2012 年 6 月

DIY バードコール

2012 年 6 月 30 日
bird-call2

部品

それでは、バードコールの作り方を説明します。

ググれば幾らでも出てきますが、敢えて分かりやすく。

左の木片は桂の丸棒、長さ30ミリ、直径25ミリ、30センチのものが200円くらい。

右の金具はアイボルトと言います。
ネジ径6ミリ、足の長さは13ミリ、100円くらい。

いずれもハンズやコーナン、その他のホームセンターにあります。

ネット上には木片は堅い方がいいという記述が多いですが、桂が最適です。
堅すぎると、音の出るまでに時間がかかります。
桂に開ける下穴は5.5ミリにして、穴は突き抜けても突き抜けなくてもどちらでも。
下穴の入り口付近をリーマーで少し拡げます。
リーマーがなければ、ナイフで少しずつ。

そうして、入り口の拡がった5.5ミリの下穴に、アイボルトの6ミリのネジを無理無理、廻しこみます。
発熱しますので、なんどかに分けて、ねじ込んで下さい。
この時音は出ませんが、 今度はそれを廻しながら外してきます。
この時既に音が出ることもあります。
後は、根気よくネジを廻してねじ込んだり、抜いたりを繰り返しているうちに、チュチュというスズメの鳴き声らしきものが発します。

浅いところと深いところで音の高さが変わりますので、それで鳥の種類を代えるわけです。

バードコールを笛と思った方が二、三おられますが 、一般にバードコールと言えばこの木と金属の摩擦で発する擦過音を出すものを言います。

アイボルトにはステンレスと鉄とありますが、桂には鉄の方が向いています。
ステンは400円以上しますしね。
あと長く使っていると、穴がゆるくなって鳴きが悪くなってきますが、そんなときはボルトに松ヤニを塗ってやれば、復活します。
作ってみようという方、松ヤニはたくさんありますから差し上げます。
シャボン玉にいれても、色がきれいになりますよ。

以上バードコール工作教室でした。
写真は昨日も今日もiPhone 4Sで、スタジオの地明かり、手抜きでスマソ。

「欲しい」が今のところゼロです。

追記
アイボルトは購入時にはさび止めのために、油が塗布されています。
そのままですと、摩擦係数が低くなっていますので、中性洗剤で油を落としてから、ねじ込むようにして下さい。

バードコール

2012 年 6 月 29 日
bird-call

バードコール完成品

山の中の温泉に行ったら、ウグイスやら名前の分からない鳥やらが啼いていました。

露天風呂につかりながら鳥寄せよろしく口笛を吹いてみたんですが、口笛がすごく下手になっていて、若い頃のように鳴りません。

そこで、帰ってきてから、これを作りました。

鳴きがいいのを選ぼうと、幾つか作ったんですが、みんな良く鳴きます。

ひとつあれば充分なので、近所のアウトドアおじさんにもひとつあげました。
知らなかったらしく、喜んでいました。
尤も、これに猫が反応して、スズメを探すので、おじさん 猫寄せに使ってますが{笑。

まだふたつ、残っています。そこで、欲しい方に差し上げます。

先着二名まで。
着順を明確にするため、コメントで「バードコールちょうだい」と送って下さい。

後で作り方、解説しますね。

Lightroom 4

2012 年 6 月 27 日
隅田川

4S

遅ればせながら、Lightroomをver,4にしました。

使いやすく進化したみたいです。

特にシャドウ、ハイライトはかなり使いやすいですね。

Photoshopの知識が無くても、直感で望む絵作りができます。

隅田川になにやら大がかりな工事が始まるみたいです。

何ができるんでしょう?

楽しみです。

またまた

2012 年 6 月 23 日
銀座

4S

四、五日前まで知りませんでした。

銀座の「くのや」が閉店していました。

銀座で和装小物は、やっていけない時代が来たんですね。

銀座は着物屋とカメラ屋が多い町だったんですけどね。

和服屋関連はめっきり減りましたね。

記事と写真は関係ありませんが、銀座で撮影しました。

なんだかなあ

2012 年 6 月 22 日
もっとデジイチ

写真縮小しました

久しぶりのメディア露出です。
この週刊誌の「煙特集」に作品掲載依頼が来て、二点ほど貸し出しました。

ま、それはいいんですが、近頃の雑誌編集者の取材方法にちょっとびっくり。

ネットで検索して私を見つけ、メールで打診。
その後、電話取材(取材の電話をしてきた記者は明らかに写真に関して素人)。
それから、メール添付のpdf で校正チェック。
それで一切の取材終了。

今どき全部がこうだとは思いませんが、凄い省エネ取材です。
しかも、12日発売の週刊誌の掲載誌が送られてきたのは22日。

なんだかなあ〜、、、でしょ。

玄光社のような丁寧な応対になれていると、大分面くらいます。

貸し出した写真はGalleryにあるSmokyシリーズです。