2008 年 5 月

バイアス

2008 年 5 月 28 日

展覧会チラシ

展覧会のお知らせです。
このお二人とは何の関わりもありません。
また、この企画をプロデュースされた香月真理子さんや写真家の井原淳一さんと親交があるわけでもありません。
そうして、ここに展覧会を開いているお二人の作品や生き方に大いなる感銘を受けた、というわけでもありません。
それなのに何故この展覧会を皆さんにお知らせするかと言えば、タイトルの「バイアス」です。
展覧会場に感想を書くためのノートが置いてあります。
そこにあるひとりの方が、「私のバイアスのかかった目線」というような言葉が書かれていました。
この言葉に、大袈裟に言えば、ショックを受けたのです。
そして展覧会自体は感じの良いものなので、ちょっとお知らせしておこうかと、思いました。

中央区の図書館はググればすぐに分かります。6/5迄、お休みはないようです。

さて、「バイアス」ですが、心理学なんかで使われる言葉ですが、もともとは、というかわたしなどは
電子回路の中で使われる用語として知っていました。ブリッジとかバイアスとか。
先の感想ノートで筆者が使われたのは心理学用語として、偏見とか先入観とか言う意味で使われたんだと思います。

わたしは、自分では自分のことを差別意識のない方だと思っています。
被差別部落の出身者や部落解放同盟、在日韓国朝鮮人の方々にはシンパシーを感じています。
それでもこのお二人をわたしは先の筆者同様、バイアスのかかった目で見ていた事を思い知らされたのです。

簡単に説明しますと、お一人は日本橋のたもと、銀座に向かって手前右の橋のたもとで、お天気の良い日に
地面に座り込んで、ぼろ布で人形を作っていました。作っていたものは「稚拙」とわたしの目には映るものでした。
もうお一人は茅場橋の上で路上生活をしていました。
リヤカーのようなものに囲いをつけて香港フラワーやら絵やら写真やら意味不明なオブジェやら、
ありとあらゆる脈絡のないものをそのリヤカーにくくりつけて、その中で生活していました。満艦飾そのもの。
わたしはこのお二人をしょっちゅう見ていました。大概は自転車で用足しに行く途中。
自転車を止めて、会話をするとかいうことはありませんでした。
正直な感想は「変な人が居るなあ」です。

ここであまりこのへんのわたしの心理を書いても、自虐的に自己弁護をすることになりそうなので
ただ自分のバイアスのかかった目線にショックを受けた、とだけにしておきます。
このお二人のことは雑誌にも載ったそうですからご存じの向きもあるかと思いますが
まあ、写真も企画も感じのいい展覧会であったのと、場所が図書館、わたしの反省などを込めまして
お知らせ致します。

日ラ

2008 年 5 月 26 日

日本ライフル射撃協会

日本ライフル射撃協会

タイトルの意味が分かった方はこの種目の関係者でしょう。
それ以外の方達にはどう読むのかさえお分かりにならないと思いますから、先ずは読み方から。
「にちら」と読みます。お察しの通りある団体というか協会の名前を縮めて呼んだ通称です。
正式名称は「日本ライフル射撃協会」、オリンピックの正式種目ですから、柔道やバレーボールと同じ範疇です。
といってもほとんどの方にはこれが純粋にスポーツで、非常にストイックな競技であるというようなことはご存じないでしょう。

実はわたし、告白しますが、この競技の選手でした。
中央区や東京都からお金を出して貰って、試合に出ていたんです。
お金といったって、「弾代(たまだい)」といって僅かなもんですが。
で、この競技のある種目で、東京都の一位になったことがあります。その年の国体最終選考会も一位でした。
つまりまじめな競技者だったんです。

さて、ライフル競技と言っても種目はかなりあります。小さい口径のもの、大きい口径、長い鉄砲、短い鉄砲つまりピストル。
空気で弾を発射するものや火薬で発射するもの。
特に長いものの方は寝て撃ったり座って撃ったり立って撃ったり、従って英語ではPosition Shooting。
日本では非常にマイナーな競技で、しかも良いことに日本では国民の間に銃器アレルギーがありますから、
鉄砲の競技といえば、すぐに戦争を連想させ、人殺しの練習だみたいな感じで嫌われます。
それはある意味健全な反応で、アメリカのようになんでも銃で解決しようとする風潮を内包している国よりはずっといいのです。
ただこれは逆にまじめに競技に打ち込もうとする人達には逆風になります。

北京のオリンピックの時には射撃競技がきっと中継になります。
その時覚えて置いて下さい、「スモールボア競技の立射」、これを是非見て下さい。
特にヨーロッパの選手、これは弓道や居合いやといった日本の精神性に非常に重きを置いた競技の選手達に見られる、
ストイックで寡黙な競技者の姿が見られます。
射撃競技は他のスポーツと決定的に違う点があります。
それは筋肉の使い方です。
スポーツはほとんど例外なく筋肉を緊張させるものなんですね。
走るのも跳ぶのも、泳ぐのも投げるのも、ぶら下がったり飛び越したり、ともかく筋肉を瞬間的にか持続的にか、
緊張させることで成り立ちます。
唯一射撃だけが、筋肉を弛緩させる競技なのです。
ですから他の競技と違って競技の技術習得にかかる時間は短くてすみます。
そうなると勝負の分かれ目は、精神面ということになります。
ゴルフのテレビ中継など見ていると、アナウンサーが実にしばしば選手の「集中」を問題にしますが、
それを言うアナウンサーの大部分はスポーツに於ける集中がじつはどういうものか知らないと思います。
これは仏教で言う悟りのようなもので、経験しないと絶対に分かりません。
そして、射撃競技に於いてはこの「集中」を経験できて意識したときから、競技者と呼べる領域に入ったと言っていいでしょう。

集中というのは度合いがあって、昨日できた集中のレベルまでは今日はスッと入れるものなのです。
しかし昨日以上の集中を、と思うともの凄い疲労感が押し寄せてきます。
そしてこの自分との闘いは外から人には見えないために、妥協に陥りやすいのです。
射撃競技が上達するかしないかは、一にかかってこの集中をどこまで高められたかによります。

それと、勝負を投げないこと。
わたしが競技をしていた頃、今より射手のレベルが低い時ですら、
例えばエアライフル競技では10メートル先の直径一ミリの的が、10点圏でした。
これにプローン(伏射)の選手などは120発打ち込む競技で、満射を出すのです。
10メートル先の直径一ミリの円に120発すべて触ると言うことです。
(ある意味恐ろしいでしょ、戦争なんか絶対に行きたくありません)
ですから、初弾を8点なんか撃ったら、「ああ、今日はもう勝てない」とか言う気持ちがわいてきます。
それが、6点だ5点だ、というような点数を撃ってしまっては、もう入賞すらあり得ません。
そこで凡庸な選手は皆、今日は練習にしよう、と気持ちを入れ替えるんですね。
本番でする練習ぐらい、身のはいる練習はない、とね。
ところがこれが逃げなんですね。
何故かと言うに、どう見ても勝てないと決まってしまったような試合に、
残り119発を集中しきって撃つことはものすごおおおおおおおおおく疲れるんです。
ですから先ほどのような、自分に言い訳をして、勝負から下りてしまうんですね。
そして、全員が撃ち終わって、スコア発表という段になって初めて、
その日は全員が調子が悪く、平均点がいつもより相当低かったりするんです。
凡庸な射手、つまりわたしみたいな射手は、本番での練習だとか言い訳して、
結局もの凄く低いスコアで上がってきます。
しかし、一流射手は、あの疲れる集中を乗り切って、初弾の失敗以降は
普段通り撃って帰ってきます。
結果、全体のスコアはレベル的には低かったんですが、勝った人はいつもと同じ人、となるわけです。
あとになって、凡庸な射手達は「なんだ、今日のスコアならわたしにも撃てたなあ」なんて言い合うわけです。

長くなりましたから、このへんにしておきますが、「集中」や「緊張」「上がり」「筋肉の自動化」
とかわたしが競技生活で覚えた面白い話しは結構あります。
またそのうちお話ししましょう。

ひょっとして……

2008 年 5 月 20 日
薬師寺

チケット スキャン

嵐でしたね。
我が陋屋は雨漏りしました。
18日の日曜日は裏の共有部分となっている私道の下に埋設されている下水管の取り替え工事。
80年以上経つ下水管はついにつぶれて、下水が逆流寸前。トイレが吹き上がるところまでは行きませんでしたが、
裏に幾つかある、下水ますは完全に吹いてしまって、汚水が反乱(氾濫でした、でも気分は反乱)。
EOS 5D後継機のためにためていた虎の子を取り崩して、修理代金に。
まあ5、6軒で割り振るからいいようなものの、我が家一軒なら冗談も出ないような金額。
こうなったら、秋には出るかと噂の後継機、もうすこうし先へ延ばして貰いたい、なんてね。
棲み家も住人もロートルと化し、あちこち傷みが激しくなってまいりました。
さあ、そんな雨漏りも一段落して、予報は晴れてくるようなご託宣。
ひょっとして、こんな日はすいてるんじゃないの?!

行ってきました。
予想は的中。
並ばずに切符が買えて、中はこんではいましたが肩が触れあうほどでもなく、ゆっくり鑑賞。
と言ってもわたしは展覧会場に行っても、あまりじっくり見る方ではないので、30分ほどで見終わりました。
あんまり滞在時間が短いなあと思いましたので、久しぶりに常設も。
ここ、いつも思うんですが、国立の博物館としては常設品、貧弱ですよねえ。
あっ、と息をのむようなものがない。
むかし、東洋館に置いてあった弥生の土器の素晴らしい茶碗、無くなってました。
まあ、でも充分に楽しんで、トイレ入ったり、ベンチに座ったり、楽しんでまいりました。
みなさん、薬師寺展は嵐の日に限ります。

椙森神社(本日二度目)

2008 年 5 月 16 日

椙森神社

あしたにしようかとも思ったんですが、15~17日の行事なので早めに告知がいいのでは、と。
椙森神社がお祭りやってます。
椙森神社といえばベッタラ市ですが今日は夏祭りのお知らせ。
買い物に出て、たまたま出ッ喰わしてパチリと一枚。
えらいでしょ、近所の買い物にもカメラぶら下げてる、って。
御輿の渡御、ったって、一基のみ。
人形町の一丁目から小網町、小伝馬町、掘留あたりでしょうか。
人形町も二丁目以下は町内の住吉神社の氏子になります。
そんなわけですから、取り立てて何かこう凄いイベントがあるてえことは無いんでしょうが、
半被でも持ってる人はそれォ着てくりゃ、御神酒所でいっぺえ呑めるてぇ寸法でさあ。
……どうも二三ちめえから、志ん生の口調が離れません。
ついでにくだらねぇ知識をひとつ。
江戸っ子はなんでもはしょって喋りますが、例えば落語でも自分の名前をキサッペだとばかり思っていて
訪ねてきた人が、「やまだきさぶろうさんはいらっしゃいますか」と問うと、
そんななげえなめぇのやつぁしらねえなあ、って。
このはしょりかたなんですが、江戸っ子はどんなに縮めて喋っても、助詞を抜くことがありません。
わかりやすく言いますとね「カメラぶら下げたやつ見なかったかい?」っていう言い方はしません。
必ず「カメラぶら下げたやつを見なかったかい?」となります。
そんなこたぁねえ、志ん生ぉ聞いてみろいとお思いでしょうが、
このひらがな小さくしたところが助詞なんです、というか助詞の代わりなんです。
語尾を伸ばして助詞の代わりをさせる。
時代劇見てて、これができてないことけっこうあります。
おたいくつさま。

辻褄が合う

2008 年 5 月 16 日
クロスハッチング

クロスハッチングフォトと名付けています

昨日のホームページを見た親しい女性からメールを頂きました。
「生まれたときは、いきをはいてうまれて、なくなるときは息を引き取ってなくなる。繋がっているみたいですね」
というものです。
うっかりしてました。そうですよねおぎゃあと息を吐いてこの世に出てくるんですよね。
何もないはずなのに吐いて出て、必要ないのに吸って死ぬ。
間尺に合わないけれど、つじつまは合っている。
人間だけでしょうか? 他のほ乳類もそうなんでしょうか?