2011 年 9 月

潮位が

2011 年 9 月 30 日
隅田川

iPhone3Gs

朝隅田川をウオーキング、今日はまた夏の暑さだったんですがそれはそれとして。

今日は中潮、大潮ではないんです。いやに潮位が高いので歩いているときは大潮かな? なんて思っていたんですが戻ってきて潮汐表を見ると中潮。大潮の満潮より更に潮位が上がってました。
これほど潮位が上がるのは台風とか強い低気圧でも上空に来ていないと起こらない現象です。遊歩道の清洲橋から両国橋間はほとんど水をかぶっていました。

なんでしょ?

ちょっと気持ち悪いですね。

まあそれだけのことと言えばそれだけのことなんです。

メルトダウンは起きないことを前提に(ETV特集)

2011 年 9 月 26 日

「メルトダウンは起こらない事を前提に原発の安全性について議論」

「感電しないことを前提に電気の安全性について考える」

「ガス中毒は起きないことを前提に都市ガスの安全性について考える」

「10メートル以上の津波は起こらない事を前提に堤防の安全性について議論」

全 部 冗 談 ?

通信障害

2011 年 9 月 22 日

昨日の夜突然、インターネットにつながらなくなりました。
ルーター疑ったり、設定書き換わっちゃったかしら、とかいろいろやってもつながりません。
あきらめて寝たんですが朝になってもルーターのアンテナが立っていない。
今村昌平思い出しちゃいましたよ。ま、そんなことはいいとして。
結局、UQWiMAXの通信障害だったらしいです。
それもつながったから、わかったんで、つながらなければいつまでもわからないところでした。

まったく (-_-メ)

虎ノ門病院病室からの風景

2011 年 9 月 16 日

虎ノ門病院病室からの風景

快晴、猛暑のこの日、虎ノ門病院の某病室からの風景です。
この快晴の景色を汗をかきながら信号待ちして眺めるのと、病院のベッドから窓越しに眺めるのとではずいぶんその感じ方に違いがあります。
病院の窓から眺めるのでも、退院を前にして眺めるのと、手術を前にして眺めるのとではまた違いますし、余命を宣告されて眺めるのではまた一段と違うでしょう。
おなじ風景が立場を変えると、胸への収まり方が変わります。

何か言いたいわけではなく、この快晴の景色を見ていて、そんなことを思っただけなんです。

それにしても見事な晴れっぷり。

一応おことわりしておきますが、わたしが入院しているわけではありませんので。

姫路行

2011 年 9 月 14 日

工事中の姫路城

そして、今回の旅の本命は姫路。

抱一の展覧会を見てきました。

お城はこの通り修復工事中。昭和の大改修からずいぶん経つのと、やはり世界遺産に登録されたので、化粧直しということらしいですよ。それにしても大きな城です。
昭和の改修を手がけた鹿島建設が今回も一社入札みたいです。
四角い囲いの中はエレベータなんかもあって、屋根の修理とか見学できるみたいです。

四角い箱を、白鷺城が屹立する様に置き換えてこの写真を見てください。
いい景色でしょう(笑。

姫路は京都よりも暑かった。

清水寺

2011 年 9 月 13 日

清水寺

京都が初めてなのですから、清水寺も初めてです。
もちろん、舞台も上がってみました。

シーズンオフの観光地は、工事中が多い、というのが感想です。
時季ははずれていても、観光客はたくさんいました。
修学旅行とおぼしき女子校、男子校。
栄養のゆきとどいた外国人観光客、おしゃれな人、そうでない人。
いろいろでしたが、総じてみなさん、暑そうでした。

南禅寺

南禅寺です。
下の人物、もう少し出ていたらなあ、と、あとで思いました。
今回一眼レフは持たずにS95だけで行ったのですが、順光気味になると背面の液晶はほとんど見えなくなり、当てずっぽうの構図になります。
記念写真屋さんも今時はEOSでしたが、それでも「かぶり」をかぶっていたのは、やはり液晶が見えにくいからでしょうね。昔ながらの光景でした。
カメラにはファインダーがほしいですね。
そこで普段でも、シグマDP1の28mmファインダーを付けることにしました。 その為にはプチ改造が必要になりそうです。