2010 年 11 月

骨折

2010 年 11 月 25 日
隅田川夕景

iPhone3Gs

我が家は人形町のとある路地の奥にあります。
マスコミ禁止用語で言えば、盲地にあるんですね。他人の土地をふまなければ自分の土地には行き着けない。
当然、土地の評価は低いわけです、が、きょうはそんなことではなく、その路地の入り口にある高齢の婦人の一人住まいが、現在空き屋になっているお話。
空き屋と言ってもそのご婦人が只今入院中ということなんですが、その方はふだんお花とお茶を教えています。ですから表通りに面した道路上には下町特有の路上占拠植木があります。寒椿や紫陽花が見事なんですが、それが主の留守で水やりができず、椿の葉などは少し黄色くなってきました。お断りしておきますが、この路上を占拠している植木は道路交通法の不法占拠にはあたらないそうです。つまりそれを含めて、下町らしさを醸しているわけで、中央、江東、墨田、台東あたりはそれが許されているみたいですね。
で、その婦人は肋骨を折ったとか、それも転んだとかぶつけたとか言うのではなく、本人も気付かないうちに折れていたんだとか。
お花の先生の家で主が戻ってきたら、植木がみんな枯れていたってんではちょっと気の毒ですからね。
日頃、丹精込めて世話をしていましたから。
それで、毎朝わたしが水やりをしています。
そこで問題なんですが、うちでは路地から入り口を入って、スタジオを抜けて奥に行かないと水道がありません。そこで水を汲んで、スタジオを再び抜けて、路地を抜けて、くだんの植木に水をやっても、バケツ一杯ではたかが知れています。十数回それを繰り返さなければ、水やりは完遂しません。
そこでわたしは無精をして、ホースだけは家のを持って行き、水道はその植木の端にある蛇口から調達しています。蛇口の取水栓が取り外せるようになっている「キー付き水栓」て奴ですが、それは取り外し可能なキーによって蛇口をひねることができるわけですが、なんのことはないラジオペンチでも可能です。ですから毎日、そこから水やりをしてるんですが、これってたとえ好意でしていることでも、向こう様が訴えれば、窃盗になりすよね。
悩ましいことです。

申し添えますが、空き屋と言っても用心は大丈夫みたいです。
くわしくは書きませんが、そこは下町ですね。

iPhone3Gsのカメラは最初から中央付近に色むらが出ていましたし、この写真みたいな逆光にはとても弱いです。
液晶はLGらしいんですけど、カメラも韓国製なんですかね?

うれしくて、

2010 年 11 月 21 日

名古屋グランパス、J1優勝おめでとうございます。

うれしくてやがてさびしき途中交代

得点までの流れが、、、ああ、残念でした。

がんばれ! 小川

人形町はどこも

2010 年 11 月 20 日

本日20日の土曜日は人形町はどこも行列ばかりです。

今半、玉ひで、芳味亭、鯛焼きの柳屋、そのほか最近できた店でも人が並んでいます。
こういう現象は時々起きますが、たいていはその週のどこかで人形町特集や下町特集があったときみたいです。

行列ができて、町内のお店が繁盛するのはけっこうなんですが、その近所に住んでいますと、出入りに邪魔なんですよね。わたしは行列が嫌いで、ならんでいれば別の所へすぐ変更しますが、旅先や連れによってはならぶこともあります。そういうとききっと、その行列の近辺に住んでいる方々に迷惑かけているんでしょうね。自分の身にふりかからないと分からないもんですね、なんでも。

アウンサンスーチー

2010 年 11 月 14 日

AungSanSuuKyi1.png

Aung San Suu Kyi

アウンサンスーチー

緬甸

ビルマ

軟禁が解かれたといっても、そう単純には喜べない!

喧(かまびす)しいですが

2010 年 11 月 13 日

佐藤優

尖閣沖の例の事件で記録動画を流出させた海保の職員の問題。
世間では同情と賛意とでかまびすしいのですが、わたしは朝日の12日朝刊17面の「オピニオン」に載った佐藤優さんのこの意見に一票。
厚生労働省の村木局長の事件での検察暴走は既に彼の逮捕の時から始まっていたんでしょうね。
想像ですけど。
この人の記憶力はサバン症候群的凄さでこういう能力と分析力を持った人を日本の外交の舞台から引きずり下ろしたのは、国益にとってマイナスなんじゃないかなあ、と思っています。
日本は組織の中で突出する才能を嫌いますよねえ。
「やはり野におけれんげ草」は日本の組織論の集約ですね。

カメラケース

2010 年 11 月 10 日

カメラケース新藤さんのところへコメントが先になりましたが、本宅の方にも多少加筆してアップします。
シグマのDP1とキヤノンのS95用のケースを作ってみました。
ヤンピ(山羊、羊の革)が渋谷のハンズで安かったんでそれをゲット。1029円で両方作って、まだ多少余っています。
はじめ写真左側のDP1用を作ったんですが、すごくしなやかなのと滑らないので、出し入れがスムースに行くように、ちょっと大きめにラフに作りました。応分の大きさに切って、縫いしろ部分(C)2mmほどをセメダインのG17で接着。この接着部分の幅は狭い方がおしゃれに仕上がります。完全に乾いてからその接着部分をミシン掛けです。革が滑っていかないので、竹串で送りながらの作業になりました。
ちなみにDP1についているAはニコンに昔もらったプラスチック製のドライバーです。先の部分を落として把手の部分をヤスり平らな面を作って、ナイスタックの超強力タイプという両面テープで接着。このテープは両面の糊面の間にクッションが入っていて耐衝撃性もあります。コバの部分が白く目立つのでマジックで塗装。元々がドライバーなので滑りにくく、すこぶるホールドしやすくなりました。
BはリコーのGX200の自動開閉式レンズキャップをわずかな作業で改造したもの。
S95の方ですがDはリチャードフラニエックという人が作ったS95用のグリップ。アルミの削り出しで、これはさすがに良くできています。国内ではオリエンタルホビーにあります。S90用を改造しても使えるようです。Eは携帯ストラップ用のジョイントパーツ(耐荷重5Kg)を流用して拵えたストラップ。
このストラップも、コンデジ用のシンプルなものって無いですよねえ。なぜみんなあんなに主張しちゃうんでしょうかねえ。さりげなく目立たず用途はしぼって、地味に堅牢にって、むつかしいみたいですね。

いじょう、暮れの工作の時間でした。

追記 カメラのロゴは昔からの癖で、マットスプレーでつぶしてあります。