2009 年 5 月

続ふるしき

2009 年 5 月 18 日

で、きのうの続きですけど、談志の後、志ん朝の「風呂敷」もあったんで、聞いてみました。
こちらは親子だから較べても良いでしょう。
志ん朝の方が親父より噺がすこうし長くなってます。
今時の人に分かるように、あるいは親父が大分はっしょってる説明を付け足したりして、長くなってるんですね。
古典をやるときに良くこういう風に描写に言葉を添えて、分かりやすくするのは別に志ん朝に限らず、
「勉強家」の円窓だって談志だってやるんですが、
これは親切そうでいて、かんじんの噺を殺してしまうことの方が、多い。
「わからネエだろうから、おせえてやるけど」みたいなところがあって、余計なんですね。
描写が長くなると、リズムが悪くなって、お客が笑わない。
お客の中には分かった人も、分からない人もいる。
分かってる人は当然笑いますが、分からない人だって笑うんです。
だから、噺の調子をこわしてまでお客に親切にすると、お客は静かになっちゃうんですね。
吉原の話や、江戸時代が舞台の噺なんぞは、話してる方だって知りゃしないんですから、
それでも噺を覚えて話していれば、大体どんなものか想像できてくるんでしょ。
聞いてる方だっておんなじです。
あんまり親切に噺をこしらえ直さない方がいいんです、とわたしは思います。

志ん朝は生きてるときは「テレビにばっかり出やがって、ちっとは噺の方も勉強しろ」なんて
通の間じゃあんまり評判が良くなかったんですが、若くして死んで、
死んだら急に名人扱いされて、本人も面喰らってるでしょうね。
で親父と較べると、月とすっぽん、とても親子とは思えない、ほどです。
巷で言われる名人扱いが、わたしにはどうしてもわからない。
立て板に水なんですが、始終立て板に水だから、ただ早口なだけに聞こえてしまいます。
「序破急」というか「めりはり」というか、噺に緩急がないから
ただまくしたててるだけ、みたいに聞こえる。
志ん生のつっかえたり、どもったりしながらでも噺にリズムがあるのは
極端に無駄を削いだその話の構成自体にあるんですね。
ただ者ではない作家です。
志賀直哉みたいな省略の仕方で、それではなしにうねりが出てきます。
巷で名人といわれる人がもう二人ほど、わたしは全然そう思えない人がいますが、
それはまあ今度機会があればということで。

ああそうだ、巷では名人扱いされたことないんですが、
実際うまくないんですが、
柳昇の「雑俳」おもしろいですよ。
下手なのに可笑しい。
いいじゃありませんか!

ふるしき

2009 年 5 月 17 日

箱根の新緑

ヒマなときに何します?
散歩に行こうと思っても外は雨だし、
テレビ見ても吉本のただやかましいだけの悪ふざけ。
音楽聞くのも、読書するのもなんだか気持ちが今ひとつ。
で、You Tubuで志ん生を。
「風呂敷」
そのあと談志の「まんじゅうこわい」
較べるのはやめますが、巷では立川談志はうまいことになってますよね。
独演会で前の席で居眠りしてた客を追い出したのは有名ですが、
私は何度聞いても談志が面白かったり、うまいなあと感じたりしたことがないんです。
むしろやな感じがします。

ホントに疑問なんですが、落語の分かる人に訊いてみたい、「立川談志はうまいんですか?」
わたしは落語通でもないし、話しを覚えていて一つ二つしゃべれるってわけでもないし、
ただ子供の時分から落語が好きでわけも分からず聞いて、楽しんでいたんですが、
そんなわたしには談志の良さがどうしても分からないんです。

志ん生は怖い顔をしてますよね。
噺の中でも滅多に笑わない。
だのになんであんなに可笑しいんでしょう。

好きだなあ、志ん生。

志ん生、サッチモ、海老の天ぷら。
大好物です。

2009 年 5 月 11 日

箱根で見た虹

連休が明けた7、8日、箱根に行ってきました。
二日間とも雨。
宿から出ない二日間でした。
七日の夕方、一瞬雲が切れて、僅かに虹が。。。
ほんの一二分で消えてしまいましたが。
翌日の毎日新聞には虹の中を飛ぶ飛行機の写真が。
空の上からはかなりハッキリしていたようです。

虹ってお一人様専用なのご存じでした?
わたしが見ている虹は、あなたが見ている虹ではない。
わたしが見ている虹はわたし一人のもの、なんだそうです。
小学校の理科の時間に、担任の丸山先生が話してくれた話しを、60過ぎた今でも、虹を見るたびに思い出します。

雨に降り込められましたけど、いい旅でした。

追伸、この虹が見えない方、モニター代えましょうね。

無題

2009 年 5 月 4 日

靖国神社前の右翼

高速道路が大渋滞だそうで。
千葉から名古屋まで1000円で12時間かければ着くそうです。
倹約なのか無駄なのかわかりませんが皮肉だって事はわかります。
連休はプリントしていました。
FUJIの「画彩」シリーズ「写真仕上げProモノクロ」いいですね。
今まで随分高い紙を使ってきましたが、これ充分作品に使えます。
微粒面なのでフェロかけたようなピカピカがお好みの向きにはお奨めできませんが、
印画紙を自然乾燥させて、ドライマウントのホットプレスで仕上げていた方には良いと思います。
値段も安いし、これをミュージアムボードに貼り込んで仕上げとするならお奨めです。
名前が何とかならないかと思いますけどね、センスなさ過ぎ。
安っぽい紙に聞こえます。 わたしだけですかねえ。
プロってつけると大概「プロは使ってないんですよ」みたいなアナウンスでしょ、ふつう。

あと、ミュージアムボードに貼り込むときの糊ですが、普通にスプレーのりが良いです。
昔銀一やPGIで売っていた3Mの台紙に糊が細かいドット状に並んでいてそれを印画紙の裏へくっつけて、台紙を剥がし
それをボードに貼り込むタイプ(名前忘れたんで説明が長くなりました)の、えらく高価な糊、アレ絶対に使っちゃ駄目ですよ。
もう品物自体がないかも知れないから、あまり心配ないでしょうが。
早い話が両面テープの幅広タイプ(初めからこう言えばよかった)みたいなもんですが、
アレは糊の色がはなはだしく黄変します。
またドライマウント用のティッシュも酢酸が強すぎていけません。
アンセルアダムスがドライマウントのティッシュばっかり使っていたようですから、本当はプリントが悲惨なことになって居るんじゃないでしょうか?
邪推ですけど。
スプレーのりは同じ3Mですから時間がたつと分かりませんが、タイプ77ですと接着力もそう強力でないので、剥がすことも可能です。
全部のプリントをブックマット加工するのは手間も嵩も大変ですが、ボードに貼り込むだけならお手軽でしょう。
それだけで作品らしくなります。
で、ボードにエディションとサインなんか入れれば、気分はすっかり作家です。
まあ試してみて下さい。

超々大型連休?

2009 年 5 月 1 日

松代群発地震

写真は1966年の長野県松代市です。
この頃、この地方には日に何十回という有感地震が長期にわたって起きて、松代群発地震と世に言われました。
わたしがこの時の取材で泊まった宿は「金鯛館」
名前から想像すると凄く良さげな旅館に聞こえますが、外から見ても傾いているのがはっきり分かるほどの崩壊寸前の宿でした。
なんでそんなところへ泊まったかといえばそれはもう個人取材ですから、しかも学生ですから経済的な理由が一番。
第二には他に宿がなかったんです。
めぼしいところは朝毎読がおさえて、それ以外にも共同、時事、外通、テレビ各局などで人が泊まれるところは全く空き部屋無しの状態でした。
やっと一軒あったのがくだんの「金鯛館」
わたしの他にもう一グループ、なんか胡散臭そうな感じで泊まっておりました。
毎朝八時に起こされます。
宿が起こしてくれるわけじゃありません。
寝ている背中から布団が居なくなるんです。
毎朝決まって八時に地面がどすんと沈むんですね、それで体が空中に置いてきぼりを食ったあと、遅れてどすんと落ちるわけです。
先ずこれで起きない人はないでしょうね。
第一傾いた宿をこんなに乱暴に揺すって、壊れるんじゃないかと思ったんですが、案外丈夫なもんです。
昔の民家は柱が太いし、梁も立派だし、朝食のおつけがお椀の中で相当かしがっていても、宿は倒れませんでした。
ですから、報道されるほど民家の被害は外からの見た目ではひどくなく、みんな慣れっこになってしまって、けっこう平気に野良仕事なんぞしていました。
人は何にでも慣れるもんですね。
で、皆さん地震が来るのを眼で見たことがありますか?
地震て見えるんですよ。
先ず、犬が鳴きます。 続いて田んぼがまるで波が寄せてくるように向こうからうねってきます。
あははは、ウソだと思うでしょ、でもホント、向こうからうねってきて自分の足下まで来たときにぐらぐらぐらぐら揺れるんです。
お金がないんで、宿の二食以外、飲まず食わずの三日間でした。

タイトルと全然違う方向へ話しが行っちゃいましたね。
失礼しました。