2013 年 4 月

DP2 Merrillでのモノクロ

2013 年 4 月 30 日

折れ口があって、松本へ行ってきました。
久しぶりに穂高へも足をのばしてきました。

で、旅行の前に、以前から気になっていたことをちょっとメーカーに問い合わせてみました。
そんなの自分で検証しろ、と言う声も聞こえそうですが、ま、メーカーの意見も聞くに越したことはないだろうということで。

>株式会社シグマ カスタマ-サービス XXXX さま
>・製品名 (DP2 Merrill)
>・マウント名 (シグマ)
>・シリアルナンバー (9041XXXX)

>SPPでモノクロ現像する場合ですが、撮影時にカラーモードでB/Wを選んで撮影す
>場合と、他のカラーモードで撮影する場合とで、
>モノクロ現像の仕上がりに違いが出ますか?
>画質はどちらの場合もRAWとします。
>以上よろしくお願い致します。

と、問い合わせてみたのです。

まあ、RAWで撮影するのですから、どっちでも一緒、と言う答を予想していたのですが、返事は以下のようでした。

いつも弊社製品ご愛用頂きありがとうございます。
SPPでモノクロ現像される場合はカラーモードで撮影されて白黒にされるよりは
B/Wで撮られた方がハイライト部からシャドーまでのトーンの再現性が良好な画像が得られます。

以上、ご連絡申しあげます。

…………………………………………………
株式会社シグマ
カスタマーサポート担当 XXXX

ちょっと意外な回答でした。
わたしは真に受けていないのですが、
今までなんとなくモノクロで撮影していましたから、これからもそうするつもりです。
検証は皆様それぞれにお任せしますが、モノクロ撮影に関するシグマの見解を一応お知らせします。

追記:確かに吐きだされる絵に違いがあります。両者の間にはコントラストに違いがありますがB/Wで撮影した方がの高い絵を吐きだしますが、階調が豊かかというと、微妙です。
その程度の差なので、どっちで撮ってもいいんじゃないかと。
B/Wでとれば、ライブビューがモノクロなのでフィルム時代には体感できなかったモノクロで見えているファインダーで撮影できるということですね。
フィルムでモノクロになれていない方々には便利ですね。
神経質になるほどの差はないと言っておきましょう。

Wien通信 2

2013 年 4 月 24 日

再びウイーンから写真が送られてきたので。

あちらでは今、さくらが満開だそうです。

二枚はウイーンの世田谷公園。

チューリップの後にひっそりと佇むのはわたしのアイリス。

よその家に自分の作品が飾られているのはうれしい!

(写真はすべて©Yumiko & Michael Schifter夫妻の手によるものです)

Wienの春

2013 年 4 月 20 日

最近は自分の誕生日を意識することが無くなったばかりか、忘れていることさえあります。
でも、友達は覚えていて、電話をくれたりハガキを送ってくれたり、メールが届いたりします。
わたしは人の誕生日を忘れていることが多いのに、友達はわたしの誕生日を覚えている。
なんだかすまないような気持ちです。

ウイーンから写真を添えて「おめでとう」が贈られてきました。

ありがたいことに

2013 年 4 月 14 日
茅場町の空

茅場町からの空

ありがたいことに、展覧会が終わっても、まだ注文が入ります。
「うらら」さんに預けてきたカタログから注文頂いているようです。
ちょっと、ニューヨークっぽい、かも。

ついでですから、わたしがニューヨークのBonni Benrubi Galleryというところに作品を預けていたときのお話をしますね。

先ず基本的に向こうではギャラリーのレンタルスペースというのはありません。
お金を払えば展覧会が開ける日本の事情とは大分違います(当時のはなしです)。
無名の新人が展覧会をしたければ、作品を持ってギャラリー廻りをしなければなりません。
わたしの場合それを現地に住んでいた友達がやってくれました。
そこで気に入ってくれるギャラリーが見つかれば、そこに写真を預けます。
ギャラリーには写真家ごとの抽斗があって、そこに作品がブックマット加工された形でストックされています。
勿論そういう加工の一切はギャラリーがします。
日本のようにマット加工や額装を写真家に求めることはありません。
フィフティーフィフティ、と言っても、写真を作るところから先のこと、額装や展覧会の案内やその発送、売れた作品の郵送代などすべての経費はギャラリーが負担します。
もちろん契約によって変わることもありますが、基本は写真家は写真を作るところ迄、その先は全部ギャラリー、と言うのが一般的です。
ですからギャラリーが写真家を選ぶ目もシビアになります。
結果、自分の所で抱えているコレクター達が気に入りそうな作家しか選びません。

コレクターは展覧会のない時はギャラリーの引き出しを開けて、自分の欲しい作品を選ぶわけです。
そこである程度売れる写真家だと評価されると、ギャラリーが展覧会を企画します。

ですから、当てずっぽうに入ってくるお客を相手にしていませんから、ギャラリーは場所の良いところの一階にあるという必要もないわけです。
Bonni Benrubi Galleryはビルの外のインターホーンでロックされたドアを開けて貰い、三人ぐらいで満員になりそうな小さなエレベータでギャラリー迄上がると言う風でした。

わたしは五年ほど預けていましたが、その間個展は企画して貰えませんでした。
ギャラリーの企画展には何回か展示して貰えました。

–「SUMMER SALON」Pictures we like–という企画展の時、Robert Mapplethorpeと同じ壁面に写真が並んだのと、高校生の女の子が父親の誕生日プレゼントに作品を買い上げてくれたのとが、一番の思い出です。

日本でそういう風に写真が扱われ、コレクターが育つ日は、たぶん来ないのじゃないかというのがわたしの考えですが、悲観的すぎるでしょうか。

横木安良夫さん達が、なんとか日本の写真事情を好転させようと活動されていますが、わたしも初回には参加させて頂き完売しましたが、さて、あれが根付くかというとちょっとむつかしいかもしれません。

とりとめが無くなりましたが、まあこのあたりが、写真の本場の事情です。

展覧会 後記

2013 年 4 月 10 日
八重桜

人形町の八重桜

昨年末から今回と短期間に二度の展覧会を終わっての総括を少し。

先ず、場所が千葉県佐倉市であったということで、東京とは展示方法、展示作品のグレード、展示様式について考慮した方がいいだろうと、ギャラリー側と打ち合わせた結果、今回のような形となりました。

先ずオリジナルを並べて、一点三万円以上の値付け、では売れないだろうというのが、わたしとパトロンとの一致した意見でした。

そこで、11月の「うらら」さんでは、A4ジェット出力の汎用紙を用いた展示即売方式で、展示もノンフレーム。
ブックマット加工のままを展示する方法で、一点5千円。

先月のDIC川村記念美術館の時は、真逆にそうもいかないだろうと言うことで、サイズはそのままプリント紙はハーネミューレのフォトラグ、アクリルフレームで額装。
ただし値段は据え置きで、額装代として3千円をプラスして合計8千円(送料込み)としました。

ジェット出力なら、まあまあ、適正価格であろうかと思います。
インクジェットで出力したものを何万もの金額で販売するのは、わたしには抵抗があります。
いくら気を使っても、所詮は印刷であろうというのがわたしの考えです。
このあたり、もちろん異論のある写真家はおられると思いますが、わたしはそう考えます。

で、結果ですが、東京でやれば3〜8万の値段でオリジナル展でも30点ほどは売れた実績があります。

今回も両展あわせて、ほぼそのくらいの数は出ましたが、この単価からわたしのギャラリー迄の、交通費(馬鹿にならない)、食費、ブックマット加工費、送料、雑費を引いては、僅かな黒字という結果でした。

今回はパトロンの強力な後援がありましたから、それでも僅かでも黒字を出すことができましたが、もしパトロン無しで単独開催であれば、当然、赤字でした。

同時に、買って頂いたのはすべて案内状をお出しした方々です。
ある意味これらの方々も、わたしのパトロンと呼べないこともありません。

ふらっと入ってこられて、二点購入して下さった方は、ただお一方。

ただ、川村美術館での開催ということで、入場数はたぶん、過去最大数ではなかったかと思います。
会場に入ってこられる人が切れない日もありましたから、これはすごいことでした。

まあ、極めて内輪のお話ですが、これから展覧会を予定している方々へ、内情を開示してみました。

以上。