2011 年 2 月

USB miniB L型コネクター 奮闘記

2011 年 2 月 26 日

RRSリアリーライトスタッフ

写真は、5D2にリアリーライトスタッフのL型クランプを取り付けたところです。一見何気ない形ですが、苦労されている方には、「ハハーン」となるところでしょう。
どこが 「ハハーン」なのかと言いますと、現在カメラは横位置で撮影するように三脚(私の所ではモノポールですが)に乗っている状態です。この状態はまあ、大概のLクランプ、プレートもOKなのです。
ただここで「縦位置も撮っておいて下さい」と言われた途端、ほとんどのLクランプはお手上げになってしまいます。
雲台で縦位置にすればいいんじゃない? とお思いでしょう、ですがそれでは光軸が大きくズレてしまうんですね。
三脚移動して光軸合わせると、次のカットはまた横位置で前回とおなじアングルを要求される。ですから三脚は動かしたくないんですよね。このままカメラを縦セットしたい、
この写真では最低限度のケーブルがセットされています。画面左側がレリーズ用、右がパソコンと繋いでいるミニBと言われるUSBミニの5ピンジャックです。
縦位置にセットしようとすると、このケーブル類が邪魔をして、三脚にセットできなくなります。
その点このReally Right StuffのLクランプはニコン、キャノンのカメラ機種ごとに作られていますからまことに上手くできています。
さて、そこで問題発生です。この何気なく見える右側のUSBミニジャック、なかなか手に入らない代物なんです。

輸入品

無精してスキャンですみません

この形のケーブルがないのです。 上のカメラの写真でおわかりのように、USBミニのソケットにケーブルを挿して、下向きにコードが流れる、これができないんですねえ。
大概のケーブルは下へ向かずにまっすぐこっちへ向かって飛び出してきます。つまりカメラをこの面を下に三脚にセットしようとすると、ケーブルが邪魔をするんですね。

HP こういうものはあります。しかしこれはノートパソコンを視野に作られていますから、ケーブルが上に出てしまうんですね。カメラの場合は下に出て欲しい。これが、ありそうでないんです。カメラアクセサリーを種々提供しているメーカーも撮影現場の意見は上がっていないらしく、どこにもない。カメラメーカーが用意していないのも不思議。
ただ、 Really Right Stuffのホームページ上からここへとべるようになっています。そこには様々なカメラに対応できるように実に豊富な種類のケーブルが用意されています。実際私もここで調達したんですが、そこに落とし穴が。
わたしこれをUPSの料金着払いで頼んだのです。18ドル強のものですからまあ着払い手数料が加算されてもたいしたこたあ無いだろうと多寡をくくって。着いた時、思わず、卒倒しそうになりましたよ。いや、大袈裟でなく、ほんと気を失いかけました。なんと、なんと、なんとお〜、金8225円請求されたんです。無税でです。
まあ私の英語力では電話して向こうと交渉することは不可能ですから、諦めましたけれど。8225円と言えばお米何升買えると思ってんですか!

その代わり手に入れたのは、ストレス無く縦位置横位置を行ったり来たりできること。
なんだかなあ〜。。。

教訓、UPSの代引きは要注意!!!!!!!!!!

追記トップの写真でレンズ下部にブルーの反射がありますが、LEDライトのMonotaRが点灯していたのを切り忘れて、その光が反射しています。蛍光灯に比べてこんなに青い(汗。

無題

2011 年 2 月 24 日
清洲橋から

iPhone3Gs

久しぶりに、人形町の猫を上げようと思ったんですが、なぜか写真がブレブレ。

まあこんな具合で、って、こんなに小さくするとごまかせてますけど。。
なんかこの頃、手ぶれします。このさい森山大道ふうに作風変えようかしらなんて思ったりしますが、人間の中身に迫力がないので撮り方だけ真似てもああいう作品にならないことは明々白々ですから、 止めときますが。

さて、タワーはもう完成形に近いんでしょうね。私が広重なら、北斎なら、やっぱりほっとかないんでしょうが、凡夫非才の身にては、感動的な絵作りはムリなようです。
ネコですが、あんなに居た個体数は激減して現在この他にもう一匹、ぜんぶで四匹になってしまいました。 最初にネコをホームページ上に紹介した頃の孫の代になります。いまいるこのネコたちが子猫の頃は三代揃って十数匹いたんですがねえ。やはり、断種手術が効いてます。あいかわらずいじめる人はあるみたいで、裏へ来て餌をねだるときはこんなに寄ってきますが、外で出会うと決して人に近づきません。三メートルほどの距離を保って接してきます。そのくせ餌を欲しがってあとをついてきたりするんですが。
環境が性格を作るのは人もネコも一緒ですねえ。「山崎天皇を撃て」ではありませんが、環境と先天的な形質が不幸な組み合わせになると、あながちその人個人の問題とばかりは言えない性格が作られるみたいですね。いじめられて育った奴全員がいじめるようになるわけじゃないし、貧乏で育った奴がみんな泥棒になるわけじゃない、結局個人だ、という意見を言う人がいますが、そう言う人は苛められたことも過酷な貧しさも体験したことがないんでしょうねえ。
人はもろいものでそう強く自分を保っては居られないんじゃないかと思います。弱い人が過酷な運命に出会えばその人の責任とは言い切れない行動をとることもあるだろうなあ、とこのネコたちをみていて思います。

本当はネコの写真を上げて、先日なくなった友達のノグッチャンの愛猫ラビの話を書こうと思ったんですが、脱線しました。

見つけた!

2011 年 2 月 18 日

くだらないことなんですが、、、
CDやDVDの50枚入り使っている方にお知らせです。
ご飯をチンするときご飯茶椀にあのケースの 深い蓋をかぶせると、実に具合がいいんです。
ちょうど茶碗サイズですし、炊きたてのようにチンできます。
ブロッコリー、カリフラワーなどもお皿に盛ってその上から蓋をすると、非常に具合いいんです。

写真撮ろうと思ったんですが、かっこがバカバカしいんでやめましたけど(笑。

た・の・し・い・ねぇ

2011 年 2 月 7 日

「かまちゃん」
「え?」
「たのしいねえ〜」

東京湾の波の上で小さな釣り船と共に波にゆられながら、その人の言った言葉です。
季節はいつ頃だったか、ただそれを言った人の満面に笑みの浮かんでいたことが強く印象に残っています。
年も近い、女親に育てられたこと、その親を既に見送っていたこと、仕事も互いにフリーの根無し草。
収入もそこそこ一緒。
趣味は互いに、釣りをすること。

「撒き餌はいけないね!」
「撒き餌はいけない。でも、餌釣りだってやめろって言う人も居るよ」
「えさつりはいいさ」
「どうして?」
「魚食べるからさ」
「……」
「キャッチアンドリリースはいけないよ」
細かい説明はしない。
キャッチアンドリリースというのは、一見魚にやさしいようで実は魚をいたぶっているに過ぎない。
魚に優しい人は、始めから釣りなんかしない。
釣るからには食べてやるのが供養だ。
私は勝手にそう解釈していた。

海の上でいろんな話をした。
仕事の悩み、親不孝の話、少し親孝行の話、女の話、健康のこと、もちろん互いの仕掛けの自慢も。
そういう色々なことの話の上に、出た言葉が「たのしいねえ〜」だった。

韓国から日本に来て、キーセンクラブで働いている人を女房にして、周囲から激しく反対された。
それでも彼はその子供まで日本に呼び寄せて、中学高校と通わせ、梨花女子大学を卒業させた。
キーセンクラブで働いていた人はノグっちゃんの女房になってから、本来目指していた牧師の資格を取り、とうとう福生に教会まで開いた。

その教会で彼は女房と子供と大勢の在日と韓国からの出稼ぎの人と、僅かの日本人に送られて逝った。
「パッチギ !」を逆に行った人生だった。

ノグチ芸美、その人の名である。
どうぞ安らかに。

友 逝く

2011 年 2 月 5 日

ノグチ芸美告別式一月三十一日午前三時、友が逝きました。

書くことは山ほどありますが、書く気になりません。

冥福を祈ります。