2011 年 7 月

HERB & DOROTHY

2011 年 7 月 31 日

ハーブアンドドロシー

佐々木芽生という日本人女性が制作し監督したドキュメンタリー映画を見てきました。

ニューヨークの1LDKのアパートに暮らすハーバート・ヴォーゲルとドロシー・ヴォーゲルという、老夫婦の生活を綴ったドキュメンタリー映画です。
ただ、この夫婦が全米のアートシーンでは知らない人が居ない程のコレクターだというのがこのドキュメンタリーの核心です。
結婚以来40年、妻ドロシーの図書館司書としての給料を二人の生活費に充て、夫ハーブの郵便局員としての給料の全てを美術品購入に捧げてきた二人の生活をそれを買って貰った美術家達へのインタビューを軸に撮影されています。
彼等が作品購入に際して決めていたことは1:自分たちの給料で買える金額であること、と2:彼等の住むアパートに入る大きさであること、の二点でした。

それでも二人がその四十年間に収集した絵画、彫刻、その他のミニマム、コンセプチュアル作品の数は 実に4000点を超えています。買った当時無名の作家達は四十年後には有名になった人たちもかなり居て、値段も高騰して、それを譲って欲しいというコレクターや美術館も多々あったようなのですが、彼等は一切集めた作品を売ることはしませんでした。
ある作家は彼等のコレクションを表して「コレクションそのものが彼等の作品なんだからそれを一部売ると言うことは、わたしが私の絵を一部分切り取って売るようなもので、それでは作品全体が壊れてしまうから、それは出来ないのだ」と説明していました。

映画の宣伝コピーによればその1LDKのアパートには「楊枝一本の隙もない」ほどコレクションで溢れていた、と書かれています

ドキュメンタリーはやがて二人がニューヨークのナショナルギャラリーへ全コレクションを寄贈する場面へ移っていくのですが、ナショナルギャラリーでも全てを収納することはできず、全米各地の50の美術館へ50点ずつ寄贈するという事になります。
ハーブとドロシーがニューヨークナショナルギャラリーに寄贈を決めたのは、そこが収蔵品を決して売らないという規約があったのと、入場料が無料であるという二点 でした。

ナショナルギャラリーの入り口壁面に巨大な説明書きがあり、そこにハーブとドロシーのコレクションであることが銘記されています。

巨大なこの壁の前に手をつないで立つ二人の後ろ姿が、映画のラストシーンです。

私はこの映画に、異常に感動しました。
ただその感動がなんなのか、はっきりわからないのです。
分かることはこの感動の種類が、名演奏を聴いた時や、素晴らしい美術品に出会ったときの感動と一緒なのだということ。

おすすめしたい映画です。

ステンレス球

2011 年 7 月 29 日

隅田川伊藤さんの所の追試
何度も「Photoshopだけで、できますよ」と言うのも、気が引けるので、ひっそりとチップを上げます。
このステンレス球を作るには前回のリトルプラネットとほぼ同じですが、極座標を二度かけるところがキモです。
更に球をステンレスらしく見せるには空が明るく、太陽などが写り混んでいると尚ステンレスの球らしくなります。

1 背景にある写真を複製します
2 複製した写真を正方形に切り抜きます
3 正方形になった写真にフィルター→ 変形→極座標→極座標を直交座標に
4 それをイメージ→画像の回転→カンバスを上下に反転
5 再びフィルター→変形→極座標→直交座標を極座標に

これで、中央に背景の写り混んだステンレス球が出来上がりますから、
それを丸く切り抜き、元の背景画像に重ねるとできあがりです。

実はこれを景色でやるといかにも作り物っぽいので、むかしこんなフォトイラストレーションで使っていました。

UV-Photography以上、再びPhotoshopチップスでした。

DeLOCK 61796

2011 年 7 月 28 日

既出ですがDeLOCK 61796について少々。

Eye-Fi Pro X2はSDカードでありながら、そのカード内のデータを無線でパソコンに飛ばせるのでEOS使いにとって、非常に便利なのですが、問題はこれがSDカード準拠だということです。

Eye-Fi Pro X2

Eye-Fi Japanより拝借

1D系を仕事でお使いの向きには、カード室がダブルスロットなので問題ないのですが、5D2を普段仕事にお使いの方にはCFスロットのみなのでこの安価で安定した無線ランが使えません。しかたなくUSB接続でカメラとパソをつないでいる方がほとんどだろうと思います。
中には95000円もするEOSの純正ワイヤレストランスミッター(WFT-E4ⅡB)をお使いの方もあろうかと思われますが、あれはプロの機材としてちょっとね、という感じでしょう。
5D2を仕事に使う方の主な理由は1D系の大きさ、重さが負担で多少スペックは落ちても取り回しのいい5D2をお使いなのだろうと 思われます。ところがWFT-E4ⅡBをカメラに取り付けると馬鹿な大きさになります。
これはただ無線でデータが送れるというだけで、仕事上の利便さなどはまるで考慮されていません。

ならば、Eye-Fi Pro X2をアダプターに入れてCF変換すればいいと普通考えますが、国内で販売されている変換アダプターはどれもEye-Fi Pro X2の電波が飛ばないばかりでなく、それを使うとカメラがカードの認識すらしなくなりますので、結局今まではCPの良いこのカードを指をくわえて横目に眺めているだけだったのですが、ようやく5D2でもこのEye-Fi Pro X2が使えるようになりました。

ドイツのDeLOCK 61796アダプターです。これによって5D2だけでなく、CFスロットしかないカメラでEye-Fi Pro X2が使えるようになりました。ただし、国内販売がなかったのです。直販サイトは外国への発送もしていませんでしたから、B&Hなどから個人輸入するしかありませんでした。価格は6000位。プラス送料ですね。ただこれでも、純正のWFT-E4ⅡBの値段と比べれば1/10Eye-Fi Pro X2と合わせて1/5、しかもカメラの外観はそのままですから、これは有難いですよね。

その、DeLOCK 61796が国内で販売されるようになりました。しかも値段が3465円!!
驚きです。
更にこれ、Appストアで無料ダウンロードできるこのアプリを入れればiPhoneやiPadへダイレクトで画像を送れます。

Trascend_SDXC 64GB

Trascendサイトより

で、わたしはもっかのところ、このアダプターをこのTrascendの64GBのカードを使うために使用しています。
DeLOCK 61796はSDXCを読めるんです。
しかもアダプターを間に入れても、連写が可能て凄くないですか。さらにムービーも可能。CFに比べて格段に安いSDカードが使えます。
これでほとんどの撮影は途中でカードを差し替える必要はなくなりました。

DeLOCK 61796凄いです。

こういうもの何故国内ではできないんでしょうか?

例によっていい加減なわたしですから、正確な読み込み時間などは計測しておりませんが、Eye-Fi Pro X2でRAWを送ると、けっこうな時間がかかります。
従って、モデル撮影で使うのはちとキビシイかも。
わたしはスタジオで物撮りをLightroomに取り込みですか ら、まあそれほど不便は感じません。

むしろ、足にランコードを引っかけて、カメラを倒す心配がなくなるのはありがたい。

5D2でお仕事されてる方には超朗報です。

丸山寛之さんのブログ

2011 年 7 月 24 日
丸山寛之の「健康1日1話」

丸山寛之の「健康1日1話」

丸山寛之さんがブログを開設されました。
丸山さんとは古いお付き合いです。40年近くお付き合いを頂いています。

医療関係のジャーナリストとしての経歴は長く、その軽妙洒脱な筆致で医療関係者からも信頼の篤い丸山さんですが、ご本人の経歴その他はブログや著作に詳しいので、ここでは別の話を。

丸山さんは医療ジャーナリストであると同時に 、歩く病気の博物館のような方で、癌をはじめいくつもの病を身体にもちながら、その病気とうまく付き合うことで現在まで執筆を続けてこられました。
ご本人が病気をおもちですから、ジャーナリストとしての視点に患者の視点が加わって、医者から真に患者の知りたいことを聞き出せる 数少ない貴重なジャーナリストでもあります。

人は自身で経験しないと、頭では分かっているつもりでも、なかなか核心には触れられないものですから。

柳田邦男が子息を自死でなくした直後の講演で、「自分の評論活動が今思えば時として上滑りだったところがあったと、息子を亡くすという体験の後で気がついたことは、まことに浅薄であったと」述懐していましたが、それはそうなんだろうなあと思ったことを覚えています。

今年の震災、原発事故で節電が叫ばれ、過剰にそれに反応する異常な状況でもそういうことは起こりました。
地下鉄でエスカレーターを止めて、仰々しくロープなんか張ったりした駅がありましたが、そんな駅の駅長さんはきっと健康なんでしょうね、からだは。
そこで行われた「節電」には高齢者や乳幼児を連れた母親や障害を持つ人への配慮が全く感じられません。人はみんな健康だと思っているふしがあります。
その駅長さんの身内に足に障害を持つ人が居れば、エスカレーターをぜんぶ止めるという発想は出てこなかったでしょう。

もう一人の柳田國男が言った言葉は「いたるところに神がいることを信じ、お化けがいると心の底から思っていた時代の人々のことを調べようと思ったら、自分も神を信じお化けがいるという地点に立たなければ、決して理解できるものではない」というようなことを言っています。

経験が想像力に血を通わせます。
丸山さんのようなジャーナリストが本当の意味でわれわれが必要とする考えを、医療関係者から引き出して来られるのだろうと、思っています。

わたしが好きな丸山さんの著作は「この酔狂な医者たち」です。古本でプレミアがついて、いい値段になっていますが、一読をおすすめします。
わたしはこの本に丸山さんのサインを貰いました。
ちなみにわたしが著書にサインを貰ったのは、深沢七郎と山本義隆と丸山さんの三人です。

ブログロールに丸山さんへのリンクも張りました。

リトルプラネット

2011 年 7 月 23 日
リトルプラネット

Photoshop合成

伊藤さんの所で盛り上がっているので、別の切り口で。
場所は清澄公園です。
S95で撮影。
公園の真ん中に立って、手持ちでパノラマ撮影。
この十枚をPhotoshopでフォトマージュ合成したのが下の写真。

手持ち撮影なので地面が波打ってしまいましたが、まあ作例なのでこのまま強引に行きます。
リトルプラネットというのはソフトがあるようですが、ここでは昔からあるPhotoshop での手法で行います。
キモは二つ。

1 パノラマを真四角にします。その際、横はそのままに「画像解像度」から縦をのばします。
2 出来上がった縦にヘンテコに伸びてしまった写真の天地を180度回転して、逆さまにします。

キモはこの二点。逆さまにしないと出来上がる写真は円形の中側へ入り込むようなになり、逆さにすると、この様に地球の上に木や建物が乗った形になります。

最後にその逆さま写真にフィルター→変形→極座標、でできあがりです。

わたしのは強引でしたが、本来は地平線が直線になるように三脚に載せて撮影することと、フォトマージュをかけた時に周囲に出る透明部分はそこを選択して、塗りつぶし(コンテンツに応じて)をすれば、きれいなパノラマになります。切り抜きで長方形に取ると、始点と終点が合わなくなりますから、切り抜かない方がいいでしょう。

リトルプラネットでぐぐると、かなり秀逸な作品がたくさんヒットします。
本来は足元から天頂まで写っていると、球の部分もゆがまずに、美しい作品に仕上がります。

360度見渡せる場所で、高い建物が何本かあるとドラマチックになります。

久しぶりのPhotoshop チップでした。