2008 年 6 月

与太郎

2008 年 6 月 15 日

雲

雲

きのうの空です。
散歩している間にどんどん暗くなってきて、ついには大粒の雨が落ちてきました。
日頃の行いがいいので、一時間ほど歩いている間にどんどん暗くはなってきたのですが、
雨は落ちてこない。
遠くにあった黒雲がしだいにわたしの居る方へ近づきつつ厚みを増して、
家まであと100メートルというところで、降ってきました。
セーフ。

さて、話しは写真となんの関連もないのですが、久しぶりにご近所の猫の話し。
前にも書きましたがわたしの住まい兼スタジオはかつては棟割り二軒長屋。
それを互いに改築しまして、今は外から見る限り独立した二軒の家にみえます。
が、それは見えるだけで、実際は屋根裏がつながっている。
互いの大工の手抜きなんですが、まあそれで不都合はないからそのままです。
ところがここへ来て不都合が出た。
細かい話しは省きますが、例の猫共のうち、のらくろが天井裏へ入ることを覚えたらしい。
らしいというのは、うちの方へは来ないからで、もっぱらお隣の天井へ上がる。
ネズミを捕ってくれるのでそう文句も言えないのですが、猫嫌いには堪りませんね。
お隣は女所帯ですからこういうときに困る。
でも、わたしの話によく出てくる、断裁やさんのおじさんがすこぶる付きの親切ですから
見てあげましょうと言うことで、天井裏へ上がったらしい。
で、そのてんまつを道ばたで話しているときに、わたしが通りかかったんです。
呼び止められて「お兄さんのとこ、猫上がらない?」
笑っちゃあいけません、お兄さんの頃からの知り合いだから、今でもお兄さんて呼ばれるんです。
「おじさんに見てもらったら、穴があいてるらしいのよ」
おじさんていうのは断裁やさん。ちなみにわたしより年下ですがこっちはおじさん、わたしはおにいさん。
へへ、どんなもんです、、て自慢することでもないですね。
そして訊いてきたのがお隣の娘さん。
お母さんが高齢になってきたので毎日ようすを見に来ます。
これが娘時分は小町と呼ばれるほどの器量好し。
年が近いから当時は狭い路地ですれ違ったりするとき、どきどきしたもんです。
今? すれ違っても気が付かないことがある(笑。 失礼。
でまあ、おじさんが天井に上がって穴を見つけてくれたんですから、
軒を接するわたしが知らん顔もできないので、「じゃあ、穴の方はわたしがふさぎましょう」なんて、やすうけあい。
ちょうど我々が話しているお向かいが大衆割烹、外にトロ箱がたくさん積んでありましたから、
それをもらって、さっそく屋根に上がりました。たしかに穴があいてます。
ひさしの裏なので雨は吹き込まないけれど、生きものは出入り出来る。
よく年寄りが屋根に上がって落ちて死んだというようなニュースを見るなあ、
なんて思いながらそれでも無事に修理完了。
仕事早いねえ、とか、ありがとうございます、とかさんざん言われていい気持ち。

ところが。
翌朝、路地に発泡の細かい屑が一面に散らばっています。
ありゃ、猫が入り口をふさがれたんで、頭に来てひっかきゃがったな、と思って、はたと気づいた。
トロ箱と言やあ、生ものが入っていた筈。
猫は悪さしたんでなく食欲を刺激されて、この中に何かあるぞッてんで、引っかき回したんじゃない?

とほほ、とんだ与太郎でした。
二三日お天気が続いたら、また屋根に上がらなきゃなりません。
こんだはベニヤでふさぎます。

横尾忠則展

2008 年 6 月 15 日

横尾忠則展

きのう、土曜日にご存じ横尾忠則展「冒険王」行ってきました。
世田谷の教育委員会が小学生には見せちゃいかん、とか決めたそうですね。
「守銭奴と役人は養いがたし」馬鹿、念がいってます。
横尾忠則の作品でわれわれ世代に強烈なのはやはり寺山修司の天井桟敷ポスター。
シルクスクリーンでおどろおどろしく印刷されたそれは衝撃的でした。
権威やたてまえだけの道徳を挑発するその作品はすげえなあ!と思わせるものでした。
ただ、わたし個人的にはその後の横尾忠則、Y字路シリーズや「絵画」は正直興味なかったんですが
印刷だけで評価しちゃだめですね、実物見ないと。
凄いです、大変なエネルギー!
今年に入ってからでも、あれ何号って言うんでしょう、一坪位の大きさのタブロー、アクリルですけど。
何枚も描いてます。
いやあ、元気です。
それと知らなかったんですが、色指定の作品が多い。
まあエディトリアルでの仕事が多いからなんでしょうが、その原画である線画。
これが、すごくいいんです。
欲を言えば、60年代のポスターの実物を展覧して欲しかった。
原画よりもあのシルク印刷のポスターの方が毒があって、すき。
6/15迄ですが、おすすめです。
元気貰えます!

DP1が戻ってきました

2008 年 6 月 12 日

DP1

改造依頼をしていたDP1が戻ってきました。
改造でなく、調整と言うことで、保証期間内ですので無料。

どこを直したかと申しますと、MFリングの硬さ調整。
改造できますか、とお願いしたのはひょっとしてクリックストップにでもしてくれるか
と甘い期待をしたんですが単純に調整で戻ってきました。
このあたり後継機ではクリックストップにして欲しいところですね。
で、調整結果ですが、確かに以前より固くはなりました。
首から下げているといつの間にか動いてしまっていた、なんてことはなくなりそうですが
わたし的にはもうちょい固くてもいいかなあ、という感じ。
最大限かたくしてくれたようなので、これが限界ということでしょう。
我慢します。

結構あちこち我慢を強いられるカメラですが、気に入ってます。
次からはまたこのカメラでの絵になります。

スピード社製水着

2008 年 6 月 9 日
クロスハッチング

クロスハッチングフォト

日本水泳連盟がきのうのジャパン・オープンでイギリスのスピード社のレーザー・レーサーという水着をを着た選手が
16個の日本記録を出したことで、北京については水着は自由ということにするみたいですね。
特に前日の予選でミズノを着て日本新を出した北島康介選手が試合後「泳ぐのは僕らだ」というTシャツを着て
インタビューを受けたにもかかわらず、翌日の決勝でレーザー・レーサーで世界新。
これで流れは決定的になったんでしょうね。
およそ、タイムを競うスポーツで道具に頼らない種目はないですものね。
義理より記録、約束より記録、ですね。
しかたないと思います。記録によって選手のその後の人生さえ大きく変えてしまうんですから。

わたしがかつてやっていた射撃競技ですが、これも道具に大きく左右されます。
射撃競技は散弾銃による競技と、ライフル銃による競技とに別れますが、散弾系には世界クラスの選手がいるのに、
ライフル系には世界クラスの選手がいません。
これは一部には銃のせいだと言われています。
はてどうしてでしょう?
散弾は読んで字のごとく、たくさんの弾が銃身からバラバラとはき出されますがライフルは一発です。
ですからライフルに於いては銃の性能が直ちにスコアに影響します。
日本には競技銃のメーカーはありません。まあ、実際はあるんですがそんな銃を使っている選手はいませんから、無いも同然なんです。
だいたいみんなドイツやアメリカ製のものを使います。
銃は大雑把に分けてアクションとバレルにわかれます。アクションは引き金、バレルは銃身。
特にこのバレルは鍛造品なんですね。日本刀と同じです。
熱して叩いて折り曲げて、熱して叩いて折り曲げてを繰り返して作っていくわけです。
ですが、競技は60発、120発という数の弾を撃ちますから、競技後半では銃身が熱くなってきます。
大口径では銃身からの熱で的が揺らいで見えるほどです。
ですからその揺らぎをおさえるカーテンみたいなものまであります。
熱を遮断するために銃身の上に布状のカーテンみたいなものを銃身から少し離して張ります。
問題はそういう付随的なところではなく銃身そのものにあります。
このあたり、さしものゴルゴ13にも出てきません。
銃身が鍛造品であるために、つまり、曲げ折りを繰り返しているために、熱がかかると鉄はもとの形に戻ろうとするのです。
従って競技終盤では銃身がほんの僅か、ミクロ単位で変形するんですね。
これがスコアに影響する。
ですが、銃の製造過程でそれこそ何万丁に一丁とか言うごく僅かな確立で、反ってももとの形のまま、という偶然の産物が出来るらしいのです。
これができたとき銃器メーカーはその銃を販売ラインにはのせず、自国の選手に進呈する、
という実にありそうな噂がトップ選手の間では囁かれていました。
まあ、最後が尻切れトンボですが、その位選手は道具にこだわりを持つというお話しでした。
でも、こういうものは道具の差がでるほどのレベルでない人達の方が熱心だというのもまた事実でしょうね(笑。
写真にも言えるでしょ、これ。

ゴルゴ13に出てこないお話しまだまだあります。
これはさいとう・たかおさんが取材した先がトップ選手ではなかった事を物語っています。
またそのうちお話しします。

展覧会めぐり

2008 年 6 月 4 日

熊切り啓介展

森山大道展

靖国

きのう午後から二三廻ってみました。
先ず品川へ、熊切さんの展覧会、オープニングにも呼ばれていたんですが、伺えずじまい。
用があった訳じゃないんですが、なんか苦手なんです。
知らない人が大勢居るところへ出かけていくのが。
それでも礼儀を考えれば行くべきだとは思うんですけど、
また自分の時に誰も来てくれなかったらさびしいんじゃないかとも思います。
それでも行かれませんでした。熊切さんごめんなさい。
展覧会は1960年代を中心に日本の高度成長期の歪みを政治、経済、風俗を通して、
週刊誌の取材(たぶん、想像です)で撮りためたフィルムの展覧です。
ひとつの姿勢に貫かれて撮った写真ではありませんし、ひとつの思想のもとに編集されているわけでもありません。
仕事で行った先で撮った写真がほぼ時系列に並んでいるだけなんですが、
そうは言ってもわれわれは日々生きている中で見る様々なことに、
普段自分が持っている尺度をあてながら見るわけですから、
当然シャッターを切るときにそれぞれの思いは込められながらシャッターは切られるわけです。
そこにさらに、ごく短い熊切さん自身のコメントが添えられています。
これはたぶん雑誌に掲載されたときに記者が書いたコメントとは異なるはずです。
これが効いていました。
外国通信社では一般に写真に付けるコメントは撮影者自身が書くんですが、日本では筆優位の習慣から
カメラの意見を聞くことすらなく、現場を見ていない記者がコメント付けたりします。
不思議な習慣です。

次に森山大道さん。
若いときに衝撃を受けた写真家です。
プロボーグでは多木浩二さんが一番好きで、二番が中平卓馬さん、そして森山大道さん。
高梨さんはちょっと毛色が違うので、衝撃は受けませんでした。
展覧会は「うーーん?」という感じ。
「レトロスペクティヴ」が、当時の写真から最近まで。
でも圧倒的な存在感は1960年代の写真、なんですが、「うーーん?」なんです。
写真がイレブンフォーティーンというサイズのせいか?
たぶんそれより、ゼラチンシルバーでの展示のせいだと思うんです。
会場に置かれた当時の森山さんの写真を使った、印刷物の方が
はるかに存在感があるのです。
森山大道という人の写真は印画紙に似合わない!
ジャーナリズムの上にのって、印刷媒体に置かれたときに、きわめて強いメッセージを発揮する。
そういうタイプの写真家のようです。
彼は彼ひとりで完結しているわけではなく、常に何かの対極として存在している。
常に何かの対極としての表現。
そんな感じがするのです。
この人達三人は、みんなそうです。
同人でただひとり、高梨豊だけが高梨豊として完結している。
だから肌が違って見えるんだろうと思います。
独断です。

私としては珍しく大道展に二時間近く居ました。
そして最後に、映画「靖国」を見に渋谷へ。
ネガティブな宣伝が効いて(笑)平日にもかかわらずほぼ満員。
右翼が騒いで事前に右翼向けの試写を開いたら、意外におとなしい感想。
反日映画に国の助成金を出すとは、と大騒ぎした自民党の有村治子議員の抗議に押されて開いた試写会。
こちらも結局おとがめ無し。
甚だしい理解力欠如!と、いうことでもないのかしら。
要は文字なり言葉なりではっきりと「反日」「反靖国」と書いたり言ったりしなければ
解釈で反日や反靖国になってもそれはそう強く言えないって事でしょうか。
ただこのドキュメント見ていて変だなあ、と思ったところがあったので
友だちの井上修さんに連絡してみました。
彼は以前私のDiaryでもご紹介したことのある映画監督
なんと、私の違和感は間違いではなかったのです。
この映画「靖国」の中に出てくる高金素梅(チワス・アリ)さんの部分、取材テープ、
どっかで見たことあるなあと思ったら、そっくり井上さんの作品だったのです。
映画の最後に協力者として井上修の名前が出るので電話をしてみました。
「協力したの?」
「まあね」
歯切れが悪いのでさらに訊くと
「あれね、事後承諾なの」
「なに?」
「こういう訳で使わして貰ったから、試写会に来てくれって」
「抗議しなかったの?」
「あの雰囲気の中で抗議したら、神社側か右翼て事にされちゃうでしょ」
たしかに、あのマスコミの風潮の中で抗議を行えば、
事の真偽より、おもしろおかしく餌食にされるのは間違いのないことでしょうね。
映画「靖国」の中には当時の新聞や軍部の撮影した写真やニュース映像が
資料としてたくさん引用されています。
そのひとつ、と言うかその延長上で井上さんのフィルムも流用されたようです。
普通、こういう場合はスーパーインポーズでも入れるんじゃないでしょうか。
と言うより、事前承諾が必要でしょう。
私はたまたま以前に井上さんの映像を見ていますし、友だちでもあるので
事実関係を理解しましたが、
映画を見たほとんどの人はあの映画の中の高金素梅さんの映像は李纓さんのものと思ってしまうでしょうね。

映画の出来、その良し悪しはともかくとして、
この作者の感覚はちょっと驚きでした。
先の理由で井上さんは言いにくいでしょうから、
私のささやかな読者だけにでもお知らせしておきます。

らっきょ

2008 年 6 月 2 日
らっきょ

EOS20D

何故今日はカメラが20Dかと言いますと、DP1を改造に出しました。
どんな改造かはカメラが戻ってきてからということで。。。

さて今年もラッキョつけました。
近所の八百屋「八百千代」さんが廃業してしまったので、今年はどうなるかなあと思っていたんですが、
かえっていつもより多く漬けました。
つごう八キロ。
最初見つけたのが浅草でキロ480円、それを五キロ買って漬けたんですが、たちまち消費。
ぜんぶ食べた訳じゃありませんが、恐ろしい勢いで食べるもんですからこりゃあ夏まで保たないなあ、と。
そんな時両国でキロ398円を見つけて、三キロ。
漬けて三日目からもうおいしい。
ところでこのラッキョ産地は同じ、宮崎。砂丘と書いてあります。
鳥取じゃあない。わたし無学で分かりませんが、宮崎にも砂丘あるんですか?
で、このラッキョ、食べてみて分かったんです、安いわけが。
ちょっと、トウがたってます。
トウがたつと安くなるのはらっきょばかりじゃありません。
カメラマンもトウがたつと安くなる。
あはは、でそのトウのたったらっきょ、薄皮むいただけでは歯切れが悪い、もう一枚剥いた方がおいしい。
なるほどね、このラッキョぜんぶ外の皮一枚剥くとそうとうカサが減りますから、まあこんなお値段、そういうことか。
しょう油がだいぶん甘くなってきたので、生醤油をたさなきゃと思いつつ、そのまま漬けてしまいました。

最近面白い川柳を見つけたので

古い木や 買わずに取り込む ケチな湯や

江戸っ子の生まれそこない銭をため

ですと。
わたし生まれそこないじゃないみたい。