2007 年 8 月

ゆうやけ

2007 年 8 月 25 日

夕焼け

夕べの四谷住吉町近辺。こういう空を見ると、もう秋はそこまで、なんでしょうかねえ。雲が少しずつ高くなっていって、風が冷気を含むようになって、木の葉が色づいて、やがて散り。この繰り返しをもう何回見てきたんでしょう。飽きないですよね。何度見ても、その都度感慨があり、その都度思うことは違う。
子供の頃よくしたのは仰向けに寝そべって、湧いてくる雲を何かに見立てる遊び。橋の上から下を眺めていると、橋がずんずん川上に向かって走り出す。単線の二輌しかつながっていない電車の鉄橋で、どのくらい電車に近く立っていられるか。そういうときにも夕方には夕焼けがあり、夕焼けが出れば家路へついた。
今は夕焼けが出ると外へ出て行く。

夕焼けにうなじ染めてふ振りかえる
夕焼けにうなじ染めて振りかえる
夕焼けにうなじ染めつつ振りかえる
夕焼けにうなじ染めてる振りかえる

夕焼けにうなじを染めて振りかえる  貧忘

と素直にいきますか。。?

EIZOモニターが、、、

2007 年 8 月 24 日

八月一日のことでした。仕事中にモニターが突然ブラックアウト。焦ります。モニターが突然暗くなった経験は未だかつて、ありません。Macが落ちた経験はいくらでもあります。従ってわたしは瞬間、Macが落ちた、と思ったのです。OS Xも落ちるんだ、先ず再起動。ダメ、もう一度、ダメ。ここでちょっと冷静になりました。わたしのところはダブルモニターです。タブレットのポインターが左側のモニターで動いたんです。て、ことは、Macは落ちてない。
そこで、モニター左右を入れ替えてみました。ははーん、そういうことですかあ。さすがにOS Xは堅牢です。ここに至って初めて、買ったばかりの(五月に購入)モニターの故障を確信、エイゾーに電話しました。二三質問されました。どういうことをしていた時にブラックアウトしたか、とかです。なんか、どきどき。僕は悪くない、みたいな気分。結局翌日には代替品が届き、その梱包材にこちらのモニターを入れて、おしまい。ただ時期が悪い。お盆休みに突入とかで、お届けは休み明けになりますとのこと。代替モニター貰っているので、それで結構ですと答えます。
それが本日、戻ってきました。結果は左の通り。液晶パネルの不具合、だけでは何が悪かったのかわかりませんが、とりあえず、戻ってきました。
キャリブレートして新しい液晶パネルでお仕事再開。なんですが、なんかこのパネル、粒状感があるんです。気になります。
まあ、みなさんのところでこういうことが起きることは考えにくいんですが、モニターが落ちることもある、というお話でした。

一段高いところからではございますが

2007 年 8 月 20 日

銀座交差点

お盆休み中の銀座歩行者天国。ガラガラです。あつくて人が外に出てこないからでしょうね。正面、今度伊勢丹と結婚することになった三越です。歩行者信号が赤になると三越の入り口のところに、人が溜まります。暑さをよけて、冷房の冷気のもとへ集まるようです。

隅田川隅田川こちらはその前日の隅田川。手前が東武線の鉄橋、奥が言問、その向こうが桜橋。画面をたてに貫くゆらぎのようなノイズのような、また水面の色むらは、これがガラス越し撮影なので。しかし今年の夏は暑いですね。夏が年々暑くなり、冬が年々暖かくなる。九州が沖縄みたいになって、北海道が米どころになるんでしょうね。そうなったとき、海面は10センチか30センチか上昇していて、日本の国土は何割か減っていて。あちこち水が出て、地下水に潮が混じり、工業用水としては使えなくなり、魚屋に並ぶ魚は極彩色なものに変わり、イワナやヤマメはいなくなって、バスばかり。。。 なんてことはまんざら起こらないとは言えないんでは?
一段高いところからではございますが、皆さん、省エネいたしましょう。

Grain・・・粒子

2007 年 8 月 15 日

エプソンからPX5500,5800が出ていよいよデジタルプリントもモノクロ時代に入ったと言えるんでしょうね。私の周囲でも5800を購入してアップルのモノクロ講習会に出たり、勉強熱心な方たちがいます。ただ、カラーの時はデジはデジらしくで良かったんですが、モノクロに焼くとなるとどうしてもデジがはき出す絵はのっぺりとした印象が強くて、昔スイスカメラで見たような力強い絵になりません。そこで、デジの絵に粒子らしきものを入れることによって、多少絵に厚みを加える方法をご紹介しましょう。例によって、ラッセルクロウのやり方に多少の変化を持たせたものです。先ずオリジナルですが、適当なモノクロ写真がないので、今年撮った箱根のカラー写真で説明します。
箱根

これがオリジナルです。粒子を入れるとなると通常、このオリジナルの複製レイヤーを作って、それにノイズをのせるというのが一般的ですが、ここではプリントサイズが変わったときにも対応できるようにノイズを入れてみましょう。写真は朝四時頃、山間をを雲が流れていく写真で、実際の方が幻想的でしたね。なにせ寝ぼけまなこで見ていましたから。

先ず、オリジナルの複製レイヤーではなく50%グレーのレイヤーを作ります。optionキーを押しながら「新規レイヤーを作成」ボタンを押すと
こんなダイアログが出ますから、ここで適当なレイヤー名を付けて描画モードを「オーバーレイ」にします。そして最下段の「オーバーレイの中性色で塗りつぶす(50%グレー)」にチェックを入れます。この状態では画像にはなんの変化も見られません。これが重要です。そしてCS3をお使いの方はこのレイヤーを選んでフィルターからスマートフィルターを選択します。こうしておけば、どんなフィルターを適用しても、あとでまた変更が加えられます。これはCS3の画期的な新要素です。そうするとこんな感じになります。

レイヤー

このGrainレイヤーにノイズを乗せます

ノイズ

ここではWeb用の軽い画像ですから、量はこんなものですが、これは皆さんが出力するサイズで、決めて下さい。A4出力ならモニター上でA4にして判断しますが、実際にプリントすると、感じがかわりますから、結局は何度かプリントしてノイズの量を決めることになります。「グレースケールノイズ」のチェックを忘れずに。この状態の写真がしたの様になります。粒子を入れた箱根の写真ボカシ

この状態で粒子を入れたと言ってもいいのですが、これだと粒子と言うよりは砂目スクリーンをかけた、感じですね。
ですからここでGrainレイヤーにボカシスマートフィルターをかけます。これもサイズが変わると感じが変わりますから、そのつどやり直して下さい。スマートフィルターはほんとうに便利です。

これも各自プリントサイズに応じて調整して下さい。ボカシ過ぎると粒子感が無くなり、ぼかし足り無いと砂目な感じになります。
これで、オリジナルのコピーに直接ノイズをかけなかった理由がお分かりですね。直接かけていたんでは、このボカシがかけられなくなるからです。

これで終了、でもいいんですが、ここからは好みの問題です。私にはこれはちょっと増感しすぎたかなあ、という感じがします。ですからGrainレイヤーの透明度を気持ち下げます。
透明度

まあ気の持ちよう、ぐらいの変わり方ですが、多少やわらかくなったんじゃありません? 試してみて下さい。モノクロでやると、もう少し劇的な変化があります。写真には、やっぱり粒子はあった方がいいのか知らん?できあがり

やっとOS X

2007 年 8 月 14 日

調布調布きのう、親しくしているグラフィックデザイナーの浅沼剛さんの新しいアトリエへ行ってきました。アトリエの周囲はご覧の通りの風景。え、写真、変? ばれますよね、ごめんなさい、携帯です。SO903TVです。アジアカップ用に代えたんですが、すごーく疲れました(笑)。デザイナーはフォントの問題やなにやらで、未だにOS9という人はけっこういます。彼もそのひとりでしたが、彼は写真家でもあります。で、このたびめでたくOS Xへ移行ということになりましてそのお手伝いに伺ったわけです。ご覧のようなお天気で景色といい雲といい、避暑に行ったようですが、れっきとした都内某所。昼頃ついたので御飯を食べようということになり、せっかくのお天気でもありますので、外でということになりました。

風が通って気持ち良い。奥では犬を連れたお兄さんがテナーの練習。この場所が、実に良く響くので、なかなかいい感じでした。浅沼さんも笛を(フルート)吹くので、ここはよく利用するそうです。辺貞もそうですが笛吹はサックスを、サックス吹きは笛をよくやるんですが、彼はサックスは吹かないそうです。心地よい風に吹かれながら、BGMもあり、おいしくお昼を頂いて、さて、アトリエでパソコン構築。の予定でしたが、私の用意した増設HDDはserial ATA。ところが、彼はG4。リンゴな方はお分かりでしょうが、IDEのHDDを用意しなければいけなかったんですね。結局、この日はわたしのトホホのおかげで、すぐに酒盛り。ビールとワインと日本酒。浅沼さんの手料理の鰹のイタリア風なんじゃらと、サーモンのカルパッチョ。コンビニのいなり寿司におむすび、という奇妙奇天烈な組み合わせで、盛り上がりました。あはは、ただ飲んで喰って、帰ってきました。あすまた行ってきます。なんともはや、ではありました。

せともの市

2007 年 8 月 7 日

せともの市せともの市

夏の人形町恒例せともの市。例によって告知遅くてごめんなさい。明日までです。丹念に見れば何かあるかも知れません、が、ざっと見たんではそれほど超拾いもん、みたいなものはなさそう。昔の方が面白かった。お徳用なんて書いて売ってる瀬戸物御飯茶碗300円は、果たして100均にあるものとどう?みたいな感じです。だまされることはなくなった代わりに掘り出し物も消えてしまいました。目利きにはおもしろみのない市でしょうが、実用品探しにはもってこいだとは思います。暑いので皆さんフウフウ言ってます。

夏市に汗のしたたる浴衣かな       貧忘