2008 年 10 月

制作秘話、なんておおげさな

2008 年 10 月 29 日
スイカ

Polaroid Transfer

「売りましょ買いましょ展」、なんですか残っているのは19日のところでお見せしたカーラー(最近はカラーて言いますね)のみだそうです。
このカラーも、もうオリジナルは手元にないんですがこれができたのは偶然の産物なんです。
わたしは大体ポラロイドの転写はアルシュというフランス製の水彩紙を使います。
理由はこの紙がパルプでなくコットンであると言うこと、無酸性紙であること、そしてなにより水に強いと言うことですね。
この西瓜もそうですがわたしは転写してそのままということもあるんですが
大概は水に入れて歯ブラシでこすったり、たわしで叩いたりするもんですから、普通のパルプの紙ですと溶けてしまいます。
それでこの紙を使うんですが、この紙が一枚千円弱します。
ポラロイドの転写なんておやりになった方はご存じでしょうがもの凄く歩留まりが悪いんです。
100枚転写して20枚成功すれば良い方です。
ですからヤレが盛大に出ます。その失敗の裏をテストに使うんですがそれがしょっちゅう足りなくなるんです。
で、手近にある紙でテストをします。
このカラーの時はトレペにやってみたんです。
できた当座は失敗。あまり上手く染料が食いつきませんし、薄い紙で色も良く分からない。
でも長年の経験で、その場でくしゃくしゃとはしませんでした。
時間がたつと良く化けることがあるからです。
それがこれ。乾いてきたらトレペが皺になってきたんです。
我々の言葉でレチキュレーション、失敗の代名詞です。
でもそれが面白かった。
ですからまわりを線香で焼いて台紙に張り込んでみたら、けっこういけます。
陶芸家と一緒で、我々の仕事なんか子供の遊びの延長なんですね。
広告写真の場合はそうはいきませんが、自分の作品を作る時は子供の遊びと一緒です。
だから楽しいんですね。

アメリカにジーンズ作る時に出る膨大な端布を集めてそれを材料に美術用のコットンペーパー作っているメーカーがあります。
フェデルスコーニ(?)といったかと思います。
いい紙なんだそうですがわたしはまだ使ったことがありません。
ま、そんなわけで案内状を出さない展覧会でしゃしんはうれました。
皆さん本当にありがとうございました。

売りましょ買いましょ展

2008 年 10 月 26 日
バラ

Polaroid Transfer

きのう土曜日「写真売りましょ!買いましょ!」展へ行ってきました。
若い人がが圧倒的に多かったですね。
各写真家10点ずつの参加ですが、売れてる人もありそうでない人もあり。
五味さんや細江さんでない写真家の写真を三枚買うと、五味さんのプリントが一枚おまけで貰える特典もありました。
壁面は世界的に評価の定まった方々の写真が一枚50万から100万円ぐらいで展示されていました。
細江さんのプリントが100万、我々が3000円。
可笑しい程の差ですね。
でも評価とはそういうものです。
努力の結果が値段に反映されるわけではないので、ここが面白いところですね。
ところでわたしの作品はあと二枚をのこすのみとなっていました。
どなたが買ったかは分からないそうです。
もし買った方がここを覗かれたら、ありがとうございます。
非常に感謝しております。
できれば会期中に完売なんてこともだいそれて居ります。
昨日はそのあと夜にはちょっと内輪のお祝い事などもあり、久しぶりに嬉し楽しの一日でした。
展覧されていた中でわたしは柳悠介さんという方の作品がとても好きです。
静謐なモノクロ写真で小豆島や八丈島で撮った心象風景。
ほんとに色々な写真家がいますねえ。
それが見られるだけでも面白いですよ。

サイトリニューアル

2008 年 10 月 25 日
ポピー

Gelatine silver + Polaroid Transfer

この二三日で気になっていたサイトのリニューアルを果たせました。
拙いWeb関連の知識でやっとこさ作った以前のアルバムはサイズが小さい上に、写真を探す方にとっては
時間をかけなければならない様な作りになっていました。
サイズが小さかったのは盗用されるのを防ぐ意味があったのですが、既にアメリカの相当数のポスター屋さんで
無許可でわたしの写真が売られているので、そこに気をつかうことが無意味になったと言うことがあります。
またLightroomが進化して知識のないわたしでも格好の良いものが簡単にできるようになったこと、
またwebへの接続環境がADSL以上の方が過半をしめるようになってきたためにFlashを気兼ねなく使えるようになったということもあります。
遅い回線をお使いの方たちには申し訳ないのですが、時代が変わったと言うことでお許し下さい。
「ドキュメンタリー」の中の「廃墟群」に関しては再構築までもう少し時間がかかります。
スキャンしたデータが紛失、web用の現在アップされているデータしかありません。
5DMk2が出たらそれで過去のフィルム遺産を複写しようと思っていますので、それまで今のままとなります。
でもほんの何年か前のことを思うと、まるでウソのように楽になりましたね。
撮影フィルムをスキャンしてデータ化し、それをさらにweb用に軽くし、さらにそこからサムネールも作ってアップする。
しかもデザインも自分でするとなると思い通りのデザインにするにはスキルが足りないというジレンマもありました。
しかもこれを百枚以上作るとなるとけっこうな手間と時間がかかりましたが、今や数分でそれが出来上がります。
わたしのサイトには1000枚近い写真がありますが、これも積み重ねでそうなったわけで、一気にこれをやろうとしたら大変な労力になります。
楽になったんだから、せっせとアップしなければと思うんですが、これがねえ。
小人は養いがたいですねえ。

三番瀬

2008 年 10 月 24 日
アネモネ

Polaroid Transfer

9月13日に書いた「バニシングポイント」ですが、そこで書いた青潮の被害がなんか大変なことになってるそうです。
青潮の被害が江戸川放水路に出て、ハゼが何百万尾も浮いた話しをお知らせしましたが、そのハゼの大被害を受けて放水路の水門を開けたそうです。
それで上流からの酸素をたっぷり含んだ水が放水路へ引き込まれたのはいいんですが、その為に放水路にたまっていたヘドロが大量に海へ流れ出したんだそうです。
ご存じの通り江戸川放水路の先は東京湾の生きものたちのゆりかご三番瀬があります。
深い東京湾の中にありながら干潮時には子供が歩けるほどの浅瀬になります。
この浅瀬で魚は卵を産むんですね。
アサリもたくさん採れます。夏の大潮の日(満月か新月の日ですね)で干潮が昼間のほどよい時間にくる時は船宿が潮干狩りの舟を出します。
海の真ん中の浅瀬まで舟で連れてってくれるんです。
その三番瀬へ放水路の底にたまっていたヘドロが押し寄せたんですからたまりません。
今年三番瀬のアサリは全滅といってもけっして大げさでないほどの被害を受けたそうです。
それだけじゃありません。
三番瀬に集まる野鳥が激減しているそうです。
たった三四日水門を開けただけでこれほどの被害がでるのです。
諫早のギロチンなんかほんとどのくらい自然をこわしたか。
目先の経済活動にはプラスでも長い目で見ると大損害。
でもそれを企画立案した役人や政治家は自分の任期でしかものを考えませんから、こういうふざけた政策を実行出来るんでしょう。
それにしてもアサリも漁師も困ったようです。

熊切圭介

2008 年 10 月 23 日

熊切圭介

すみません。
例によって、終わってからの告知です。
大御所、熊切さんの展覧会です。まだこのあと名古屋、大阪、札幌と廻るそうです。
最終日の昨日ギリギリで滑り込んだんですがお目にかかれませんでした。
熊切さんは余程この島が気に入ったみたいです。
何度かの大病から復活してその度に展覧会。
見習わなくては。
小川隆之という写真家がいます。「New York is」という私が衝撃を受けた作品の作者ですが、
その小川さんから昔聞いた話しです。
立木義浩さんが撮影を終わってリムジンの後部座席で足を投げ出してリラックスして銀座通りを通りかかった時、
石元泰博さんがジッツォ(フランス製の大型三脚)にディアドルフ(木製の8x10inchカメラ)をのせたまま
一人でそれを肩に担いで歩いてこられたそうです。その頃石元さんは既に80才かそれに近い年齢でした。
撮影の途中だったんですね、きっと。
それを見た立木さんは車を降りて土下座したくなったそうです。
わかりますね、この気持ち。
私ちょくちょく近頃の噺家の悪口書きますけど、写真家も昔の人はえらかった。
熊切さんの写真見ながら、フとそんなことを考えました。

ガーベラ

Polaroid Transfer

「3000円で写真売りましょ買いましょ」展で私の作品を買って下さった方が居られるようです。
ありがとうございました。本当に感謝します。
実はこの展覧会の知らせは知り合いに案内をしませんでした(この場所では書きましたが)。
わたし普通、展覧会の時はたいてい200~400枚ぐらいの案内状を出すんですが、今回はそれを敢えてしませんでした。
いったい私を知らない人達に私の作品はどの程度受け入れられるものか? 試してみたかったんです。
3000円というあまり負担にならない金額で、でも絵はがきよりは相当高い金額で無名の私の作品は果たして売れるのか?
しかも、大勢のビッグネームの中にまぎれて。
売れたそうです。
買って下さった方は写真家。
これもありがたいことです。
オリジナルプリントを根付かせるためには、先ず写真家が写真を買おうよ、という趣旨で始められたこの企画。
五味彬さん、横木安良夫さん、細江英公さんその他企画立案実行された方たちに感謝します。
細江さんは人の写真を良く買うことで有名ですが、細江さんに展覧会で写真を買ってもらったら
学生なんかほんとに勇気が湧くでしょうね。
そういう意味でも、昔の写真家はえらかった。

会場の様子はこんなです。
http://jp.youtube.com/watch?v=W5CqgjFqCU8
http://jp.youtube.com/watch?v=njXI6z6Ory4

資本主義

2008 年 10 月 19 日
カーラ

Polaroid Transfer

先月の「蟻にたかる砂糖2」で書いた貨幣の矛盾ですが10月17日付の朝日新聞(朝刊)に
「経済危機の行方」と言うタイトルで東京大学の岩井克人さんという方が書いておられます。
見出しが三つあって「資本主義は本質的に不安定」「貨幣それ自体が実は純粋な投機」「セカンドベスト目指すしかない」となっています。
この二番目が「蟻にたかる砂糖2」を踏襲しています、て、そんなわけないですね(笑。
経済学者の書く文章ですから、過去の著名な経済学者の名前や経済学理論などが文章中にちりばめられていますが
そういう飾りを省いてしまえば、「蟻にたかる砂糖2」で乱暴に言い放ったなんの価値もない紙切れ理論(?)が分かりやすく書かれています。

本来は価値のないものに無理矢理価値があるように見せる時に使われるのは昔からたった二つの事ですよね。
独裁者の権威とか神仏の偶像化とか、世界の至る処で行われている神格化のテクニック。
一つは隠すこと。
もう一つは隠し切らずときどきは現すこと。ただし、現す時はその手続きを複雑煩瑣にすること。この二つだけですね。
ものでも人でも神格化されているものは皆そうでしょ。
これは人間の中にある弱点なんでしょうね。
簡単に会える人はえらくない、いつも見られる仏像はありがたみが少ない。
ここにつけ込まれるんですね。
組織の中ではこれがさらに複雑に機能します。
神格化されたものの価値を認めることによって、自分の位置が保証される。
シンボルを否定するとそのピラミッドの下に位置する自分をも否定することになるから、シンボルを認める、と言うネガティブな思考経路が出来上がります。
シンボルを崇めればあがめるほど自分の位置が強固になっていく。
連合赤軍、オウム、国家、その他合法非合法の区別なく、組織とか集団を神格化する時には必ずこれが存在します。
ヒエラルキー。

話しが危険ゾーンに入ってきたのでこれで止めます。

古今亭志ん生。
たまりませんねえ。