきました。

Bavariaへ行ったそうです。

日本ではバイエルンと言った方が通りが好いですよね。

標高1200メートルの草原を走っているときに撮影したそうです。

まだ牛に食べられる前の牧草地の花たち。

ドイツもきれいですね。

写真は全て@Michael Schifterさんです。

新盆

2013 年 7 月 14 日

新盆

東京じゃあこういう白張り提灯を下げるのは新盆の時なんですよ。

このお宅で通夜も葬式も行われませんでしたから、うちうちで密葬されたんでしょうね。

それでもこうやって白張り提灯を下げることで、どなたか亡くなったことが分かる。

仏も戻ってこられるということなんでしょう。

きのうから、お盆つながりで。

昨日今日の撮影はiPhone4Sです。

迎え火

2013 年 7 月 13 日

人形町ではまだこんな風景が見られます。

スタジオの露地を出た通りだけは、こんな事をするお宅がまだ何軒かあります。

以前に深川清澄の迎え火のことを書いたことがありましたけど、今度は地元です。

一枚目の写真は小皿に茄子のきざんだものと水と葉っぱ、二枚目は迎え火、三枚目は迎え火の中に茄子のきざんだものを入れているところ。最後は葉っぱを水に浸して迎え火に振りかけ火を消しているところ。

二十年ほど前までは「おむかえ〜、おむかえ」という売り声で、おがらを売りに来たりしていたんですけどねえ、今はもう来ないですねえ。

13日の盆の入りに迎え火をたいて仏を迎え、16日に送り火をまた焚きます。
その時にほうろくをまたぐんですね。

わたし便乗して、他所の迎え火で、おふくろとオバアチャンを迎えました^_^;

まあ、いい風習ですよね。

あぢぃ〜

2013 年 7 月 12 日

こんな暑いのにもめげず、朝は川原を走っています。

今朝はテレビ映画の撮影をしていました。

発泡で拵えた着ぐるみを着て悪漢役の若者が何人も「やあっ!」とか言って頑張ってましたが、発泡の着ぐるみなんか着て大丈夫なんですかね、この暑さに。

ことし、浜町公園、清澄公園ではまだセミの声は聞こえません。

それにしても、あついあつい。