2008 年 9 月

蟻にたかる砂糖 2

2008 年 9 月 22 日

柿の葉

昨日のタイトルと短文について、「意味分からん」というご意見。
ちょっとはしょりすぎました?
こういう意見てあまり克明に書くと、口はばったくなるでしょ、それではしょったんですが、意味不明ではどうもねえ。
つまり砂糖に蟻がたかるのは至極当たり前でしょう、というぐらいの意味です。
益々分からん、と言われそうですね。

紙幣という本来大した意味もない紙切れが世界中で信用を持っているのはそのうらに実業が担保されているからでしょう。
田んぼ耕したり、魚獲ったり、茶碗作ったり、家を建てたり、病気治したり、子供に勉強教えたり(汗)、写真撮ったり(汗々)。
ですからそれら生きていくのに有益だったり必要不可欠だったりする仕事をした人が
蟻が砂糖にたかるように’少しでも甘い方、より高く買ってくれる方へ売るのは当たり前でしょ、という話しです。
ところが、実業を担保しないで紙切れだけ右へやったり左へやったりしてその紙切れふやすのはそこでとどまっていれば
子供銀行みたいでなんの問題もないのですが、そうやってふやした紙切れが蟻の作ったものと交換出来ちゃうところに問題があると言いたいのです。
漱石も「商売で儲けた金で芸術家にものを言うな」(ちょっと乱暴な意訳ですけど)みたいなことを言ってますよね。
銀行といい証券会社というと世界中で表通りに店舗構えて、いかにも信用ありそうですけど
彼らから行儀の良さと節度を省けば(最近では相当省かれてますが)金貸しと博打打ち、て言いすぎですか。
実業を担保しないで金だけを転がすやり方は、実業から搾取していることになります。
会社の社長が実際に働いている従業員よりたくさん紙幣を取っているのとはわけが違います。
実業を担保しないからいずれ破綻は当たり前ですよね。
みんな分かっているのです。
不動産の証券化みたいなまやかしのゲームを作って儲けたら破綻しないうちに手を引く。
そんなちょぼいちは許せません。
つぶれたって、買われたって構やしません。
ああ、だんだん熱くなってきた。
もう止めます。
私は彼らに同情はありません。
いいきびだと言って笑っていられないのが困りますけど。

蟻にたかる砂糖

2008 年 9 月 20 日
クロスハッチング

クロスハッチングフォト

世界の表通りに店舗を構え経済界の信用度抜群のリーマンブラザースが破綻して次はAIG。
私には彼らが「蟻にたかる砂糖」に見えるんですが。。。

EOS 5DMk2のISO200~25600の作例ありますね

2008 年 9 月 19 日
アマゾンリリー

Hasselblad velvia tripod

ポーニョポーニョポニョ 満月だァ

2008 年 9 月 14 日
夜の隅田川

DP1 ISO800 handheld

「崖の上のポニョ」見てきました。
この映画が見たかった理由はまず宮崎駿の作品だったということ。
それに3Dでなく、手描きのアニメであるということ。
そして、華々しい宣伝に影響を受けました。
観た感想は、いい感じ。
所ジョージや長嶋一茂が参加しています。
同伴者は「声は声優にやってもらいたい」という意見でしたが、私は別にこだわりません。
というか、最後までどれが一茂でどれが所ジョージか分かりませんでした。
映画は冒頭から筆の跡というか、タッチが見えて、実にいい感じ。
3Dばかり見せられている昨今、逆に新鮮でした。
人の手の跡が見えるって、いいもんです。
内容は?
この映画は内容を問うような映画ではありません。
子供にかえって単純に楽しめばいいのです。
じゃあ楽しめたかというと、楽しめました。
「泣くよ」と言われていたのですが、泣くところはなかったです。

木場で映画を見たので、そのあと砂町銀座へ。
銀座ホールでビールと焼きそば。
焼き鳥を買ってもらって、隅田川へ。
ちょうど満月でした。
昨日の月はなかなか上がらない。
いつまでもいつまでも、目の前にいました。

DP1の高感度ノイズ、色々いわれてますが、どうでしょう?
フィルムっぽくないですか?
夜景でならいい感じです。

バニシングポイント(セミの消滅日)

2008 年 9 月 13 日

朝の散歩で拾ったセミ

土日と雨の日を除いて毎朝、浜町公園を抜けて隅田川の人工河原を歩いています。
今年はセミの発生数が多かったようで散歩の途中で道に落ちてしかも比較的形の壊れていないものを拾っていたら12匹。
アブラゼミとヒグラシばかり。
東京にまで進出してきたというクマゼミにはお目にかかれませんでした。
ニイニイゼミも。
ところで、それまでうるさく鳴いていたセミの声が昨日突然消えたのです。
浜町だけでなく清澄公園でも。
私今まで気がつきませんでしたけど、セミって、木から葉が落ちるように漸減していって最後には一匹もいなくなるもんだと思っていました。
でもそうじゃなかったんですね。
昨日突然、ぱたっとセミの声が消えました。
今日も聞こえません。今年だけのことでしょうか?
このまま今年のセミが終わったとしたら、これは消失点があるということになりません?
新発見です。
そういえば今年はハゼも大発生したようで、私もたまに行く江戸川放水路では盛んに釣れ盛った様です。
九月に入ったら一度行こうと思っていたんですが、八月に30年ぶりとかいう青潮が発生して、何百万尾ものハゼが浮いたそうです。
川の両岸の浅瀬には白い腹を見せたハゼが死屍累々としたそうですし、せめて空気を吸おうとする立ち泳ぎのハゼがサギに食われていたそうです。
頻発した青潮で三番瀬のあさりも七八割死んだそうですし、なんか天候不順です。
新藤さんとこに張ってあった温暖化はCO2のせいじゃないという大勢の科学者のネガティブキャンペーンもなんか肝心なところが抜けているようで、つまり今の地球の温暖化現象はけっして人類の経済行為の結果ではなく、過去の気候大変動に照らしても大したこたあないぜよ、ということらしいのですが、私にはそうは思えません。
これだけのスピードで大地から緑を奪い、海を汚染し、単一の種が爆発的に増えた事はかつて無いのですから。
人の営み、経済活動が地球にとって良くないことは自明でしょう。
これほどの科学者を動員してこういう大々的なキャンペーンを張る、真意はなにか? 私はそっちに興味があります。

いずれにせよ、良くないことが起きつつあることは確かなようです。