2010 年 5 月

急ぐ必要はないと思います

2010 年 5 月 31 日

Photoshop CS5

Photoshop CS5ですが、急いでヴァージョンアップすることはないと思います。
64bitは確かに体感的に早いのですが、その速さ以上に不便なところがあります。
先ずコンタクトシートが使えません。
32bitにすれば使えないことはないのですが、CS4のプラグインをコピーすると重大な不具合がでます。
AdobeのサイトからDLしてきて、インストールする必要があります。
その上で使うたびごとに、32bit使用に切り替えなければなりません。
CS4を立ち上げた方が早いですよね、と私は思ったりします。
スキャナー使うときも、CS4。
ほかにも使えなくなったPlug-insはけっこうあります。
HDRもPhotomatix使っている方なら、まだそちらでしょうし、私のようなチープなフォトショ使いには、ぜんぜん急ぐ必要なし、でした。
Dreamweaverはかなり代える意味がありそうです。
本格的に切り替えましたらレポート、するかもしれません。
ブラシやアクションは過去のものを読み込んで使うことができます。
CS5を使ってみたファーストインプレッション、のようなもの、です。
とにかく急ぐ必要はありません。

イチゴのコンポート

2010 年 5 月 19 日

イチゴのコンポート

両国の図書館に行った帰り、いつもとは違う道をブラブラ戻ってくると、八百屋さん。
店先に小さいイチゴが山積み。
何年か前に砂町銀座で見て以来、まあ毎年出てはいるんでしょうが、たまたまその時期そんな場所へ行かなかったということでしょうか。
4パック500円、ちょっと高いかなと思いいつつ、「5パック500円?」と訊いてみましたが、「よんぱっくっ!」と奥から大声。
太ったお母さんがのっしのっしと出てきました。
強気はすぐに退散して、「じゃあ、これよんぱっく」と意気地無し。
「あ、出来るだけ細かい奴を下さい」と言うと、存外親切に粒の小さいのを選んでくれる。
レジパックに三つ並べて入れたあと「みっつはならぶんだけどね、袋分けようか?」とのたまう。
「どうせ煮るんだから、重ねていいですよ」と言うと、すまなそうに同じレジ袋に四つ目のイチゴパックを入れます。
案外いい人らしい。
持っていたKINOKUNIYAの買い物袋に図書館で借りてきたDVD「お茶漬けの味」が入っています、その上にイチゴを重ねて、500円渡しました。
「近いの?」と訊かれましたから、「にんぎょうちょう」と答えますと、「あらあら、遠いんだ」と気の毒そうな顔をして
「でも、昔はみんな、歩いたんだからねえ」だって。
「おかあさん、そりゃ昔はみんな歩いたでしょう」という言葉は飲み込んで、帰ってきました。
できあがりの写真はありませんが、おいしくできました。
ヨーグルトに最適。

イチゴ一会。。。

1Q84

2010 年 5 月 18 日
村上春樹

1Q84 BOOK3

発売日に本屋さんへ行った時間が遅くて、買えなかったBOOK3です。
買えないばかりか、それを深川図書館で832人待ち。
「12480日つまり約34年この本を読むために待たなければならない」と書きましたら、
それを気の毒に思った篤志家が、どこからか手に入れてきて、私にプレゼントしてくれました。
ところで今日は村上春樹が論理的であるというお話。
彼の小説はストーリーが突飛であるためにあまり論理的という評価を受けないようですが、私にはとても論理的にうつる。
しかもその論理的なロジックが小気味よくて、そこが受けているんじゃないかとさえ思っています。
全共闘時代、あるいはそれ以前の共産党が左翼運動をリードしていた時代、
左翼的言辞はもっぱら論理を軸として会話やアジテーションが行われました。
それは難解な数学の応用問題を解いたときのような一種の達成感と、もつれた糸を解きほぐせたときのようなスッキリ感があって、
そこに多くの若者は酔ったわけです。
村上春樹の小説にもこれがあります、と私は感じています。
ただ過去の左翼的ロジックの中で用いられてきた、紆余曲折する論理、まあ弁証法的言辞といったら叱られるでしょうか、
それではないんですね。
もっと日常の言葉で、普通の会話の中で使われる言葉以外は用いないでする論理です。
会話や筋立てが論理的であるという、ところで受けているのであるとすれば、それは使われる言葉を選ばないということになります。
英語で書こうがドイツ語で書こうが、ギリシャ語でもヘブライ語でも論理的であるということは変わりませんから、
世界のどこへ持って行っても、そこに気持ちよさを感じる人には受け入れられる。
ここが、今までの日本の作家にはなかった、新しさ、ユニークさだと、私は思っています。
しかも彼の「論理的」は上で私が書いた「12480日つまり約34年この本を読むために待たなければならない」みたいな論理。
「読むために待たなければならない」かというと、決してそんなことはないのですが、
事を、借りて読むことに限定すれば、それが成り立つ論理。
そしてそのことが読者全員に分かる形で、提出される。
まあ、淺読みの私はそんな風に感じているわけです。

なぜだかわかりません、、

2010 年 5 月 15 日

隅田川の夕景

このホームページをブログに移行中ということは以前に書きましたが、
その作業をしているとかんじんのこっちへ、なにかを書く意欲が損なわれます(村上春樹を読んでいるので、「損なわれる」が口をついて出てきます)。
なぜだかわかりません。

むかし、東大全共闘の山本義隆という人が自分の起訴された裁判の法廷で、冒頭検事によって読み上げられた検事調書の文法的に齟齬をきたしている部分、論理的に矛盾している部分を極めて明快に指摘したことがありました。
これは裁判的には、つまり裁判官はそれを重大なこととは捉えなかったのですが、突っ込まれた検事は生涯忘れられない傷を負ったと私は考えています。
東大を出て、司法を試験に受かり検事の道へ進み、当時としては時代の牽引者であった人物を担当したわけで、
いわばエリートが法廷という万人に開かれた場で、自らの論理破綻を指摘されたわけです。
検事にとって論理は生命です。
人は言葉によってものを考えますから、論理が破綻していると言うことは、考えが破綻していると言うことでそうであればその起訴の根拠が揺らぐと言うことですから。
しかし、その裁判はそのことに何の躊躇もこだわりも見せずにすすんで、山本氏は有罪判決を受けました。
ここに、法律と裁判がそれ自身に内包している矛盾があります。

私が何を言いたいか分かりませんね。
その内お話しします。

ADSL回線速度

2010 年 5 月 11 日

実は、連休の初日あたりからADSL回線の速度ががくっと落ちました。
スピードが落ちただけでなく、接続が不安定になりほとんど一分おきに切れたり繋がったり、と言う状況になってしまいました。
最初は連休でみんな急にインターネットに漕ぎだしたのかと、それで混雑で回線速度が落ちたのかな? と。
しかし時間帯に関係なく不安定なので、次はプロバイダーが連休中にふだん出来ないメンテナンスをしているのか? と。
しかしプロバイダーのサイトにそんなアナウンスはありません。
で、こんどはNTTからレンタルを受けているモデムを疑いました。
2003年の11月からですから、もうへたったのか? と。
そこで、NTTのADSL関連の故障受付へ電話をしました。
Sさんという技術の方が来てくれまして、うちの電話線を見て彼はそれを疑います。
まず概略を説明してから下のようなデータを見せます。

回線速度

3.3Mbps

わたしは「モデムを疑っている」と言いましたが、彼は否定も肯定もしません。
ただ、「引き込みからあまり長く回線を引っ張ると不安定になるんですよね」と独り言みたいに言ってます。
「でも、急にですよ、この症状」 「……」
「何でもないときはこのぐらい出てるんですよね」と言って下のような資料を見せます。

回線速度

15Mbps

彼は何とも言いません。
ただ、また独り言みたいに「いっぺんに色々いじっちゃうと、何が原因か分からなくなるからなあ」と。
そこで二人で話し合って、今、外泉から二階に引き込み、そこでスプリッターを通して一階のスタジオに回線を引いているのを
外からいきなり外部電線(黒い丸線)をスタジオのパソコンちかくまで引いて、そこにスプリッターを置き、
そこからモデムへつなぐということになりました。
外工事は無料、室内の分は有料、と言う説明を受けたので、
「室内配線とそとから引き込む壁の穴開け作業はこちらで済ましておきます」と提案すると、「それならただです」と。
ともかく、このSさんという人、近頃のこういう人に中々少ないタイプ、昔の職人さんみたい。
マニュアルをこちらに押しつけるのではなく、こちらの希望に添うように対策を立ててくれます。
壁を穿って二階に引き込んでいる部分はただ外でペンチで切りっぱなし。
それはあとでわたしが穴をふさぐ工事をするということに。
新規にスタジオへ引き込む分はドアギリギリまでの工事であとはどこにも止めずにただ線だけブラブラ状態でかなり長めに引きずって貰う。
で、結果ですが、すばらしい!!!
ADSL40モアにしてからも、たいがい上の15メガくらいが上限だったのが、

回線速度

21Mbps

21メガビットパアセコンド、て初めてのスピードです。
そうして、彼は至極当たり前という顔で帰っていきました。
「モデムは問題ないと言うことで良いですね?」と念を押すのを忘れずに。
すばらしい、Sさん、どうもありがとう。
このあと、私は早速外線の無用に長い部分をカット、室内の電話線も極力短くカットして、モジュラープラグを付け替え。
なぜか、6極4線のモジュラープラグが五六個道具箱に転がっていたので、正真正銘、ただで21メガビットパアセコンドを手に入れることが出来ました。
なんということでしょう!
皆さん、室内配線の長さは無用に長くありませんか?