2011 年 6 月

それ売って下さい

2011 年 6 月 28 日

道具立て先ずは道具立てから。
百均の傘は、ぱらぱらと落ちる実を受け止めるため。

その横の黒い取っ手の付いた棒は隅田川でスズキを捕るときに使うギャフですが、本日は枝を叩くために使用します。そしてステンレスのざるには採集した赤い実が入っています。

そうです、久しぶりに清澄公園でヤマモモ採りをしました。

ヤマモモこれがヤマモモです。

ヤマモモ途中経過です。

これから更に採りました。傘を逆さまに持ち、ギャフで枝を叩くと、逆さまに拡げた傘の中に実がパラパラと落ちてきます。これは一昨年、地面に落ちたヤマモモを拾っていて思いついた方法で言ってみればカザマメソッド(笑。

さて、白髪頭のおじいさんがこんなことをしていると、そこを通る色々な人が声をかけてきます。
一人はわたしと同年配の既に悠々自適の生活に入ったとおぼしき人。
「なにやってんです?」
「ヤマモモとってんですよ」
「食べるんですか?」
「ジャムにしようかと思いましてね。」「へえ」「ヤマモモのコンポート、買うとべらぼうなんですよ」
「なあるほど、深川には面白い人が居ますねえ。あたし浅草から来るんですがね」
まあこの人、ひとしきり喋っていきました。なんでも、浅草にはコーナンみたいな店が無くて、それでわざわざチャリンコで深川まで来るんだそうです。

次に来たのは保育園児の団体。毎朝この公園で遊ばせています。
それが、わたしを見て、引率の年配の先生が「このおじさまは、なにをしているんでしょう?」
てね、急にわたしを教材に 授業。しかもおじ様だってんですから。子供達勝手なことを言ってます。まあ、相手は幼児ですから、わたしも笑ってるしかありませんよね。それでにこにこ。

そのあと来たのが、深川ではあまり見かけない馬鹿に品のいい高齢のご婦人方。
「あら、すてき」なんか言ってます。「なにかお作りになるの?」 山の手言葉です。下町代表としちゃあ馬鹿にされちゃあいけませんから、せいぜい頑張って、美しい言葉づかいでご説明申し上げたてまつりましたでげすよ。
「ヤマモモです。ジャムを作ろうと思ってね」て、ちっとも丁寧じゃありません。
「ジャムをねえ」感心しています。もしかして、憐れんでたのかな?  まあ、そんなことはどっちでもいいや。
「ヤマモモで一句できましたか?」なんて、下町の悪い癖で、手にかみ切れと鉛筆もって品のいいご婦人が歩いているんで、俳句散歩かなと踏んだわけです。しかし、そんなわたしのからかいには乗らず、そこに置いてあったカゴに近づいて、「一つ頂いてもよろしいかしら?」
敵はゆとりがあるなあ、と感心しきりのカザマでありました。

そして今日一番驚いたのは若い娘。やけに胴の長い犬を連れて 近づいてきたと思ったら、前置きなしに「それ、売って下さい」かちんと来ました。修行ができていないわたしは、業腹から「拾いなさい」と言ってやりました。娘は「そうですかあ」と言って、別に悪びれるわけでもなく、行ってしまいました。
なんだろうねえ、ああいうの。可愛らしさが微塵もない。あんなの放し飼いしといていいんだろうか。

と、まあ、色々ありましたが、今年はたくさん拾いました。

おしまい。

アウェイゴール方式

2011 年 6 月 24 日

隅田川ゆうべ、夜中の試合、日本時間でですけど、見ました。
ホームの時と違って、選手全然動けないのは暑さのせいなんでしょうか?
パスも人が違ったようだし。見ていてストレスたまる試合でした。見ていてそうなんだからやってる選手はもっとストレス感じたでしょうね。

アウェイゴール方式ってのが今ひとつ分からなかったんですが、ホームとアウェイで勝ちと負けとなった場合、要するに一勝一敗となった場合、アウェイで得た得点の多い方が勝ちになるという方式のことらしいです。アウェイでの得点も両チームともおなじ場合は延長→PKとなるみたいですね。
この方式だと、最初の試合でアウェイチームが無得点で負けると、次のホームでの試合がとても厳しくなるわけなんですよね。なぜ厳しくなるかというと、、、まあ、ご自分で考えてみて下さい。凄く頭痛くなってくるんですよね、この方式。前はアウェイゴール二倍方式なんてのもあったそうで、それはほんとに混乱するのでやめになったみたいです。

上の写真、この他に空が多い奴と水が多い奴と三種類撮ったんですけど、半分ずつの奴を採用しました。ホームアンドアウェイ方式の影響でしょうか?

追加:やっぱり間違えました。アウェイでの得点がおなじ場合は総得点数で先ず決めるみたいです。
あれ? だから昨日の試合の場合ホームで3:1で勝ちましたよね。仮にアウェイで1:1で引き分けた場合は延長。延長でも引き分けた場合はPK。このPKというのは日本選手のゴールは全てアウェイゴールですから、えーと、えーと、、、
ね、やっぱり混乱してくるんですよこの方式((^^;)

心は あじさい の 花

2011 年 6 月 21 日

梅雨空に紫陽花はよく似合います。

あじさいあじさいあじさいあじさい

人形町の住人は紫陽花が好きみたいです。
街路樹のある土の上に勝手に植栽。でも、これ中央区では道交法違反にならないんです。多分墨田区も台東区も江東区も。
大きな鉢を自分の家の前の道路に置いて、丹精しても、これも道路の不法占拠にはなりません。ま、限度はあるんでしょうが、かなり大きなものまで許されています。

それは、そういう景色が下町そのものだからでしょうね。
人の丈ほどに育った大きな紫陽花もあれば、昨日鉢から移したばかりのような小さいものまで相当数あります。
この四枚は写真にある住所のこの道をほんの二十メートルばかり歩いただけですから。

店先に柚を植えて、それを商売に使っている蕎麦屋があれば、町の人のために(?)大きな山椒の木を植えている人。あと枇杷の木も何本もあります。夏みかんもあるし、ほんとやりたい放題ですが、これが町の雰囲気を作っているんですね。

心は紫陽花の花
桃色に咲く日はあれど
薄紫のおもいでばかりはせんなんくて

なぜか朔太郎のこのフレーズを覚えていて、忘れません。

しゃしんはすべてiPhone3GSです。

六本木防衛庁跡地

2011 年 6 月 13 日
東京ミッドタウン

S955枚継ぎ

28mmが付いているs95を横位置で、5枚つながなければ入りきらない高層建築。この右隣にちらっと見えている低い方の建物へ行ってきました。サントリー美術館。かつて赤坂見附にあったものが現在はここへ移っています。サントリーが持っているものの中で逸品はやはり薩摩切り子ですから、美術館をこの高い建物の方に置かなかったのはそれなりの理由があるのかもしれません。
いまそこで開催中の「鳳凰と獅子」という転覧会をのぞいてきました。
思うんですが、狛犬というのは犬とつきますが、犬にしては口元が長くないので、やはりあれは狛犬という名の獅子なんでしょうか?狼のように口の長く伸びた狛犬は見たことがありません。
それと私見ですが、鳳凰という奴も系統が二種類あって、一つは孔雀型、もう一つは 軍鶏型。私はどちらかというと軍鶏型が好きです。その代表のようなものがありました。
金閣寺から転覧会だか修理だかで下ろされた屋根のてっぺんにいた鳳凰。これを取り外したあとあの例の火事にあって全焼してしまったので、この鳳凰が消失前の金閣唯一の実物だそうです。
出来は、そうたいしたことはないような、、、

ここがあの防衛庁跡というのは、いつ来てもある種の感慨があります。

小津安二郎

2011 年 6 月 10 日

このところ、暇なこともあってまとめて映画を見ています。
都合よく、楽天のレンタルで旧作が現在一本39円なんです。
ちなみに楽天とTSUTAYAでは微妙にストック作品に違いがありす。まあ、端的に言えば極めてマイナーな部類に属する作品が楽天にはありません。例えばわたしが名作だと思っているけれど世間の評価は低かった「バニシングポイント」世間の評価はあったものの置いてないのがバリシニコフとグレゴリー・ハインズの「ホワイトナイツ白夜」 などがあります。特にホワイトナイツは絶頂期のバリシニコフのダンスをハインズのタップが圧倒するすばらしい映画なんですが、なぜこれは楽天にないのか? あと、わたしの中では過去のベストテンに入る映画「墓に唾をかけろ」はどちらにもストックがありません。これは映画もいいんですがテーマ曲がすばらしい。ブルースハープで演奏されるその曲のブルーノートが効いてるんですねえ。そういえば、ゲゲゲの鬼太郎のテーマ曲でも「ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲー」の最後のゲーがブルーノートでいい感じですよね。

話がそれました。で、小津安二郎ですが戦前の一本を含めて全タイトルを通してみたんですが小津が海外で受ける理由がよく分かりませんでした(汗。
黒澤と小津の決定的に違うところは、黒澤には明確なドラマがあり、そのスケールの大きなドラマは見る人を非日常の世界に引き込みますが、小津にはそれがなくて、昭和の中産階級上部の日常がただ淡々と描かれるだけです。
小津アングルなどと言われる低いカメラ位置から撮影するそのスタイルは有名ですが、頑なにそれを続けるんですね。パン(カメラを横に振っていく撮影手法)も嫌いで一切しません。画面作りが単調なんですね。脚本にもその傾向はあって、どれも同じようなシチュエーションで進行します。こだわりの無いのは映画の中に出てくる鰻屋やバーや喫茶店がほとんどおなじセットを使い看板も使い回しです。画面の隅々まで拘った黒澤とは大違いです。俳優だって役割はほとんど一定です。
もっともひどいのは(あえてひどいと言いますが)シーンがつながってないカットが結構あるんです。バーのカウンターで何人かが呑んでいる場面。一人が別の一人に話しかける、と、カメラは当然その話しかけられた人にカットが移ります。そうしてその人がなんとか言って、またカメラは元の話しかけた人に戻るわけですが、このカット割りがつながっていない。つまり話しかけた人のオンザロックが会話のつながっているシーンでカメラが戻ってきたとき、量が増えていたりするんですね。こんなのスクリプターの責任になるんじゃないかと思いますが、そんなことにはお構いなしに映画は作られています。縁側で女と話をしている男の脇に置いてある蚊取り線香がカットを割ったあと再び戻ってくると前より長くなっていたり、ね。つまり映画の中でひとり蚊取り線香だけが時間を遡行するんですからシュールです。

全体に平板で、決定的な破局や話の急転回などはありません。それでもなんか全体はいい感じで、見終わるとホッとした気持ちになるんですね。これが小津の魅力ですがアバウトと言えばそうとうアバウトです。

小津の映画を見て、古い人は「ああそうだったな」と思い、あたらしい人は「そうだったんだ」と思ったり、つまり日本に生まれて日本に育たないとなかなか分からないような日常生活の機微が淡々と語られているものが、なぜ外国でもうけるのか不思議なところです。もっとも外国と言ってもアメリカではなくヨーロッパなんでしょうけどね。

他にもたくさん見ましたよ(笑。