2009 年 8 月

ゼロメートル地帯

2009 年 8 月 17 日

砂町

写真、なんか変でしょ。
あははは、ほんとはこんな写真公開してはいけません。
職業カメラマンとしては致命的な一枚です。

DP1というシグマのカメラは今時のカメラとしては天然記念物的に立ち上がりと、動作のタイムラグが大きいカメラなんです。
なので、私は距離測定を目測にしております。
昔はそれが当たり前だったんですが、いつか知らずAFにならされてしまっていたんですね。
距離合わせずにシャッターを押して、しかも今パソで開くまでそのことに気づきませんでした。
アッチャアー !!!

でも、きょうの話しはこの写真がないと、わかりにくいので、恥を忍んでこの写真を載せたわけです(涙。

美濃部亮吉さん(天皇機関説の美濃部達吉の息子さん)が東京都知事だったときに、
今の隅田川のカミソリ堤防ができたことは以前に書いたような気がしますが、
これができたときは評判のすこぶる悪かったこのコンクリート堤防はしかし、
深川のいわゆるゼロメートル地帯に暮らす人達にとっては、ほんとにありがたい堤防だったんです。

それまでは小ぬか雨でもとは言いませんが、ちょっとした雨でもすぐに水が出て、都電が止まったりしていました。
中学の時学区外から寄留して日本橋の紅葉川中学へ通ってきていた「ヤマザキカネキチ」君は
小雨が降ると、学校休んでいました。
先生が「ヤマザキは今日は都電が止まっているんで、お休みだ」なんて朝のホームルームで我々に説明したもんです。
「ヤマザキはいいよなあ」て、我々はすこぶる羨ましがったりしました。
その名残が、この鉄塔です。
名残と言っても、今はゼロメートル地帯でなくなったってわけじゃありませんよ。
今でもそこは昔のままなんですが、大きな水門が川の支流ごとに設けられ、
排水ポンプも性能が上がって、今では台風が来たってこのあたりが冠水しないのに
目黒や馬場あたりで水が出ています。
それだけここいらは、水に対する守りが鉄壁というわけです。

で、この鉄塔、ほんとは部分的に拡大して写真で分かるようにするつもりだったんですが、とても読めません。
ははは、なので文章で説明、とほほ。
鉄塔にくっついている輪っかの上から二番目が過去最高水位、地表面から三メートルぐらいあります。
3番目がキティー台風の時の冠水面。
5番目、一番下が現在の海面、平均潮位です。
この位置で地表面から2メーター20センチぐらいです。
すごいでしょ、海面下2メートルに暮らしているんですよ。
ハゼだってデキの頃は50センチぐらいのところに暮らしてますから、これは浅場のキスみたいな暮らしですよね。
驚くじゃありませんか。
この場所、中国に言わせれば「日本国領土とは認めない」てなりますよ。
まわりを護岸で固めたじべたは島じゃないって主張してますから。

とにかく大変なところにまで人間はその居住空間を拡げているわけですね。

宣言!  あとで写真撮り直しに行ってきよう。

砂町

写真撮り直してきました。
読めるもんですねえ。
やっぱり写真はピントを合わせてから撮りましょう、なんてね。
もう説明するまでもないですね、見たとおりです。
鉄塔の向こう側に見える公衆便所みたいな建物は自動潮位記録計の設置してある建物です。

大正7年時の地表面の高さが平均海面よりかなり上(+70cm)ですが、これはたぶんこの地がこれだけ沈下したという意味ではなく、
東京の平均地表面を表しているんだろうと思います。
だってこのあたりは埋め立て地ですからね。

これなーんだ

2009 年 8 月 12 日
隅田川護岸

携帯ですごめんなさい

これがなんだか、若い方は分からないでしょうねえ。
古い方は分かります?
わたしはまめに包丁を研ぐ方なんですけど、砥石にはあんまりこだわりはありません。

超安い粗砥と中砥、仕上砥と持っているんですが、ハガネの包丁は釣りに行ったあとでもない限り使うことはありません。あ、それで釣れた場合のみですけど。
出刃も柳刃もお魚専用。
ですから普段はもっぱらステンレスの包丁です。
ステンレスに粗砥も仕上げも必要ないですから中砥ばかり使っていましたら、薄くなって折れちまったんです。
で、はりこんで、評判のシャプトンの砥石を購入いたしました。
噂に違わず、良く刃がつきます。
ただ刃こぼれしたようなときにはどうしても粗砥が必要ですから、粗砥のお手入れをしました。
砥石は使っていると片減りしちゃうんですね。
斜めに真ん中ばかり減って、歪んだ形になります。
理想は研ぎ面が平ら、ですからちょっと河原でメンテナンスしました。
昔は床屋さんなんかは店先でガラスの板の上に金剛砂を撒いて、がりがりがりがりやってたもんですが、
私のは、無精をして長いことほったらかしでしたから、そんなことでは砥石が平らになるまで何時間かかるか分かりません。
で、写真のように自転車の後にくくりつけて、ズルズル引きずるわけです。
これで新品の時のように、真っ平らになります。
両国橋から清洲橋まで二往復ぐらいで出来上がり。
超簡単です。
コツはゆっくり走ること、砥石がおどらない程度に、ですね。
それから紐を長くすること、砥石の前側が持ち上がらないようにですね。
後は交差点を横断しないこと、後踏まれますからね。

昔は料亭の小僧さんなんかが、良くこうやって砥石を研いでいたもんですが、近頃見ませんねえ。

ところで、私のホームページ、ウインドウズで見たら悲惨なくずれかたしてたんですね。
おいおい直してゆきますが、何しろ始めはPageMillで、それからGoLive。
GoLiveがアドビに吸収されて、もう新製品は出ないとなったので、そこからDreamweaver。
そしてCSSへと移行したために、前のソフトの残滓がいろいろ残っていて悪さをします。
きっちり一からやれば良かったんですが、切り貼り切り貼りで、いまやぐちゃぐちゃ。
長い目で見ていて下さい。
少しずつ直していきます。

さらに夏枯れ

2009 年 8 月 8 日

魚露目

急に寄ってきたので、ピントを送りきらないうちにレリーズ。
これで、レンズ先端から亀の鼻先まで0.5センチぐらいです。
これで分かったのですが、結局置きピンが良いみたいですね。
これからレンズ鏡胴に2mm,3mm,5mm,10mm,20mmあたりにマーキングをします。
それらの任意の位置に置きピンして、カメラの方を近づける。
たぶんこれが正解だろうと思います。
ちょっと面白いので、そのうちまたテスト撮影しますね。

夏枯れ2

2009 年 8 月 7 日
魚露目という名のドアスコープ

20D+魚露目+50/1.8+KENKO1,4テレプラス+内蔵ストロボコンバーター

前回のお約束、取りあえずどんなものかテストしてきました。
場所は清澄庭園。
実はここに、うまそうなスッポンが二匹いるんですが、用心深くて私に寄ってきません(汗。
子供の時、鯉取ったりしたの見てたんですかね。
亀に詳しくないので、モデルの亀さんが何という亀さんか知りませんが、この人達は餌を貰いつけてると見えてどんどん寄ってきます。
ストロボたくとまぶしそうに目をつむって、何度もたいてると段々寄りつかなくなります。
参考までに書いておきますと、前回のストロボコンバーターの短い方で撮りました。
テレコンはケンコーのテレプラスPRO3000 1.4倍という奴です。
AFが利きます。
親指AFにAIサーボというお決まりの撮影ですがファインダー覗いていないので、なれないとちょっとむつかしいですね。
これもセンターが亀さんの甲羅に来たために後ピン。
ノーファインダーでセンターを鼻先に持ってこられるようになれば、メシ食えますかね、これで。
絞りはf22最小絞りです。
シャッタースピード1/50、ASA400ですからけっこう絞り食いますね。
これ、20Dノートリですからフルサイズでもいけますが、フルサイズ機に内蔵ストロボはないですから、20Dはどんぴしゃです。

魚露目

同上

全然餌をもらえないので、ちょっと拗ねてます。
ストロボまぶしそうで、いやがってます。
ほんとは虫撮りに行ったんですが、虫はいませんでした。
クモの巣も狙ったんですが、みんなお留守。
亀さんだとイマイチ大きさがわかりにくいんですが、これで勘弁して下さい。
そのうち、狭山丘陵かなんかでばっちり昆虫写真、、、は期待薄ですね。
写真がちょっと不自然なのはパンフォーカスが欲しくて遠景に極端なスマートシャープをかけているからです。
レンズ変えればもう少し奥までピント行くでしょうが、まあお手軽と言うことで、これ以上の突っ込んだ研究はいたしません。

夏枯れなので

2009 年 8 月 1 日

夏枯れで、時間をもてあましているので、こんなものを作ってみました。

内蔵ストロボ用リフレクター

何だかわからん、てそりゃそうですよね。
本職はあんまりこんな事しませんですから。
大きい方が100マクロ用、小さい方がコンパクトマクロ用、にも使えますかね。
実は世間からだいぶん遅れて「魚露目8号」と言うやつを手に入れました。
おもちゃですから、取り付けるレンズどうしようかと思ったんですが、50/1.8があったんで、これにくっつけました。
で、近所の花壇でテスト撮影してみたんですが、イマイチ面白くない。
そこで、日中シンクロ使用と思い立ったわけです。
でも、おもちゃに大げさなストロボセットはおしゃれじゃありません。
そこで、ヒマが役に立ったわけです。
これを、20Dの内蔵ストロボにくっつけると、こんな感じになります。

ちょっと寸法狂いましたが、結果オーライでした(魚露目はフードの中に隠れています)。
ただし、これだと撮れた写真がほぼ丸く切り取られて、サーキュラー仲間入りしそうなので、これに2Xエクステンダーをくっつけます(写真省略)。
そのとき、こしらえた長い方が必要になるわけです。
これで、長い方も短い方もASA200でf22位です、50/1.8の最小絞り迄もっていけました。
シャッター速度1/8000までありますから、擬似夜景可能でしょ。
(訂正:またまた間違いでした。内蔵ストロボって使ったこと無かったもんですから、と言う言い訳から。内蔵ストロボではハイスピードシンクロできませんでした。1/250までですね。失礼しました。)

短い方を先に作りました。
厚紙にアルミフォイルを貼ってこしらえたんですが、イマイチ出来が素人っぽい。
で、なんか無いかなあとスタジオを探したら、ありました。
厚紙の片面が鏡面になっている紙ありますよね、名前失念ですけど。
小物撮影の時の銀レフ用に使っていたものです。
はさみで自由な形に切れるんで、重宝していたやつですが、その端切れが出てきた。
これはちゃんと厚紙ですから、これで長い方を制作。
外側は塩ビのマットで補強。
工作はパーマセルのみ。
良い感じです。
なんか面白そう。
でもこういうのって、思いついて、道具考えて、その道具が出来た時点で、終わったような気になるもんでしょ。
ですから、肝心の作品はまだ無し。
いつになるか分かりませんが、できたら一枚ぐらい載せるかもしれません。
「小人 閑居して 工作を為す」

とほほ追記 50/1.8に2xエクステンダーは装着できませんです(汗。
その代わりに、ケンコーのテレプラス1.5をくっつけますとケラレが無くなります。
この方が相当安上がりですね。(8/2)