2006 年 3 月

人形町の桜 5と猫

2006 年 3 月 30 日

ちょっと陽がさして来ると、猫たちがはい出してきます。ひとしきりじゃれてまたすぐ隠れてしまいますが、やっぱり春を感じているのでしょう。この三匹は皆まだ幼いんですが、うまく逃げ切ればまた繁殖するでしょう。

猫

定点観測はこんな具合です。今年は寒いせいか夜大騒ぎをしている人たちが居ません。なんだか皆さん静かに桜を楽しんでおられるようで、誠に結構。昔はこの縦長の公園は川だったんです。ですから桜にはいいのかもしれません。道の両側に船宿が並んで、猪牙舟(ちょきぶね)が浮いていたりしたんですが、すっかり変わってしまいました。特に奥に聳える高層ビルは町の一区画をそっくり地上げして建てたものですから、周囲に公共広場を作ってもその中を通っていた道や路地はすべて消えてしまいました。
東京の町は東京オリンピックを境に激しく変貌したように思われていますが、実は江戸時代のまま残っているものが至る処にあるんです。それが道。切り絵図を持って町を歩けば、江戸時代の道がこんなにそのまま残っているのかと驚かされますが、このビルのように一区画丸々買い取ってビルをおっ建てるというのはいいんでしょうか? 道は私有できないんじゃないでしょうか? 役所と巨大資本が勝手なことをしていますが、ここで文化がとぎれたことは確かです。以前の町並み地図をここに掲げると言うような配慮はみじんもありません。
ヨーロッパのように文化は人の生活に不可欠なんだという意識が完全に欠如しています。儲けがでたら文化にもいくらか予算をつけるか、と考えているようでは、まだまだ後進国、と結局例によって小言幸兵衛でお開きになりました。

桜

人形町の桜と皇居の桜と工芸館

2006 年 3 月 29 日

桜

桜

桜

子供の頃、夏休みの宿題の絵日記をまとめて書いてしまった経験ありませんか? 29日と30日の分はそんな感じです。31日の今日書いています。29日は時間が無くてほんとは外歩きなんかしていられなかったんですが、切羽詰まったときに更に自分を追い込むような行動をとってしまう悪い癖が出て、ちょっとお散歩。

まずは定点観測。こんな具合です。この写真を左の方に行きますと、明治座。そこに都営新宿線の浜町駅があります。竹橋の工芸館へ行くのに東西線の竹橋からでなく、こっちの線の九段下から行こうと思ったのは、花の季節だからでしょうねやっぱり。九段下から千鳥ヶ淵へ向かう道は立錐の余地無く人で埋め尽くされる例年ですがこの日はそれほどでもなく、肩を触れあわせずに歩ける程度。千鳥ヶ淵へは向かわず途中で堀を渡って田安門を入ります。その辺りの桜が以下の通り。

こんな感じでとても美しい。やはり桜は水に似合います。ここを渡って北の丸公園をぬけて、工芸館へ。出し物は「花より工芸」人形と常設の混じったような展覧会。人形は今通ってきた道の良い気分にはそぐわないもの。「絶対に撮影禁止」の張り紙を横目に見ながら盗ったのが下の二枚。富本憲吉と河井寛次郎。

富本憲吉

富本憲吉

河合寛次郎

河合寛次郎

工芸館は最近の企画の中ではあまり面白くなかったんですが、ここへ来るまでの道々の景色がすばらしいのでまあ良かったと言うことにしましょう。そして工芸館を出て国立公文書館手前の、乾門前のしだれ桜。毎年染井吉野が終わってから咲くのに、今年はもう咲いていました。皆さんその前で記念撮影。

桜

携帯電話カメラの人よりデジカメ単体の人の方が多い。皆さん何か目的があって出かける場合は、カメラを持ってくるらしい。たまたま通りかかった人は携帯でパチリ、そんな感じでした。花曇りの上に花冷えで、それでも花の下にて血がさわぐ、みたいな感じです。良いお花見でした。キヤノンのIXY Digital Lは桜と相性がいいみたいです。

人形町桜情報 3

2006 年 3 月 27 日

まさに三日見ぬ間の桜、です。汗ばむほどの陽気に、一気に咲き出したようです。

同じ公園にある大島桜です。葉と花が一緒に出てきます。桜餅などに使われる塩漬けの桜の葉はこれから採ります。去年やってみたんですが失敗、多分花の終わったあとに葉を摘んだのでトウがたちすぎていたんだと思います。このくらい暖かくなってくると路地の奥から猫も表へ出てきます。

上は子供、下も子供なんですが目が悪い。小さいときに目やにがたくさん出たんですが、親に舐めてもらえなかったために一時は目がふさがってしまったんですが、今はかろうじて開いています。今昼食を食べ終えた所なんですが、睡魔が襲ってきています。

ヴィンテージ

2006 年 3 月 26 日

昨日の十二単を着たエビフライを食べさせられたリベンジに町内近辺、トンカツ屋を探してうろうろ。「一」、はじめと読むんですが、このトンカツ屋は町内にあって大変おいしい。料金もリーズナブル、特にエビフライの食感がとてもいいのですが、この頃休むことが多い。しかも土日はお休み。で、あちこち探したんですが、なかなか無い。やっと小舟町に一軒見つけて、店構えも本格的。高いかと思えばそうでもない。意を決して入ってみると、白木のつけ台があります。昔のトンカツ屋風な作り。これは当たったかもしれないと、リベンジのエビフライを注文、ついでにビールをお願いするとキリンのラガー中瓶が出てきました。期待させますねえ~。油は二槽になっていて左から右へと二浴。定着液みたいだなと思いながら先客のカツの揚がるのを眺めていましたが、いよいよ私のエビに取りかかるらしいようす。ステンレスバットに新しい袋から生パン粉をあけています。「うん、うん、いいぞ」と内心大喜び。エビ三本の下ごしらえがすんで、粉をつけずにいきなり卵水に入れられたエビ君たち。ちょっと白かったから卵水には牛乳も入っていたみたいです。たいめいけんみたいだな、なんておもっていると、えびは今あけたての生パン粉の中へ投入されました。「ちょっとエビが小さいな」と思ったんですが、「小さい方がいいんだ、噛みやすいからね」なんて、時そばまがい。そこから親父の手がなんだか怪しげな動きを始めました。パン粉に放り込んだエビを、上から力強く押す。これは普通ですよね。ところがそのあとエビをパン粉の中に潜らせると、そのパン粉に埋まったエビを両手で、ちょうど剣道で竹刀を握るみたいに、ぎゅっ、ぎゅっ。「あれはなんのまじないだ?」と思ったときにはエビはもう油第一浴。しばらくして第二浴。そしてたっぷりのキャベツの上へ揚げたてのエビは逆立ちした格好に盛られて、私の前へ出て参りました。大きくて太って大変おいしそう、って、何か変ですねえ。エビは最初小さめだったような気が…… と思っているうちに私の手は勝手に伸びてエビをつかみ口の中へ。十二単は着ていません。でもどてらを着ていました。桜も咲き始めたってえのに、どてらを着せるか? どうりで、生パン粉を使うわけだ! 内心そう思いながらも小心な私は黙ってどてらを着たエビを三本も食べ、ビールと合わせて1600円を支払って出てきたのであります。ウ~~、返り討ちにあった。

その帰り道でこの車に遭遇。ヴィンテージと言うにはちょっと若いかもしれませんが、それでも昭和の40年代の車でしょ。よく乗っていますね。ボディーにコインでつけられた一文字のひっかき傷がありましたが、心ないことをする奴が居るもんです。トヨタのコロナ、しょげ返っていた気分が少し癒されました。

人形町桜情報 2

2006 年 3 月 24 日

あちこちで開花宣言が聞かれる中、人形町の定点観測地でもちらほら。しかし遠目には木がいくらか赤みを帯びてきていると言えるぐらいで、咲き出したと言えるほどではありません。おまけに空はこんな穏やかならざる雲模様。

今日は展覧会を二軒はしご。一件はアメリカ在住の版画家、もう一件は鎌倉在住の陶芸家。場所は八重洲から青山。版画家はアメリカから日本へ送った版画100点ほどがまだ届かないと、嘆いていました。「アメリカだね」とわたしが言うと「それでいて決して謝らない」と言ってました。

話は急にそれますが、八重洲で食べたトンカツ屋のエビフライ、なんと十二単衣を着ているではありませんか。近頃こんなチョボイチめずらしい。でもそこで飲んだアサヒの黒ラベルはおいしかった。衣だけでおなかがふくれた不満を抱えながら、青山へ行きました。

今日は話にとりとめがありませんが、多分次のお天気には人形町でも花が咲いてくれるでしょう。私はこれから330点の写真をWebにあげなければなりません。サムネールを含めると660点。考えるとうんざりしてしまいますから、手だけを動かしてさあ、始めましょう。

番外、人形町の桜

2006 年 3 月 21 日

昨夜、アルコール消毒の帰り、夜中ですがこんなところに蕾が。古木と言うほどではないにしても、薹(とう)のたった桜の木によく見られる幹から直接花が咲く例。しかも一つや二つではなく、たくさんあります。上の方へはストロボの光が届かないので、近場で一発。明日朝来てみようと思いつつ就寝。

朝、といっても11時頃、案の定咲いていました。しかし上の方に見える枝の蕾はまだ固そう。11時20分から野球中継があるそうなので、ちょこちょこっと撮ってすぐ帰宅。おもいなし、人形町の人出は少ないみたいです。皆さん久しぶりに野球見てるんじゃないでしょうか。 ー中断ー
野球終わりました。おめでとうございます。組み合わせから、審判まで、スポーツマンシップはどこへやらのアメリカのもくろみは見事にはずれて日本が一位、キューバが二位。これで次回はまたなんか特別ルールを考え出すんでしょうね。ステンマルクが向かうところ敵なしの頃、ルールを変えてアメリカの選手を金メダルへ導いたときに「誰が真の勝者かは誰もが知っている」と書かれたことから何も学んでいないあの国は、いやあな国になってしまいましたね。姑息、卑怯、などといわれることをもっとも嫌っていたはずなのに、なんでそうなってしまうんでしょうねえ。勝ちゃいいんだ、だけだとああなる。まあ、そういうところに勝ったんだから、いい気持ちです。昼間からビール飲んじゃいました。明日からまじめになります。